2021/03/01 20:58
映画『SHELL and JOINT』の上映会が開催されます。

主 催:平林勇・藤枝で『SHELL and JOINT』を見る会
日 時:3月13日(土)
受 付:15:00
開 場:16:00
開 始:16:10
終 了:19:15
会 場:藤枝シネ・プレーゴ
※ご参加には、事前にメールにて申し込みが必要です。
※先着150名様で締め切りとさせていただきます。

・映画『SHELL and JOINT』平林勇監督の舞台挨拶付き上映会です。
島田市出身の平林勇監督の初長編作品です。この映画は2020年3月に劇場公開されましたが、コロナ禍による最初の緊急事態宣言で、約10日ほどで公開が打ち切りになってしまいました。2度目の緊急事態宣言明けとなる3月13日(土)に、地元有志による上映会が企画され、ご厚意により無料上映会の開催が決定いたしましたので、皆様にご紹介させていただきます。※この企画は「シアター貸切コース」のリターンをご利用いただいております。

・ご参加は事前に申込が必要になります。
参加申込方法は info@shellandjoint.com 宛にメールにてお申し込み下さい。
詳細についてご返信させていただきます。
※先着順で150名にて締切とさせていただきます。

・映画『SHELL and JOINT』

生きるって、愚かで、愛おしい。

マペットの昆虫たちは死について哲学し、男はサウナでセミだった頃のはかない夏の欲情を語り、カプセルホテルの従業員は、すべての自殺はバクテリアのせいだと考え、女たちはバイブレーター片手に、先人たちへ感謝する−。

幼なじみである新渡戸(堀部 圭亮)と坂本(筒井 真理子)は、都内のカプセルホテルのフロントで働く従業員。新渡戸は節足動物と哲学が好きで、坂本は自殺ばかりしている。カプセルホテルにはいろんな客がやって来る。子どもを亡くしたフィンランド人の母親。逃亡犯の女。ミジンコを研究する学生・・・。しかし、それぞれの人生が交差する事は決してない。まるで整然と並べられたカプセルホテルの様に。

淡々と流れる時のなかで。節足動物をモチーフとして、生と死と性をテーマにした、さまざまな人生の断片が展開されていく。

それでも、みんな生きている。勝手気ままに。
新感覚・ユーモア哲学アンソロジー

ぜひ、映画館のスクリーンでご覧ください!
ご応募お待ちしております。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?