2018/08/20 20:28
今年も開催しました!
六甲山の木でカッティングボード作り
with財団法人神戸緑化協会もりの木プロジェクト

 

兵庫発、
世界にたったひとつの、
子どもに贈る包丁「未来の匠Hyogo」

この木箱を担当してくださっている、
六甲山とのコラボイベント、

六甲山の木でカッティングボード作り

今年で3回目となりました。

六甲山の木、
今後どうしていかないといけないのか、
神戸緑化協会の方から、参加者さんに説明していただき、
より愛情をもって作成していただきます。

だからこそ真剣に、

楽しんで、

最後まで集中して、

 

完成後はこんなにうれしくなる!

ご参加のみなさま、
ありがとうございます。

 

兵庫県六甲山の現在の森の状況、
そして日本全国の森で抱えている問題を、
少しでもたくさんの方に知ってもらう活動を、
毎年継続して行っています。

 

そしてそのメッセージをこめた作品が
「未来の匠Hyogo」の木箱です。

またこの木箱は、ただの包丁入れではありません!

磁石などの細工をしており、
包丁立てとして、
横でも縦でも置いていただくことができます!

包丁と一緒に、六甲山のヒノキの香りを楽しんでいただき、
次世代に森の存続を伝えていきます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?