2021/09/01 13:11

8/28は「木とこどものくらし研究所」を主宰する家具デザイナー 上原理恵さんとコラボ・ワークショップを開催しました。

いつものワークショップの中で、さらに家具の”コツ”をつくりながら学ぶという特別企画です。

↓これがワークショップで制作するテーブルです。
家づくりキットに合わせて、25分の1でデザインして頂きました。
1mmの木板と、竹ひごがベース。

↓椅子は子どもには難易度高く、今回は上原さんで事前に制作して頂きました。30個以上も!

上原さんらしいおおらかで可愛いデザイン、始まる前からワクワクです!

”テーブルは天板と足だけじゃなくて、「まくいた」や「すみき」を使って強くするんだよー”
と説明してもらって、つくり始める子どもたち。


細かな作業で、老眼入った私たちには辛いですが笑、子供たちは天板に足→幕板→隅木と、黙々と上手に組み上げて行きます。
今回はプライベートワークショップということもあり、「太陽の動きを知る」「庭の木の持つ力を知る」を混ぜて開催。
・太陽の位置
・樹木の配置
・家具の配置

多方面を考え、家の外も中も、自分なりの気持ちの良い空間づくりをしてくれました。
実際の設計士さんみたいですね。


小学2-5年生の、ものづくり大好きな男の子・女の子。
4時間集中して、しっかり楽しんでくれました。


本日も素敵な親御さん・子どもたちにたくさん出会えました。

全員帰ってからも、家づくりキットで遊んでくれたようです。
しみじみ、嬉しいなあ・・。

これもキットの型枠があったからこそ。皆さんに感謝です。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?