2018/04/23 10:44

こんにちは。白井響です。

 

今回は、「なぜ300万円も集めるのか」の理由について書いていきたいと思います。

 

まず、最初は「100万円のAll or nothingにして、最高300万円集められたらいいな。」と考えていました。

理由は、スタートアップ(いわゆるベンチャー企業)が立ち上げる時、一番最初の資金調達の額が300〜500万円だからです。

このSuKiというサービスは、スタートアップの定石てきな作り方を一切せず、自分がこれが欲しいんだ!という自分の「表現」であるので、株式を渡しての資金調達はできないなと思いました。

さらに、一度資金調達してしまうと、その後も何度も繰り返し資金調達をして、最後はExit、つまり会社を売却するか上場するかというルートに乗らなきゃいけなくなります。株主にリターンを返さないといけないからです。

そのルートを取るのは嫌だなと。自分の大切な大切なサービスを、そういったゲームに乗せたくないなと思いました。

 

「表現」であるこのSuKi。じゃあどうやって資金調達する?と考えた時に、真っ先に思いついたのがクラウドファンディングでした。

「これをやりたいんだ!」って想いに「応援するよ!」っていう人たちが少しずつ、たくさんの人が出し合う。この形は、きっとSuKiに合うだろうと。そういう素敵な形が、ぼくはやりたいと思ったのです。

 

さらに少し余談ですが、CAMPFIREを選んだのは使いやすいのはもちろんのこと、代表の家入一真さんが大好きであるからという理由があります。家入さんは「表現としてのサービスがぼくは好きだ」とよく言われてます。その思想に、ドンピシャで合う!と。

 

そして、この300万円のクラウドファンディングが成功すれば、新たな希望をみせることができると考えました。

スタートアップには、「だれの、どんな課題を、どのように、解決するかシンプルに答えられなきゃいけない」とか、「市場規模が大きくないとスケールしないから投資しない」とかもういろんな定石が決まってしまっていて、それ以外のサービスやアプリは投資すら受けられません。(家入さんは原体験がよければ投資すると言ってて、そのような例外はありますが…!)

 

しかし、このプロジェクトが成功することで、「自分の表現がしたいんだ…!!」とかスタートアップの定石以外のサービスやアプリをしたい人たちに、「資金を集め、運営していくことができるんだ。」という希望をみせることができると考えています。

そういうサービスやアプリが世に増えたら、なんだか素敵な世界になる気がしています。

 

このような理由から、300万円集めたいなと思いました。

 

■■■

 

次は、100万円のAll or nothingから300万円のAll or nothingに変えた理由を説明します。

 

これはもうぼくの中の衝動としか言えないんですが、「今までの自分じゃ成し得ないであろうことに挑戦したい…!!」と思ったからです。

 

ぼくは、乃木坂46の大ファンなんですが、乃木坂46の一番の顔である生駒里奈さんが卒業することになりまして。その卒業ソングである「Against」という曲の中に、

”僕らは変わらなきゃいけない。昨日の自分とは決別して生まれ変われ。”

という歌詞があります。

生駒里奈さんの、新しい挑戦への抱負を綴ったようなこの歌詞に奮い立たされ、ぼくも自分を変えるための挑戦をしたいと思ったんです。

ええ、もうただの衝動です。

 

だけど、そうやって今の自分じゃ成し得ない目標を設定することで、今まで思いつかなかったアイデアを思いつくんじゃないか、と思っています。(というか、一つすでに思いついております。めっちゃ昂ぶるようなやつを!それは、3000円のリターン【この企画を応援するFacebookグループ】で言おうと思うのでぜひご支援を!笑)

 

そして、それがない限り300万円は到達できないなとなんとなく思ってしまいました。100万円のAll or nothingは今まで通りでも達成できる(超頑張らなきゃだけど…!)、けど、そう設定してしまったら300万円はいけないだろう、と。300万円のAll or nothingにして、文字通り”必死”になれば、もしかしたら到達できるかもしれないな、と。

バットを全力で振りにいって、空振りか超特大ホームランを狙う感じです。

 

■■■

 

ここからは、300万円の使い道をまだざっくりとしか言えないんですが、説明していきます。

 

・写真撮影:15万円

 カメラマン・矢野拓実さん(@takumiYANO_ )、ヘアメイク・モエカスさん(@moekasu003)により、すでに行われています。トップ画像・アイコン・リターン画像に使われている写真です。

・デザイン:20万円程

 目黒水海さん(@minamimag )に0から全てデザインしていただきます。

・Web開発:数十万円〜数百万円

 まだエンジニアを見つけられていないため、値段が読めません。すみません…!

めっちゃいいエンジニアを見つけて頼みたいと思っています…!笑

・自分への給料:月数〜数十万円

 自分への給料として月10万円以内、または支払い始める時期を遅くして20〜30万円程を払うかもしれません。役員報酬なので半年に一度しか額を決めれないため、色々と考慮して決めます。必要な分のみにします…!

・その他ランニングコスト:月数〜数十万円

 サーバー代などのランニングコストがあります。

 

最後に。300万円集めようと思った最も大きな理由として、幻冬舎・編集者の箕輪厚介さんにプロデュースをお願いしたいなと。

箕輪さんは、数々のビジネス書をヒットさせ、プロデュース案件をいくつもバズらせています。

ただ、月30〜50万円からしかプロデュースを受けておらず、今までは手が出せませんでした。しかし、このクラウドファンディングで300万円集めることができれば、少しの間受けることができる…!それが300万円に設定した大きな理由です。

 

サービスを完成させた後の、特にプロモーションをどうして行くかを考えてもらいたいなと思っています。(箕輪さんは、バズを生んだり、インフルエンサーを巻き込む戦略がめちゃくちゃうまいなと側から見ていて感じているからです。)

だから、広告宣伝費として考えれば決して高い金額ではない、とぼくは考えています。

 

■■■

 

以上が、「なぜ300万円も集めるのか」の理由でした。ご質問など、全てお答えしますので、Twitterのリプライ・DM、Facebookメッセンジャーで連絡をください。お待ちしています!

Twitterはコチラ

Facebookはコチラ

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?