2018/08/16 21:51

2017年10月22日、台風が近づく中、岩間町防災緑地での"植樹祭"が開催されました。

前回の活動報告でご紹介した「どんぐり・苗木 採取&ウォーク」のイベントで、3年かけて集めて育て続けたどんぐりの木を、いよいよ防災緑地へ植える日でした。

 

地元の皆さんの想いが注がれ元気に育った1350本の苗木が、200人の参加者の手により一本一本植えられていきました。

 

地域の方々が、地域を巡り、地域のどんぐりを拾い、育て、

どんぐりは地域の方々の手によって植えられ、育ち、地域を守っていく。

なこその防災緑地はとても素晴らしい取り組みだなあと、潮風に揺られさわさわと踊る小さなどんぐりの木々を前に、感慨深くなりました。

私たちTsukuba for 3.11も微力ながらこの取り組みに関わらせていただいてきたことを光栄に思います。

 

植樹された木々は翌日の台風にも負けず、今も元気に大きく育ち続けています。

地域の方々を守れるように、どうかこれからも立派に育っていきますように・・・!

防災緑地の完成まで、残すは今年度予定されているタイムカプセルの埋設とモニュメントの建設のみとなりました。

皆様どうぞ、タイムカプセルとモニュメントの製作資金にご支援をよろしくお願いいたします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?