2020/11/11 12:07

犬猫愛護会わんぱーくの吉田です。

シェルターで暮らしている子の紹介もさせていただこうと思います。
今日はわんわんわんわん、わんこの日。今回はわんこ編その1としてしんのすけイーサンを紹介します。

●しんのすけ

しんのすけ(9歳くらい オス)は体重7kgくらい。中型犬以上が中心のシェルターわんこの中では小柄で、散歩も上手にできるため、保護犬特有の癖さえつかめば、比較的扱いやすいわんこです。

ただ、小柄な割にリーダー気質で縄張り意識も強めで、マーキングは高く遠く飛んで来ます。ぼーっとしてると足にかけられるので常に注意が必要です!また、犬同士では若い犬たちに対する懐の広さは体格以上で、私のわんこバモスもしんのすけセンパイのことは大大大好きです。

そんな頼れる兄貴しんのすけは、シェルターが創設してまもなくやってきて、それ以来いる一番の古株わんこです。聞くところによると、シェルターに入ってきてしばらくは、リードの付け替えもできないほど、人に慣れていない犬だったのだそうです。私がボランティアをはじめた時にももちろんいて、その頃には今と同様、扱いやすい方の犬として散歩に行っていましたが、注意事項として新人ボランティアに厳しいところがあり、背中を向けていると噛まれる事があると聞いたこともありました。でも今までしんのすけに接してきて、そんな危険を感じたことはありませんし、実際私も他の人もしんのすけに噛まれたことはありません。今でも人にべったり甘えるような犬ではないですが、普段のお世話で困らせられることも全くといってありません。

これは、扱いにくいわんこだったであろうしんのすけがシェルター入りした当初から、しっかり向き合ってきてくださった先輩ボランティアさんたちの愛情の賜物なのだろうと思います。そんなしんのすけだからこそ、ボランティアさんの中でも、一日でも早くしんのすけがシェルターを卒業できる日が来ることを望む声も多いです。


●イーサン

イーサン(3歳くらい オス)は体格もしっかりしていて、運動能力も高くてルックスもGood!シェルターの女子わんこにも優しいイケメンわんこです。人のことも大好きで体当たりで甘えてくる天真爛漫なところがあり、私もドッグランや散歩中などに押し倒されることもしばしばですが、そんなストレートな愛情表現のイーサンが私は好きです。

だけど、気ムラが大きいところや我の強いところがあるのが難点。それが悪い方へ転ぶと時にはお口が出てしまうこともあり、私も一度やられています。また、体が大きく力が強いため、そんなモードに入ったイーサンの扱いに困る場面がたびたびあり、ボランティアさんたちも頭を痛めていました。でも、そんなイーサンをなんとかしてあげたいというボランティアさんたちが、どうすればボランティアさん自身のリスクを少なくしながら、イーサンにも最善なのか知恵を絞ってくださいました。もちろん油断はしてはいけませんが、近頃ではずいぶん落ち着いてきて、イーサンも以前の天真爛漫さを取り戻してきたようにも思います。

私がイーサンの散歩に行ったりすることが多くて、そのぶん写真もたくさんありました。せっかくなのでかわいいイーサンあげときますね。

しんのすけイーサン犬猫愛護会わんぱーくにいる犬は(もちろん猫も)みんな譲渡対象です。それぞれ性格に癖があり、気をつけるべきところがありますが、その子にあった環境で、その子に向き合って理解してくださる里親さんのもとで暮らしていれば、この子たちにとってこの上ない幸せだと思います。この子たちの他にも個性豊かな犬、猫が生涯の飼い主さんを待っています。よろしければホームページの「里親募集中ページ」をご覧いただき、気になった子がいたら、ぜひお問合せください。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?