2017/03/12 11:16

クロネコヤマトのロゴって《careful handling-配送物を丁寧に扱う》を子供を大切に抱える猫の親に例えているらしいですね!

© Yamato Transport Co., Ltd.

 

実はあの村のロゴマークにも素敵な意味が込められているんですよ!以前の記事で紹介しているのでチェックしてみてください!

ということで、みなさんこんにちは!法務担当の馬場でございます!

前回の記事では『ポストを置いた』ことを報告させていただきました!まだ確認していない人はこれも要チェックです!

ところで、昨今Amazon等のWebサービスが広まり、老若男女を問わず多くの人が利用している『宅配サービス』について皆さんはどれくらいご存知ですか?

先ほど挙げたクロネコヤマトや佐川急便辺りが真っ先に思い浮かぶでしょうか。

では彼らがどのように品物を届けているかご存知ですか?

僕は気になって電話を掛けてみたんです。

 

僕『すみません、千葉県鴨川市平塚16という所に荷物を届けたいのですが可能でしょうか?』

担当の人『はい?......ただいま確認致しますのでもう一度住所をお伺いしてもよろしいでしょうか?』

 

...紆余曲折を経て数十分。恐らく無理ですという返事。当たり前だろう。この住所に届けられますか?なんて問い合わせ、恐らく彼女が何年キャリアを積み上げていようと来たことはないだろう。

ここでは引き下がれないので、

『御社の宅配サービスはどのように現地まで宅配を行なっているのか差し支えなければ教えて頂けますか?』

と聞いてみた。すると次のような手順を踏んでいるらしい。

荷物を集荷→該当住所の近くの集荷センターへ運搬→地域に慣れ親しんだドライバーがGoogleMapや紙の地図を使って見当をつけながら配達!

 

....最後めちゃアナログやんW

.....待てよ、ということはGoogleMapに載せれば『あの村』に着くことはできるってことか....?

載せた上で、目印を設置すればいけるのでは....?

というわけで村の見やすい地図や目印を作れたら良いな!と思っています。

 

村を皆さんが自由に開拓するために、まだまだ整備が必要です!

引き続きクラウドファンディングの支援をよろしくお願いいたします!

(実はリターンの種類が増えたのでまだチェックしてない人は今すぐ支援のページをチェックだ!)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?