2021/10/16 12:00

みなさんこんにちは!YSCグローバル・スクールです。クラウドファンディング公開3日目。現在37名の方々がこのプロジェクトへご支援くださいました。本当にありがとうございます!

現在、目標金額の【15%】を達成!残り【45日】、あと約【143名】からのご支援で、経済的に苦しい状況におかれた海外ルーツの子どもたちへ、無償の学びの機会を届けることができます!どうぞ引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします。

*記事中のマスクをしていない写真は全てコロナ禍以前に撮影(写真:🄫Yuichi Mori)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

日本語教室+フリースクール+塾

海外ルーツの子どもたちが安心して過ごせる場を提供しているYSCグローバル・スクール。今回はスクールが持つ3つの役割をご紹介します。

YSCグローバル・スクールには、子どもたちのニーズに応じたさまざまなクラスがあります。「日本語教室」+「フリースクール」+「塾」を合わせたようなところ、とイメージしてください。

「日本語教室」

・・・日本語がわからない状態で来日し、小中学校に通うことに大きな不安を抱えていたり、なんとか通っていたものの、言葉の壁に阻まれて授業についていけなくなってしまったり。

スクールは日本語教育の専門家として小中学校と緊密に連携しながら、子どもたちが輝ける場所を広げていけるようなサポートを行っています。平日の日中クラス受講生は、校長判断でスクールの授業を学校の出席扱いにすることも可能です。

「フリースクール」

・・・友達が話す日本語がわからないし、自分も上手く話せない。そんな体験が続くうちに、母国では活発なタイプだったのにすっかり孤立してしまう子どもも。残念ですが、海外ルーツの子どもがいじめの標的になったり、アイデンティティをめぐる葛藤を抱えたりすることも珍しくありません。スクールは同じような境遇に置かれた子どもたちどうしが出会い、孤立感から解放されて過ごせる場所でもあります。

「塾」

・・・全日制・定時制の高校受験を目指す生徒向けに、集中的な日本語学習を含む日中クラスと、中学校に通いながら放課後に受講するクラスとの2種類があります。現役の中学3年生だけでなく、出身国または日本で中学を卒業した若者の受け入れも可能です。
また、小学生〜中学1・2年生の教科学習をサポートする放課後クラスもあります。全てのクラスで、学校の長期休み期間には宿題サポートや夏期/冬期講習も実施しています。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

私たちが自分の意志で海外に行った時にも感じる言葉の壁。親の都合で来日することが多い子どもたちが感じるそれは、どんなに大きなものでしょう。

それでも彼らは必死に壁を乗り越えようとしています。その先には、放課後に同じクラスの友達と遊んだり宿題を見せあったり、卒業後は自分の望む仕事で生計を立て、子どもを安定した環境で育てられる、そんな明るい未来があると信じて。

今回の寄付を通じて、彼らの「未来」への投資をお願いします!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?