2018/03/03 19:51

クラウドファンディングで選べる初回特典付きワタナベフラワーNEWCD「花とゆめ」収録予定の楽曲のセルフライナーノーツをがんばって書いてきましたがついに最終回「ゴミ」


ボーカル・クマガイタツロウ
18歳の時に書いたやつです。
ゴミ箱に貼ってあった注意書きをそのまま歌にしただけのもの。
あれから20年。僕はまだバンドやってます。


ギター・イクロー
Bメロの歌詞で
「なにげに捨てた空き缶が」という歌詞があって、
僕個人的には「なにげに」という言い回しがとても嫌なので『「なにげなく」にしましょうよ』と提案しました。
作詞のクマガイタツロウ先生からは以下のような回答がありました。
「いや、(今回のアルバムのコンセプト的に、若い頃の俺が使った言葉を、あえてそのまま使うことにこそ意味があるねん。いくちゃんの言いたいことは分かるよ。気持ちは分かる。『夢の海外旅行』の最後の『パスポート明日買いに行こ』の歌詞でも同じような訴えをしてたね。あれも『パスポートを「買うもの」と思っているほど海外旅行のことを何も知らない人の言葉』を表現してるんやけど、ほら、今回もその感じやん、いくちゃん、な?わかるやろ?だから)これで!!」


ベース・ムサ
ワタナベフラワーでは滅多に使わないゴリゴリのベース音と、誰との息を合わせているの?と思わずにはいられない必要以上な「ワン・ツー・スリー・フォー!」の叫びにテンションは不思議とうなぎのぼりになる曲です。
楽器を始めたばかりの高校生の頃に軽音部の先輩から「ピックが斜めに当たってるから、音がギャリギャリ言うんだよ!弦に対してまっすぐピッキングしてごらん?いい音がなるよ!」と、教わった事にあえて背きまくりギャリギャリ斜めに当てる!ぐらいのパンク精神で演奏するのがoi!(良い)
歌詞はとてもecoです。


ドラム・やっちん
愛だ恋だしか歌われなったJ-POPシーンに一石を投じる問題作。
「分別!」という歌詞の響きが耳から離れなくなる。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?