2020/10/30 17:44

本日はここ数日の食欲の減少に加え、昨晩に鼻翼呼吸(小鼻が動く呼吸)と腹式呼吸が見られたので朝一番に病院へと行きました。

検査の結果、少量の胸水(肺に水が溜まる状態)が確認されたので水を取り除いてもらいました。血液検査では異常は見られず、次に原因として考えられるのは心臓の異常やリンパ腫ですが、検査の結果心臓には異常は見られなかったので、リンパ腫が原因だと考えられるとの事でした。

そのことから本日は抗がん剤(副作用や期間を空けず使用できるもの)を使用し、明日病院で胸の様子の確認と再度抗がん剤の投薬となります。

今までの抗がん剤により皮膚表面の腫瘍はありませんが、今回呼吸器にリンパ腫の症状が出たことから今後は抗がん剤のプロトコール(種類やプラン)の変更も視野に入れるとの事です。

今までは皮膚上に腫瘍が見られないことや大人しく寝ていることも多いものの、変わった様子が見られないことにに少し安堵していましたが、長引く食欲不振や体の内部でのリンパ腫の確認など体調の急な変化となりました。

帰宅後の現在は落ち着いている様子ですが、今晩の状態をよく見て明日、再度病院に行く予定です。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?