2017/11/28 16:28

 浜名湖発「ニホンウナギ資源回復プロジェクト」にご支援いただき感謝いたします。

「未来につなごう、ウナギの資源と食文化」
全国に先駆け、浜名湖で大きく育った親うなぎを買い上げて遠州灘に放流し、西太平洋のマリアナ海溝まで旅するするウナギの旅を助ける「浜名湖発 親うなぎ放流事業」の今年度第一回の放流が行われましたので速報いたします。

 今年度第一回目の放流は浜名湖の雄踏・鷲津・白州市場に揚がった親うなぎを買い上げたもの、105.7kg、263本を集めています。
放流時間には静岡県・浜松市・湖西市、浜名湖、浜名湖発 親うなぎ放流連絡会のメンバーであるうなぎ関連のみなさん。借り上げた漁船に積み込み多くが見送る中舞阪漁港を出港し、遠州灘の沖で放流となりました。

 放流した親うなぎは浜名湖で10年ほど育ったメス(写真に写る大きなもの)と4年ほどで親となるオス(小さなもの)です。

遠州灘に放流した親うなぎは半年をかけて西太平洋のグアム島に近いマリアナ海溝付近の産卵地へと向かいます。
孵化して育ちながら日本を目指しながらシラスウナギに成長して浜名湖に日本各地へと戻ってきます。

ウナギの資源と食文化を未来に繋ぐ。私たちの思いと願いを込めた第一回の放流となりました。

※放流の様子はSBS静岡放送の本日11月28日(火)の18:15分からのニュースで放送される予定です。
また静岡新聞をはじめ報道各社の取材をいただいています。明日以降お読みください。

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?