2018/05/05 17:33

こんにちは!文美月です。

クラウドファンディングが終わって1ヶ月あまり。

チョコをリターンとしてお送りした方がSNSに投稿してくださったり、「美味しくてすぐになくなった」とのメッセージも頂戴しました。

ありがたい限りです。

ドキドキしたクラウドファンディングだったけれどやってよかったと嬉しく思いました。ありがとうございます。

今日は、カンボジアのことではなく(トイレのことなどは別途)、チョコのことについて。

実はわたくし、《ロスゼロ》のWEBサイトを作りました。

ロスゼロのサイトはこちら

このサイトから、チョコレートのリピートをしていただけます。チョコの価格は税と送料を入れるとほぼ同じです。

 ※他の会社さんとのコラボで、別の規格外食品もやります。

 

 

どうしてこのサイトを立ち上げてロスゼロを事業化させたのかというと、これからも「日本のフードロスを減らしながら、途上国の支援も続けたい!」と思ったからです。

ロスゼロの究極の目標は、ロスゼロ・ゼロです。

私の言っていることは矛盾しているかもしれません。「え?そんなの事業化して意味あるのか?」と。

 

・・・あります。

日本のフードロス削減は、残念ながらまだまだ関心が低い社会問題です。

だからロスゼロは、社会の啓蒙役になることができるはず。ロスゼロを早期に日本で成長させたあと、ある程度企業や一般家庭がロスをコントロールできるようになれば、ロスゼロは緩やかに影響力が小さくなっていくと思います。

もちろん一定の割合で「規格外食品」というのはこれからも必ず発生するのですが、一社当たりの数量は少なくなりそうです。

日本にとってそれが正しい姿

だからこそ、ロスゼロはみなさんと一緒に社会をよくしていきたいと思っています。旗振り役です。早期に成長させて、一緒に啓蒙していきましょう!(笑)

クラウドファンディングの時のように大きな途上国支援まではできなくても、支援はこれからも続けます。支援先や支援状況は明確化させていきます。

ロスゼロの影響力が増すと、それだけ社会的問題解決にお金を使えます。だから、やっぱり頑張りたい。いえ、頑張りましょう。


何かご不便だと感じた点、改善した方がいいと思われる点がありましたら、ビシバシご記入ください。

すでに要望が多かったのは「ロスゼロについて説明する紙などが欲しい」というものでした。リターンの時におつけできなくて本当にすみません(^^;)

そこで、ロスゼロを説明するカードを作りました。


今後はカードとA4チラシをつけます。PDFデータ化もします。
小袋は、六月以降にごく安価ですが有料でおつけする予定です。

今回いただけるご意見を元に、さらに改善していきます。

改善の報告や、引き続きカンボジアへのトイレ設置や教材購入などについては
Facebookページにて行います。

いいね、でのご参加をどうぞよろしくお願いします。

 

最後に、《ロスゼロのビジョンとミッション》を述べておきます。

ビジョンは日本のフードロスを減らし、国内外の社会課題解決を図ること。

ミッションは食品製造・加工の過程で生まれたロスに光をあてることで付加価値あるものにし、消費者にお届けすることと、その収益の一部を途上国支援や日本国内の社会問題解決に回すこと(国内に関しては2019年から)です。


ロスゼロWEBサイト

どうぞよろしくお願いします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?