2020/09/19 23:17

こんばんは。クラウドファンディング期間終了まで残すところ1日となりました。

既に目標金額は達成していますが、こうしてレポートを通して私たちの活動や考えを知ってもらえる機会を、最後まで大事にしたいと思っています。


先日、南海日日新聞さんの取材を受けたのですが、本日はその撮影がありました。

取材のテーマは「循環する農業」。私たちの商品に欠かせない蜜蝋の提供元である東マンゴー園さんと一緒に、写真を撮ってもらいました。

オフショットです!


「マンゴー園なのに養蜂?」と思う方もいるかもしれないのですが、ここに「循環」の答えがあります。

おいしいおいしい、東さんのマンゴー

東マンゴー園ではマンゴーを受粉させるためにミツバチをハウスの中に入れています。そのミツバチたちが蜂蜜を作り、蜂蜜を絞った後の巣が蜜蝋として残るのです。そしてそれを精製して《えらぶ色クレヨン》や【ジャガイモねんど】ができるのです。

マンゴーのハウス脇に置かれたミツバチの巣箱

蜂蜜を絞った後の蜂の巣

精製した蜜蝋

島内で資源が循環し、末端に私たちの商品がある。この「副産物」の連鎖と、人のつながりがすごく好きです。

だからこそ私たちは、そこからさらなる「副産物」を生み出せる商品づくりをしたいと思うのです。


私たちが考える「副産物」ってどんなものでしょう?

例えば、《えらぶ色クレヨン》を使って色付けされた新しい商品が生まれるかもしれない。島の子どもたちが《えらぶ色クレヨン》で描いた絵の作品展をするのもいいかもしれない。

ただ消費されて終わるだけではない商品づくりをモットーに、アイデアを出しながら、アイデアをいただきながら、これからも楽しく活動していきたいと思っています。


そういえば、先日投稿した【ジャガイモねんど】のクレイアニメが公開になりました!

これも「副産物」!!

ぜひご覧になってください^ ^

https://m.youtube.com/watch?v=5J72A0LIXEA


えらぶ色クレヨンプロジェクト

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?