2020/07/22 09:33

水先案内人が語るピースボートはなんと第3弾!今回はカジポン・マルコ・残月さんをゲストにお迎えいたします。

カジポンさんはピースボートが初めて地球一周をした1990年の第10回クルーズに乗船。その後なんども水先案内人として乗船し、船内での企画数は驚愕の数字です。カジポンさんを知らない方も『ジョジョ立ち』という言葉知っているのでは?その名付け親です!

ピースボートクルーズは地球一周クルーズを始めてから、【オリビア号時代→トパーズ号時代→オセアニック号時代→オーシャンドリーム号時代】と使用客船の時代で大きく分かれます。(本当はもっとたくさん種類がありますが…)

20回~30回代がおもにオリビア号の時代。当時のピースボートを知り尽くす水先案内人カジポンさんに、記憶に残るエピソードや、なぜピースボートを応援してくれているのかなどを語っていただきます。

======

#がんばれピースボート クラファン応援企画
 「水案が語るピースボート第3弾: かじぽん・マルコ・残月さん」

◆日時
7月23日(木・祝)21:00~22:00
※Youtubeライブ配信

◆ゲスト
カジポン・マルコ・残月(文芸研究家、墓マイラー)
中原一歩(ノンフィクション作家)

◆参加方法
時間になったら下記のリンクを押してください!
https://youtu.be/kDqUUFom4hg

<カジポン・マルコ・残月 プロフィール>
ライフワークは世界の作家、芸術家の墓巡礼。自身が感動した作品の作者へ「ありがとう」の言葉を伝えるため、四半世紀にわたって墓参りを続け感謝を伝えた“ 恩人” の数は、世界101カ国2500人以上。 「民族や言語が違っても人間は相違点より共通点が“はるかに”多い」「芸術は難しくない」をモットーに活動し、映画、歌舞伎、アニメ、仏像、ロック、クラシックなどあらゆるものを「芸術」として初心者向けにやさしく紹介する。「墓マイラー」「ジョジョ立ち」の名付け親。『音楽の友』『月刊石材』に巡礼レポート連載。2018年よりNHK『ラジオ深夜便』出演中であり、各メディアで人間の素晴らしさを訴え続けている。ホームページ『文芸ジャンキー・パラダイス』は約6700 万件アクセス。
公式ホームページ http://kajipon.com

<中原一歩 プロフィール>
1977年、佐賀県生まれ。ノンフィクション作家。ウェブや雑誌で政治や社会のことについて執筆。著書に『奇跡の災害ボランティア「石巻モデル」』(朝日新書)、『最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫』(講談社)、最新刊『マグロの最高峰』(NHK出版新書)など。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?