2017/04/07 19:12

こんにちは。村長の堀元です。

 
これが「あの村プロジェクト」のクラウドファンディングの最後の活動報告となります。

最後は、僕があの村プロジェクトを始めた理由について書かせて頂きます。

 

皆さんは、面白い遊びが好きですか?

僕は大好きです。「これ面白い!」と思える遊びに出会うためにはどこにでも行きますし、何でも挑戦します。

しかし残念ながら、皆が日常的にやっている遊びは僕にとってはあんまり面白くないんですよね…。

 

典型的なのは、河原でやるバーベキューとか、飲み会の後のダーツ

 

いや、その場が盛り上がって楽しいのは分かるんですが、僕はあんまり好きじゃありません。

なぜなら、何も生まれないからです。

ルールややり方が決まっていて、大体いつも同じ展開になるからです。

 

僕は大学生の頃、ふと思いました。「あれ、これそんなに面白くない…?」と。

それから、僕は「面白い遊びとは何か?」について考え続けてきました。自分でも遊びを作ってみたりしました。

例えば、「大晦日に巨大なかまくらを作ってその中で年越しをする」というイベントをやりました。大人10人がかりで8時間かけてかまくらを作りました。

この時の発見は、「かまくらの中は暖かいし、めちゃくちゃ落ち着く」ということと、「とはいえ、調子に乗って冷えた缶ビールを飲むと凍死しそうになる」ということです。

 

この発見をした時は、めちゃくちゃ盛り上がりました。

”うおお!!すっげえ暖かい!!これもう家だよ!!”

”よっしゃ!ビール飲んじゃおうか!キンキンに冷えたやつ!”

”…と思ったけど、ビール飲んだら寒い!!家じゃなかった!!”

そんな会話をしながら、一生分くらい笑った気がします。

 

ずっと、面白い遊びとは何かを考え、遊びを作り続けた後、結論が出ました。

最高に面白い遊びは、「生産すること」です。

自分でアイデアを出して試行錯誤して、何かを生み出すのが面白い遊びです。

「あれやってみたらどうだろう?」「これやってみたらどうだろう?」

その結果、「あ!こうなるのか!」という発見や「できた!」という達成感が生まれます。

 

展開が分かりきった遊びをするよりも、ずっと楽しいと思いませんか?

 

あの村は、そんな「生産」の宝庫です。

あの村では、皆の「あれやってみたい!」を原動力にして村作りを進めていきます。皆で作業しながら、発見も達成感も分け合います。

あなたはあの村でどんなアイデアを出し、どんな発見をするのでしょうか?

 

その答えを確かめに、是非あの村にお越し下さいませ。

クラウドファンディングはついに明日で終了となります。

皆様のご支援をお待ちしております。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?