2020/08/26 10:35

きみトリMeeting!は書籍『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の出版に向けたクラウドファンディングをきっかけに、執筆メンバーやゲストやアクセスしてくださるみなさんと語るオンラインイベントです。

・・・・・・・・
【きみトリMeeting! フリーライター・矢嶋桃子さんと語る「傷つき」と「回復」

■日時 2020年8月28日(金)10:00~11:00 AM
■参加費 無料。クラウドファンディングでサポートしていただけたらうれしいです。
■参加方法 Facebookにてライブ配信します。お時間になったらこちらにアクセスしてください。 https://www.facebook.com/manabinosharekai/

■内容 
ゲストの方には事前に、『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』の一部を読んできていただいています。
当日は感想や応援やをいただきながら、ご活動についても語りあう時間を過ごします。
ライブ中は、みなさんからのチャット入力でのご質問にもお答えします。

ライブ配信は画面OFF・音声OFFでのご視聴+チャットのコミュニケーションです。
どうぞ気楽にご参加ください。


■どなたでもご視聴&ご参加いただけます。
質問や応援メッセージをお待ちしています!
・・・・・・・・・・・・・・・


★ゲストについて

矢嶋桃子さんは、今回のホスト・聖子の友人。このトークライブの最後(お声がけ順で)にどうしてもお招きしたかった方です。

フリーのライターとして、雑誌やウェブなどの媒体を中心に、様々な分野で取材記事やインタビュー記事を手がけたキャリアをお持ちです。三年前の第三子出産後は、自分の関心や使命を見つめ直し、分野を絞って書かれるようになりました。

その象徴とわたしが感じる記事がこちら▼
社会的養護の「その後」から考える、自立を強いない社会
https://forbesjapan.com/articles/detail/29873


桃子さんの活動は、親子、家族、地域、10代などがキーワード。
具体的には、谷中ベビマム安心ネット主宰(地域に暮らす親子をつなぐネットワーク)、ファミリーサポート提供会員、養育里親、社会的養護のアフターケア相談所勤務などに携わっておられます。



活動を通して、厳しい立場や辛い心情におかれた方と接することも多くありますが、桃子さんの態度はいつも変わりません。
「わたしはここにいるよ」「あなたは大切な存在だよ」「どんな気持ちも大切だよ」を伝え続けています。

生きていると傷つきは避けて通れません。
身体が傷つくこと、心が傷つくこと。失うこと、損われること。いろいろあります。
時に大きなダメージを受けて、壊れそうになったり、二度と立ち上がれないように感じることもあります。

今、若い人たちに伝えたいのは、「傷ついても回復できる」ということ。
『きみトリ』では一つの項として直接扱ってはいませんが、これも手渡したい大切な願いです。

たとえこれからいろんなことで傷ついたとしても、生きている限り必ず回復はある。
桃子さんも、執筆メンバーのわたしたちも、さまざまな傷つき体験を経て、回復も経て、今ここにいます。わたしたちの周りにも、いろんな傷つきや大きな喪失を経験しながら、回復しながら、共に生きている人たちがいます。

桃子さんは言います。
--
「ひとは本来、力を持って生まれているはず」という立場に立つと、目の前のその人の力を信じることにつながる。
損なわれたものも、直らないかもしれない。
けれど、どんな感情も大切にしながら、人は必ず回復していけるとわたしは信じています。

--

わたしたち自身がそのことを思い出し、たしかめ合って、若い人たちに伝えていく勇気を持ちたい。

温かな時間になればと思います。
ぜひご覧ください。アーカイブも予定しています。


(文責:聖子)


企画・主催:きみトリプロジェクト
HP: http://kimitori.mystrikingly.com/

稲葉麻由美
高橋ライチ
舟之川聖子


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?