2022/09/20 16:59

前回の活動報告より少し時間が開いてしまいすみません。

が、まずは…

【 1 0 0 % 達 成 ! ! 】

のお礼とご報告を。

おかげさまで、クラウドファンディング開始16日目に目標金額の400,000円を達成することができました。まずはこれまでにご支援をいただいたみなさま、そしてシェア拡散のご協力をいただいたみなさまにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございます!

しかしながら、今回の取り組みをはじめ今後の名駅南での取り組みのアーカイブ、持続的な情報発信をできるようなウェブサイト作成などのスタート資金のためにも、あと10万ほどご支援を…というのが本音のところです。

クラウドファンディング実施期間、残り10日となりましたが引き続きのご支援、ご協力たまわれますと幸いです。

さて、少し開いてしまったこの間の「ころりんステーション」の様子のご報告です。

1つ目はこちら!

▶ステーションにお名前掲載しました

ご支援いただいたみなさまに、ご支援時に頂戴したお名前やニックネームをころりんステーションのおむすび型の什器に掲載させていただきました。

こちらは9月8日までにご支援をいただいた方の分になりますが、それ以降も随時アップデートしてまいりますので、お近くへお越しの際は、おむすび什器の裏を少しのぞき込んでみるなど、ぜひご自身のお名前を探しにお立ち寄りいただけたらうれしいです。

そして、2つ目。

▶実証実験進行中

「ころりんステーション」には、日々、愛知県の自動運転実証実験に参加の方々も多くお立ち寄りいただいております。

その中で、実は私たち伊藤孝紀研究室もいくつかの実験を一緒にさせていただいています。

1つが、「自動運転が知的生産性に どのような影響を与えるか」

こちらについては、名古屋工業大学内の他研究室も含めた学生のみなさんや、自動運転の実証実験にも連携をされているSTATION Ai株式会社のみなさまにもご協力いただき進めています。

その際、多くの方に実験参加前のひと休憩や、おむすび屋さんのおむすびやレモネード、スムージを楽しみながらの時間に「ころりんステーション」をご活用いただき、思わず写真におさめたくなる風景が日々生まれています。

そして、もう一つが9月23日に行われる「未来の車を体験!自動運転ワークショップ」です。
※9月19日にも開催を予定しておりましたが、台風14号の影響に伴い、ご参加いただくみなさまの安全性確保のため、残念ではありますが中止とさせていただきました。ご了承くださいませ。

今回のワークショップは、「運転しなくてもいい車に乗ることが普通になったら、私たちにとっての移動はどう変わるのだろう?」というテーマで、参加してくださるみなさんと自動運転の試乗を通じて仕組みや事例を学びながら、子供たちに自動運転によるくらしや社会の変化について考えてもらう、という内容です。

詳細は、こちらもぜひご覧ください。

Willer株式会社自動運転バスNanamobiウェブサイト

やむを得ず19日の回は中止となってしまいましたが、23日には多くのみなさんにこの機会を楽しんでいただけるよう改めて準備を進めてまいります!

ご参加いただけるみなさまにお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしております。


★ころりんステーション設置場所: クリばこ前


【クラファン進捗状況】

現在クラファン開始20日目。これまでに59名の方々にご支援いただき、目標の105%まで来ました!すでにご支援をいただいたみなさまありがとうございます。

残り10日間、引き続き楽しみつつ、その輪を一緒に、もう一息、広げていただけたらうれしいです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?