2018/08/16 10:41

リターンのフランス料理教室「Amuse」さんをご紹介

 

 


「Amuse(アミューズ)」さんは、僕が通っているフランス料理の教室です。教室を主宰する西井英子先生は、フランスが大好きで、毎年、フランスへ行き、まちの庶民的な郷土料理やお菓子などを食べ歩きをして、メニューのヒントを探したり、食材や食器を買い付けたりされています。

 


難しいイメージのあるフランス料理を、とても簡単なレシピで教えて頂けます。どんな教室なのか? リターンでは、僕の器をどんな風に使っていただけるのか? など、お話をおうかがいしました。

 


フランス料理を、もっと身近に

「Amuse」の西井英子先生。

 


▼西井英子先生のお話をどうぞ。

 


料理教室を開いたのは、2011年です。約10年間、地元の洋菓子店で働いていて、その間、独学でフランス料理を学んでいました。29歳の時に、本格的に学ぼうと、エコール辻大阪に入学し、翌年、辻調フランス校シャトー・ド・レクレール校へと進学。帰国後に「Amuse」を開業しました。

 

 


フランス料理は、ふつうにつくると、とんでもなく時間がかかる料理で、ブイヨンやフォン・ド・ボーからつくると、何日もかかってしまう。お仕事や育児で忙しくされている方も多いので、なかなか難しいですよね。だから、レシピはものすごく考えています。

 


なるべく簡単につくれるように、手間をかなり省いた、おうちで再現しやすいレシピです。食材も、近くのスーパーで買えるものだけを使っています。私の色がかなり出ていて、結構、ぶっ飛んでると思います(笑)。

 


フランス料理×rintaro nonakaの器

 

フランス料理では、盛り付ける器が特殊で、「うちにこんなのないわー」とおっしゃる生徒さんも多く、うちにあるお皿でいいですよ、とはお話するんですけれど、おうちでも素敵に仕上げたい方も多く、揃えたくなるようですね。

 


今回のリターン用のレッスンでは、rintaroさんの器の使って盛り付けるという内容なので、和のすてきな器で、美しく盛り付けできるということが伝わったら、嬉しいです。

 


料理は、器がしっかりと映えるように、単色で濃淡がつくものにしようか、白い食材にワンポイントの方がきれいに見えるかな、などいろいろと考えて、お待ちしています。

 

 

 

 


フランス料理教室 Amuse

大阪府和泉市府中町町1-21-28

体験時間:毎日1日2回(10時~、16時~)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?