2019/06/29 06:45

今製作中の手回しオルガン、ちょっと完成が遅れそうです。


今、製作自体は最終段階まで来ているのですが、最後の音色のチューニングが納得いかないとの事。


今回私が注文しているオルガンは、通常のキーと違うものをオーダーしています。

通常はCなのですが、A#のモデルを特注しています。

それはなぜかというと、今使っているオルガンがA#で、

2台のオルガンを使ったアンサンブルを実現したいという狙いがあります。


今まで作った事のないモデルなので、実際に形にして音を出してみないと分からない事ってどうしてもあると思います。


今回、まさに問題が発生していて、A#で作ると、オルガン全体のハーモニーの調和が気になるとの事。

工房の近くに住んでいたら、足を運んで聴きに行きたい所です、


もしかしたら、気にならないレベルの問題かもしれません。


一つ一つの楽器作りの情熱と愛情を持って作られている職人レベルの、こだわりかもしれません。

しかし納得の出来ないものは渡せない。

納得したものを渡したい。


製作者のそんな想いは、確実に演奏家に、聴衆の耳に伝わります。


こんな風に、愛情と、想いを込めて作ってくれているから、ODINのオルガンを愛用しているという事もあります。


クラウドファンディングにご支援してくださっている皆様、

完成が遅れてしまう事、ご了承いただけましたら幸いです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?