2017/11/28 19:33

ロメオパラディッソ4th

2代目リーダーの、菊田アニマルです。

いま、思ってることを素直に書きます。

 

 

ここまで続けてこれたのもほぼ奇跡みたいなもん

震災、原発事故のあったこの街で、この福島で、

なぜ男だけのエンターテイメント集団が立ち上がったか

今まで無かった文化だから

なんで今まで無かったのか

たとえ立ち上がっても続かなかったから

なぜ続かないのか

福島がそういう街だから。


このロメオパラディッソは震災復興を掲げて

自分たちの街に娯楽を増やそうと立ち上がったもの

見る側もやる側も楽しいもの


これまで、福島を盛り上げたいという男たちの気持ちと
その気持ちに協力してくれた沢山のご厚意

甘えていた訳じゃないけど

そういう形でしかこの文化を動かしてこれなかった


今回もそう、

どれだけの人のどれだけのご厚意に、

僕らはどれだけ救われてここまでやってこれたことか


原発事故のあった福島の、田舎の素人集団への同情と哀れみで

どれだけの人が手を差し伸べてくれたか


ありがたすぎて、ありがたすぎて、

福島県民代表みたいにお礼を言っている

 

だから、そろそろ感謝の気持ちを

団体が結果として

形として、残すことが


今まで支えてくれた人への1番の報いとなる時期になっている

みんなの支えてくれたロメオパラディッソが

今はここまで成長したよ

って。


ロメオのおじ、、おにいちゃん達と一緒に舞台に立ちたいと

小学6年生のマサヤは南相馬から片道1時間半かけて稽古に来る

大学進学で上京したにも関わらず、毎週のように帰って来て稽古に参加するヒロム

新キャストのショウタは将来は俳優になりたい、人前でダンスした経験が楽しくってまたステージに立ちたいと、片道15kmの道を自転車で稽古に通う

 

神奈川出身で東京で仕事をするアツシは、福島とは縁もゆかりもないのに
ロメオに入り、ロメオ男達が魅力的に発信出来るよう動画を作り、自らも舞台に立つ

 

大道具小道具美術関係で力になれればと言ってロメオに入ってきたタローは
いつの間にかキャストにさせられ、なかなか完成しないシーンを何度も何度も繰り返し
みんなを爆笑させた時には、タローが泣いてた

 

お金をもらって人に教えるほどのダンスの技術を持っているトモキもケントも
お金が出て行くばっかりのこの団体に魅せられて、まるでロメオが
生活の中心になっているかのように生きている

 

自分の故郷の太鼓を叩き世界へと羽ばたいているゲン。
自分の活躍だけでも十分なくらいなのに、また一緒に舞台に立ってくれて
太鼓の教え子達には見せないような演技をしてくれる

自分の方がやる事たくさんあっていっぱいいっぱいのはずなのに
何もわかっていない俺みたいなポンコツリーダーに色々教えてくれて
いつも心配して声をかけてくれるバイさん


四十路で子供が3人もいて、休んだ分収入が少なくなるキノさん
ジャンルは違くても舞台に立っていたお父さんの背中を追い続けるように
この輝く舞台のために、時間を割いて、懐を痛めながらも芸を磨いている

 

超一流が集まる東京演劇界で28年間役者として演出家として活動して来た夢さん
岡山出身で桃ライバルにも関わらずここ福島で、しかも素人の社会人集団相手に
この街にしか出来ないこの街にならではのものを創ると覚悟を決め
どれほど苦労して僕らをここまで導いてくれたことか


前作で一緒に舞台に立つはずだったのに
叶わなくなってしまったKITは、公演の時にサポートスタッフとして会場で力を貸してくれ、舞台が終わった後「みんなかっこよかった。」と涙をこぼした。そんなに想いを乗せてくれた仲間だから絶対に今回は一緒に舞台に立ちたかった。

そして、どこまでもライバルで、心の支えで、見えない事も教えてくれてフォローしてくれるアキさん。

紹介しきれない程、みんなこの団体に愛を注いでくれている

みんな犠牲なんて目に入らないかのように

この団体に魅せられ活動を続けている

みんな、できない事とか失敗した事を人のせいにしないで
優しい声かけをして

誰かがミスしても、暗くならないように
笑い飛ばして、盛大にバカ騒ぎする

きっと「その一言」にみんな救われている

強さを持ったその優しい言葉に。

 

ここまで支えてくれたファンや家族、友達、

ロメオを、福島を、東北を応援してくれた沢山の人たちのおかげで

ここまで団体は継続できて、

少しづつ魅力を増して


キャストそれぞれが、夢や希望を持ってこの団体に参加している


復興

創造


舞台に上がったら

全部関係無い

目の前にいるお客様に

どれだけの感動を、情熱を、愛を届けられるか

 

 


お情けで立ち上がり消えていった団体にはなりたく無い

関わった自分たちも、支えてくれた沢山の人達も

誰一人そんなこと望んじゃいない


苦労しようが、金食おうが、時間食おうが関係無い


何にも変えられない意味とか理由とかわからないほどの

感動と情熱と愛をこの福島に残し続けたい


俺たちは必死でここまでたどり着きました

やれることは全てやりきった、

仕事、ポスターチラシ設置、協賛集め、ダンス、歌、芝居

22人の男達は

この数ヶ月、持ってる全てをロメオに捧げた

ここまでやって

席が埋まってないはあまりにも悲しすぎる

 

僕は4月からキャストリーダーをやらせてもらっています

ロメオパラディッソ4th決起集会が9月3日

その前のイベント出演や新キャスト集めの時からキャスト全員の頑張りを

ずーーーーーーっと見てきた

めちゃくちゃ頑張っていた、

めちゃくちゃ苦労した

めちゃくちゃ働いた、一銭にもならないのに

この団体の活動が続くようにみんなが力を尽くした

全部知ってる、俺が1番この団体に入り浸っているからよくわかる


本当にみんな頑張った


キャストリーダーという立場上、

本当に本当に本当に望むことは


ここまでこんなに頑張ったキャストに

一つでも多くの席が埋まった景色を

満席、立ち見が出るほどの会場の景色を見せたいんです。

 

何のために頑張ったって、当日会場で観てくれるお客様の為に頑張ったんです

これを読んだあなたが会場に来てくれたら、

22人のキャストはあなたのために頑張ってきたと胸を張って言います

それが本当のことだからです

 

キャストの頑張りや稽古を1番近くで観ていて

本当に望むことは、一人でも多くのお客様に観てもらうこと。

満席で立ち見が出るほどの会場の景色をキャストに観てもらうこと。

そしてそこで、地上最高のエンターテインメントを全員で共有すること。

 


出演者の苦労や頑張りは

舞台を観に来るお客様には関係無いなんて絶対嘘

みんなの頑張り、生き様は必ず全てステージに現れる

 

だからこそこの舞台は、

チェルノブイリと並べられてしまった「フクシマ」で

この団体が巻き起こすこの物語は

 

他のどの県にもどの地域にもどの国にも

ありえないほどのエネルギーを持っていることを確信している。

背負ってるものが違いすぎるから

 

しょせん田舎の素人集団

技術的なこととか目に見えるものは

東京の一流の集団に敵うはずがない


でも、生の舞台で観れるもの、感じるものは


そこじゃない

 

だからこそ、ロメオパラディッソは
地上最高の瞬間を必ずあなたに届けられます

 


だから、どうか福島へ来てください。

 

お願いします、

 

どうか福島へ来てください。

 


あなたのために頑張った22人+スタッフに逢いに

 

お願いです


福島に


ロメオパラディッソに逢いに来てください。

 


ロメオパラディッソ2代目キャストリーダー アニマル

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?