2020/06/19 12:22

Sloth 古谷威一郎・育子


私達Slothの故郷でもある『a-bridge』
三角地帯のこの場所でいろんな景色を見て育ちました。
当時、まだざっくりとした夢をオーナーの舘さんに聞いてもらい、ご縁があって働かせていただくことになりました。
数年後、威一郎もアパレルを卒業し、舘さんが「どうせ二人でやるなら、一緒に働けよ!」という粋な計らいで、二人とも面倒を見てもらうことに。
とにかく毎日が楽しくて、毎日が発見で、最高の仲間に沢山出会えました。
昼、夕暮れ時、夜と様々な『a-bridge』を見て、また素晴らしいアーティストの方々のライブも肌で感じられ、贅沢な毎日でした。
閉店後のスタッフとの団欒も幸せな一時でした。
舘さんから学んだことは数え切れません。
『a-brdge』があるから、今の私達がいます。
そして私達の初デートは実は『a-bridge』でした。
ずっと舘さんの背中を、
『a-brdge』を見ていきたい思いで、
微力ながら応援させて頂きます。
まだ行ったことない人は是非!!最高の空間!

クラウドファンディング
『Club a-bridge』


Sloth

中野区上高田3-40-3 山田ビル2F

https://www.instagram.com/sloth_food/

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?