TABETE運営事務局の古賀です。この度はご支援をいただき、本当に、ありがとうございます。

おかげさまで、本プロジェクトは目標金額を達成いたしました!

ご支援いただいたことへの感謝をスタッフ一同噛み締めるとともに、1周年記念パーティーに向けてますます気合を入れています!

パトロンの皆様へ:
パーティー参加権、及びそのほかのリターンについて
改めてご案内させていだきますので、今しばらくお待ちくださいませ。


最後に、重ねてになりますが、ご支援・応援くださった全ての皆様に心より感謝申し上げます。

こんにちは!TABETE運営事務局です。

今回は、トークテーマ② 料理の文化と多様性 について情報を公開いたします!


<テーマ② 料理の文化と多様性>
キーワード:食文化、アイディンティティ、旅行、台所

「食」や「料理」には文化の特徴や価値観がよく顕れ、私たちのアイデンティティとも直結します。

「文化」というと、過去に築かれたもの、あるいは大衆がつくりあげたもの…など、日常とはかけ離れた研究対象のように思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、文化はもっと身近なもので、いまこの瞬間にも積み上がっていっています。

今を生きる私たち一人ひとりこそが、紛れもない"文化の担い手"であると考えてみてください。食文化を継承・発展・発信していくこととは、どういうことなのでしょうか。


本セッションでは国境・時空を超えて様々な文化を肌身をもって体験している方々をゲストにお呼びして、食の過去と現在と未来に思いを馳せます。

忙しくも刺激的な現代に生きる私たちの「食」や、それとは異なる国や時代の「食」について、ぜひ一緒に考えてみませんか。


登壇メンバー:
岡根谷 実里 氏(台所探検家 / クックパッド株式会社)
藤岡 みなみ 氏
[モデレーター]伊作 太一 氏(株式会社コークッキング Co-Founder / コークッキング・ラボ所長)

登壇メンバーについて:
岡根谷実里氏は「世界の台所探検家」として世界各地を旅しながら、現地の家庭の台所で地元の人々と料理をしている非常にアクティブな探検家です。これまで体験してきた多様な文化・風土についての発信も積極的に行っています。

藤岡みなみ氏はタレント、エッセイスト、「タイムトラベル専門書店」の店主など、多岐にわたって活動されている多才な人物。TABETEのイメージビデオにも出演してくださっています。カレーにや縄文文化と、様々なテーマを探究されていて、最近は縄文・四川料理を研究されているそうです。

セションモデレータはコークッキング取締役でコークッキング・ラボ所長の伊作太一が務めます。

トーク・セッション②料理の文化と多様性 に関するお知らせの前に…

ここで、今回のパーティのスペシャルゲストをご紹介します。

お迎えするのは…

・藤岡みなみ さん
・レポ さん

TABETEのPVに出演しているお二人を会場にお招きします!

さらに、タレントだけでなくエッセイストとしても知られる藤岡みなみさんには、当日「食」に関してお話を伺う予定です。


詳しくは、後日お届けする トーク・セッション ②  料理の文化と多様性のお知らせにて!


▼TABETEのPVは本当に爽やか、そして穏やかなストーリーがつくりあげられていて、TABETE運営メンバーも見返しては惚れ惚れしています…!

TABETEのPVはこちら

こんにちは!TABETE運営事務局です。

トーク・セッションのお知らせは、もうご覧になりましたか?

ここでTABETE運営会社:株式会社コークッキングCFOの伊作から、
トーク・セッション① フードテックと多様で明るい食の未来
に登壇されるゲストの方について すこしお話させていただきます。


伊作:====

今回ご登壇いただくゲストの多くは、「スマート・キッチン・サミット・ジャパン(SKSジャパン)」のコミュニティの仲間たちです。

(解説:日本では2017年より開催しているSKSジャパンは、「食 × テクノロジー」をテーマに、最先端の人や情報が集まるカンファレンスとその参加者のコミュニティです。)

コークッキングのような小さなスタートアップから、先端的な取り組みを行っている大手家電メーカー、食品メーカー、個人でエッジの利いた活動をしている方や、様々な研究を行っている研究者まで、多様なメンバーが「食 × テクノロジー」を切り口に集まっています。

技術や研究のフロンティアでありながら、人間の生命やコミュニティとも密接に関わる食。誰もが憧れを持つテーマの最先端にいる人達をお呼びして、おいしく多様でハイテクな食の未来について垣間見れるセッションにしていきたいと思います。

「食」は私たちにとって普遍的なテーマであると同時に、だからこそ時代の変化が如実に現れる部分でもあります。

今回のセッションは、昔ながらのお料理が好きな方も、スマート家電や最新の調理器具に興味がある!という方も、きっと楽しんでいただけますよ。
====


料理をするのが好きな方はもちろん、「最新のアイテムを見つけるとワクワクする!」という方も楽しめそうですね。

また、今回はTABETEが開催するイベントということで「フードロス」のキーワードに惹かれている方も多くいらっしゃるかと思います。

周りでは、フードロス削減に貢献したい!という気持ちを持ちながらも、「行動に移すのは難しそう」「個人でできることはあんまりなさそう」とハードルを感じていらっしゃる方も少なくないと聞きます。

そんな方は、「エシカル消費」の糸口から考えると、ぐっと身近に感じてくるかもしれません。


伊作:====

フードロスの問題って、「エシカル消費」のテーマとも密接に関わっているんですよね。

エシカル消費の詳しい説明は省きますが、何かを買うとき、私達はその背後の「人」や「会社」をお金で応援しているという意識を持つことがエシカル消費の基本です。

この消費者の心理や行動は、フードロスの大きな原因の一つです。食の選択には、値段、健康、利便性など様々な要因が絡み合います。その中で自分の価値基準や、その日の状況と照らし合わせながら、総合的な判断を臨機応変に下すことが、私たち一人ひとりにできるフードロス対策です。

参考:
末吉 里花「はじめてのエシカル――人、自然、未来にやさしい暮らしかた」https://www.amazon.co.jp/dp/B01MY0SBLK/
====


私たちの普段の買い物や外食にまつわるすべてのことが、巡り巡ってフードロスに関係しているんですね。

「もっと詳しく!」という方のために、フードロスについて知るためのヒントをシェアしてもらいました!


伊作:====

[フードロスに関する本] (参考: https://www.amazon.co.jp/dp/4344984331/) って、意外と少ないんですよね。

問題の概要だけ知りたいなら、お好きな検索エンジンで「フードロス」や「食品ロス」と調べれば、色んな企業や団体が丁寧に説明してくれています。

 [TABETEのサイト]でも 、簡単に説明しています。

====


興味のある方は、ぜひ上記のリンクや書籍をチェックしてみてください。

そして、「こう思うんだけど…!」「こんなこと、できないかな?」といったフードロスに関する意見やアイディアを、ぜひ会場で聞かせてくださいね!


こんどの活動報告では、いよいよ
トーク・セッション② 料理の文化と多様性
についてご紹介する予定です。

テーマ「料理の文化と多様性」にまつわるキーワードを予想しながら、ぜひ楽しみにお待ちください!

おまたせしました!

20時から行われるトーク・セッションについて、情報を初公開いたします!


==========トーク・セッションテーマ==========

テーマ① フードテックと多様で明るい食の未来

テーマ② 料理の文化と多様性

=======================================


本日は、1つ目のテーマについて
キーワードや登壇メンバーをお知らせします。


<テーマ① フードテックと多様で明るい食の未来>

キーワード:フードテック, スマートキッチン, テクノロジー

最近では、自宅で自動調理器を利用する人も増えてきました。あるいは、消費者である私たちが普段目にしないところでも、日々あたらしい技術が食ビジネスの中に取り入れられています。

これらの「食」に関するテクノロジーが私たちにどのような影響を与えるのでしょうか。

「食」は私たちが生きていくことそれ自体と密接に結びついています。フードテックは日々の消費の選択や創造活動をどのようにアップデートしうるのでしょうか?

コークッキングが見据える多様で豊で暖かな食の未来と、フードテックのクロスセクションを探ります。

登壇メンバー:
関屋 英理子 氏(株式会社ニチレイ 経営企画部 事業開発グループ )
真鍋 馨 氏(パナソニック株式会社 Game Changer Catapult 事業総括 )
[モデレーター]田中 宏隆 氏(株式会社シグマクシス ディレクター)

キーワードを見て「おっ!」と思った方は、ぜひセッションを聴きに来てくださいね!


テーマ②についても、近日中に情報公開予定です。お楽しみに!