Javasparrowの照明が照らすひかりは、真鍮の棒を伝ってフィラメントLEDに電流を流します。
真鍮棒は、フィラメントLEDを支える支柱の役割だけではなく、電気を流す導体としての役割を有しています。そのため直接電極をつけて電気を流すと、LEDが点灯します。

見た目はすごく熱そうで白熱電球のようなあたたかいひかりですが、実際は触れられるほどまったく熱くなく、初めてJavasparrowの照明を見る人はガラスの筐体も相まって「熱そうだけど熱くならないのですね」と驚かれることがあります。

コメント