2021/04/06 21:00

同時通訳者・英語コーチの田中慶子さんから応援メッセージを頂きました。


伝えることや理解することに悩むとき、 
うっかり人の優しさや暖かさを忘れそうになるとき、
 私はいつもダイアローグのことを考えます。 

ダイアローグには本当の学びがある。 
大切なことを思い出させてくれる。 

対話の森は、「大丈夫。みんな繋がってる」って、確認できる場所。
ここから沢山の対話が広がることを願っています。 


田中慶子さんは、フリーランスの同時通訳者で天皇皇后両陛下、総理大臣、ダライ・ラマ、テイラー・スウィフト、ビル・ゲイツ、デビッド・ベッカム、U2のBONO、オードリー・タン台湾IT担当大臣などの通訳をされています。

田中さんのご著書はこちら
『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(KADOKAWA )

また、本日のVOICY「田中慶子の夢を叶える英語術」では、ダイアログをテーマにお話いただいております!
ぜひお聞きください。
「人と繋がること〜ダイアログ・イン・ザ・ダークで感じたこと」

田中さん、応援いただきありがとうございます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?