2021/03/25 15:36

ご質問を頂いきましたので、動画制作費の内訳と「現時点」での完成動画のストーリーを共有させていただきます。

100万円の内訳ですが、コンサート部分の編集、音楽のマスタリング費用のほかに、「新規撮影代」「新規撮影場所のレンタル代」「スタジオセットの制作費」「役者様への出演料」「動画内で使用する小道具制作費」その他雑費が含まれております。予算が集まればコンセプトに沿った場所で、バッキバキに作り込んだセットで撮影し、動画をお届けする予定です。あまり考えたくありませんが、達成できなかった場合は・・・どこか会場費のかからない場所で・・・iPhoneを使っての撮影、、、そんなことは絶対にしませんが!!!、今回のプロジェクトの座組みとしては、そうなっております。

当初はコンサートホールを新たに借りて、まさに「題名のない音楽会」のようなことを想定していましたが、現状での洋二郎の頭の中はこんな感じです。

--------------

星屑を集める発明家「〇〇博士」は音楽にこそ「記憶を甦らせる機能」があるのではないかと考え、さまざまな「音楽再生装置」を発明しています。星屑を入れると、その星が見てきた記憶を音楽に変えて、流してくれます。

先月発明したのはどんな星屑でも「ロック」になって再生してくれました。そして今回完成したのは「オーケストラ」。どんなものでも「オーケストラ」で再生してくれます。大昔の星を試しに入れてみると、流れてきたのはチャイコフスキー。この前、新たに拾った星クズを入れてみると、煙に覆われた町「えんとつ町」の物語が流れ始めます。新たな発明にウキウキの博士。2つの星屑を入れてみることにしました。そうすると、本来はモーツァルト作曲の「きらきら星」変奏曲がベートーヴェン風になって流れてくるじゃありませんか!・・・・とまだ詳細まで落とし込めていませんが、現時点ではこんな動画にしようと思っております。

考えただけで予算オーバーなことになりそうですが、せっかくやるなら「誰がみても」楽しめる「コンサート動画」に仕上げたいので、引き続きご支援、プロジェクトの拡散のご協力、お願いいたします!!!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?