2021/07/28 23:08

福島県の高校生 今野陽喜さんより、応援メッセージをいただきました。
今野さんは、第5回生きもの写真リトルリーグで、中部・東海地区で優秀作品賞を受賞されています。当時中学3年生での受賞でした。

生き物写真リトルリーグで受賞させて頂きました今野陽喜です。
僕の住んでいる地域は住宅地と田畑が隣接し適度に自然が残っているような場所です。

僕は第5回のときにニホントカゲとアブラムシの写真で優秀賞を頂きました。
この写真は家のすぐ近くで撮ったものだったので、こんな所で撮った写真をこのように評価して頂けてとてもうれしかったです。このときに、家の近くには写真を撮るのにいい場所やもっとたくさん生き物がいるのではないかと思いました。

その後、庭で見つけた小さなカラスノエンドウの塊には、アブラムシの甘露をなめにきたアリ、テントウムシ、ハナアブの仲間、それらを捕食しようとしているハエトリグモなどさまざまな生き物たちの関係を見ることができました。そのほかにも、シロスジヒゲナガハナバチという触角が長くてかわいいハチを見つけたり、庭に来るタテハチョウやヒョウモンの仲間が意外と多いことを知ったり、家の近くでさまざまな生き物がいる森林公園があることを知ったりと多くの発見がありました。

生き物写真リトルリーグはこのような地域の自然などを発表する場にもなると思うので開催できることを願っています。

アリに擬態するホソヘリカメムシの幼虫

今野さん、実感のこもった素晴らしい応援メッセージをありがとうございました!カメラを持って身近な自然を見つめていくと、常に新しい発見の連続・・・これは私も全く同感です。高校生にしてその域に達するとは、将来が楽しみです!(実行委員会 高嶋)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?