2021/01/14 15:38

電気毛布と保温シートでラッピング

今日は小春日和の多古町です。

先週の事
どーりで寒いと思ったら、タンク内のワインの温度も3℃まで下がり、アルコール化が止まりました(o_o)

という事で、液内の微生物が活性化して糖分が正しくアルコール化するように加温を始めました。

タンクを電気毛布で包み、下からはコタツのアンカも入れて、全体を保温シートでラッピングです。

TOPの写真は2日目。ちょっと温度が上がってきて一安心でした。

日本酒ではポピュラーな手法らしいです。
日本ではワインは年末までに作り終わるのが一般的なので、年をまたいでも発酵を続けている状態はあまり無い様ですが、本年度、弊社はワイン作りを始めるのが遅くなったので、このような状態になっております。


櫻井さん。アルコール度数を計測中です

ぬくぬくあったまって糖分全てきちんとアルコール化しますように〜☺︎


+++++++++++++

沢山のご支援の中に多古町の皆様、船越の皆様からのご支援がある事にもとても感動し、とても励みになります。
新人ワイナリーですが、皆様末永くよろしくお願いいたします。

ワイナリーの状況は
Instagram https://www.instagram.com/takowine2020/
Twitter https://twitter.com/takowine2020
Facebookページ https://www.facebook.com/tako.wine2020
からも発信しております。

チェック&フォローして頂けると幸いです

  • 多古ワイン・船越ワイナリー 川口明美



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?