2017/04/06 21:21

こんにちは!あの村スタッフのゴリです!

長いようで短かった、クラウドファンディングも間もなく終わってしまいます。。

連日SNS上にてお騒がせしておりました。今一度感謝を申し上げます。本当にありがとうございました!

 

土壇場での支援も、もちろんお待ちいたしております!最後までよろしくお願いいたします!

 

僕があの村に関わろうと思ったのは「なんかツリーハウス作りたいなぁ」という、とても私的な理由からでした。

そんな僕に、村長は「いいね!やろう!」と即答してくれました。

村長から、あの村の理念、目標、将来、課題、妄想などなどをたくさん聞かされて、元々アウトドアやDIYが好きだった僕は、一気に楽しい雰囲気にのめり込み、晴れてスタッフになりました。

 

・・・本当のところ、ちょっと参画を簡単に決めすぎたのではないかと思っていました。

しかし!色々と考えるうちに「そうではない」という結論に至りました。

その道程を今日は書いてみたいと思います。

 

 

僕の名字は「赤木(アカギ)」と言います。

そのため、出席番号はほとんど1番でした。青木くんにだけは勝てませんでしたが。

 

そうすると、入学式後の自己紹介も、跳び箱のテストも、卒業証書授与も、僕が最初になることが多くなりました。

何をするにも一番最初。恥ずかしがり屋だった僕は初めは嫌でしたが、次第に嫌ではなくなっていきました。

 

僕が自己紹介をすると、次の人も、その次の人も、僕の自己紹介を真似する。

跳び箱で失敗すれば、次の人の参考データになり、うまく跳ぶことができる。

卒業証書を元気よく大声で受け取れば、次の人も元気よく大声で受け取る。

 

皆が、僕の行動を参考にし始めたのです。

人を導き、手本を示し、不安を取り去る。

「先駆者になる」という快感を、このときに学んでいたのです。

 

 

先月、あの村の話を一般の人に説明しているときに「スタッフって何をしてるんですか?」と聞かれました。

それまでよく考えたこともない質問でした。村作りが好きなだけなら、村民でもいいじゃないか、と。「すごい情熱的な村民」と「あの村スタッフ」の違いってなんだろうと、その時初めて考えました。

 

でも僕は、初めて答えるはずなのに、スラスラとこんなことを言いました。

 

「あの村ってまだ本当になんにもなくて、これからみんなでいろんな建物とか施設を作っていくんですけど、いきなり未経験者に家とかを建てさせる訳にはいかないじゃないですか。だからスタッフが準備をしておく。知識を蓄えて、資材を用意して、危険を把握しておく。そうやって村民の人たちに『選択肢を与える』。それがスタッフの仕事です。」

 

 

あの村は、一言で表すなら「開拓」。

まさに、僕が喜びとしてきたものだったのだと気付かされました。

無意識的に、そういった「開拓をしやすい環境を開拓する」ことを求めていたと、気付いたのです。

 

 

「DASH村って面白いよね!あんなことしてみたいな〜!こんなことしてみたいな〜!

 

・でも、アウトドアって大変そうだし、苦手そうだな・・

・でも、トンカチなんて持ったこと無いし、作り方もわからない・・

・でも、結局山に入るんでしょ?危なそうだ、危険そうだ・・

・でも、大きな小屋とかの作り方なんてわからない・・

・でも、不器用だから絶対失敗しちゃう・・

 

 

そんな人達のために、スタッフがいます。

特に僕は、そのためにここにいます。

 

たくさんの文献を読み、あらゆる素材の特性を知り尽くし、可能な限り実験を繰り返し、どんなモノを作りたいと言われても、よし任せろと胸を張って言えるスタッフになります。

 

失敗は僕が先にできるだけ済ませておきます。転んだときに危ない石は全部拾っておきます。人目につく範囲の毒草も撤去します。お子様も安心して連れてきてください。

 

もちろん一人では無理でしょう。他のスタッフや、すでに詳しい村民を頼ることもあると思います。それでも足りなければ、外部から知識人を呼ぶ手配を整えます。村を発展させるに当たり、必要となるものは全てスタッフが手配します。

 

それでも不安がある、という方は、ぜひあの村に持ってきてください。僕がおいしいピザに変えてあげます。

 

 

一緒に開拓者、始めませんか?

あの村で、待っています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?