2020/08/30 23:52

ニュー農マルプロジェクトは、様々な業界・業種で活躍する素敵な仲間たちで構成されています。このコーナーでは、そんな素敵なプロジェクトメンバーを紹介します!それぞれのメンバーのライフスタイルやこのプロジェクトに賭ける想いを是非、ご覧ください!


【自己紹介】


鎌倉在住、フリーランスでPRプランナーやヴィジュアルディレクターなどをしています、小松晴香と申します。 プライベートでは、2歳の息子の母、星空案内人(準案内人)の資格を持っています。 大学卒業後、新卒で航空会社へ入社しましたが、広告とファッションの仕事に興味を持ち、未経験でPR業界へ飛び込みました。 仕事が大好きで、東京都心に住んで朝から晩まで仕事し、毎晩のように飲みにいくような日々でしたが、子供が欲しいな、と思い始めた時から、暮らす環境・働く環境を見つめ直し、思い切って都心から主人の地元である湘南に移住し、そこからはフリーランスとして働いています。 現在は、鎌倉の自宅をベースに自分のペースで仕事と子育てをしています。 仕事内容は、シンプルに言うと「企業やブランドの良さを引き出し、それを世の中にしっかりと伝えていく」こと。 人の思いがつまったモノやコトを、世の中に広めることって、とても意味がある、そう思って仕事をしています。




【なぜ、ニュー農マルプロジェクトに参加したのですか?】


2歳になる息子の存在が大きいです。 ‘日々食べている食材はどこからくるのか、誰が作っているのか’ ただスーパーや八百屋さんに並ぶお野菜だけじゃなく、生産過程や作る人の顔をしっかり見て欲しかった。 また、もう他界していますが、私の生まれ育った秋田で農業をしていた祖父母の大変さを、父から聞いていたことも大きな理由です。




【ニュー農マルプロジェクトで実現したいこと】


後継者不足、人手不足、天候に左右される自然との共存で成り立つ農業。

高齢化の進む厳しい状況下にある農業に、新しいパワーを少しでも届けられないか、と思っています。

援農などマンパワーはもちろんのこと、加工品の発案や製造、お野菜や製品のPR、マルシェを開いたり、販売ルートを確保する、など、若い人たちの力や知恵を少しでも農業の場に生かせれば、と思っています。

そして、ゆくゆくは、この活動を鎌倉のものだけではなく、全国に広めたいと思っています。

私の生まれ育った秋田での農業人口も減少しています。

全国でこのプロジェクトを始動していき、日本の農業を守り、みんなの力で持続可能な農業へと導く、日本の自給自足力を高めることを目標としています。




【支援者へ、メッセージ】


人の思いがぎゅっと詰まった「ニュー農マル」プロジェクト!

賛同してくれるみなさんと、共に思いを育て、美味しいお野菜を育て、地域を育てていけたらと思っています。

でも、堅苦しいことは抜きに、みんなが気軽に農業に触れられる機会を作っていくので、一緒に土いじりをして、一緒に美味しいもの食べましょう^^


「美味しいもの育てたら、それが誰かのためになる。まちが活気つく」

そんな経験をみなさんと一緒にしていけたらと思っています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?