2019/04/12 16:31

こんにちは。

サウナビルダーの野田クラクションベベーです。


あっという間の2ヶ月でした。今月もたくさんのお客様にきていただけました。

すでに、リピートして来てくれる方まで…。本当にありがとうございます。


今月も気づきなどをどんどん書いていこいうと思います!


サウナ小屋を作るのは簡単。でも、目的を間違えると最悪。

ありがたいことに、サウナ小屋を作りたい! という電話をいただいたり、直接会いに来てくれる人などが増えました。まず、そういう想いの人が多いことに感激すると共に、より最高のサウナを作って欲しくてついついバァーっと喋ってしまいます。

よく、「サウナ小屋ってどうやって作るんですか? いくらくらいかかるのですか?」と言われますが、そこよりも大事なのは「目的」です。なんで、サウナを作りたいのか→どうやって楽しみたいのか→どういう形がベストなのか→それを続けるためにはどういう仕組にするのか。と考えていくと、脳みそがクリアになっていきます。常設のサウナ小屋はかっこいいし、薪サウナはめちゃくちゃ最高です。

その分、「動かせない」「管理が大変」「薪の調達はどうするのか」「パブリックでやるのか」など…デメリットも多いです。

つまりは、目的を定めないと継続することはできないし、サウナ小屋が育っていきません。

作って終わりではなく、作ってからがはじまりだと運営してみて思いました。


サウナ単体での運営は難しい

これは、やる前からもわかっていたことなんですが、サウナだけで売上を立てるのは無理です。他にキャッシュポイントが2つ〜3つほどないと回らないと思います。うちでいうと、「宿泊、レストラン、アウトドアスクール」という軸があり、そこにサウナ小屋があるという状態です。

アウトドアスクールで汗をかく→疲れをサウナで癒やす→ご飯を食べる→寝る。このサイクルが自然と出来上がっているからこそやれています。

また、そういう施設だからこそ「水回り」がしっかりしているので、サウナ小屋を建てるだけでコンテンツになるわけです。この辺を0からやるとめちゃくちゃお金がかかります。そうなるとお金を回収することは難しいですし、運営ができません。

経験もないしよくわかんないんですが、「めちゃくちゃお金をかける=めちゃくちゃいい立地でガンガン回す」「少額でチャレンジする=ものすごい尖ったコンテンツで唯一無二な場所にして回す」というイメージなのかと。

LAMPは後者です。

なんで、こんなに赤裸々にしゃべるのかというと、サウナを作り運営することをしっかり伝えることが自分の使命だと思っていて、少しでも参考にしていただき、1つでも多くのサウナ施設が増えて欲しいとガチで思っているからです。

こちらの本が非常に勉強になるので、一度読むことをオススメします→https://aqutpas.co.jp/温浴経営の道しるべ/


サウナーの人が来てくれるのがなんだかんだ嬉しい

「The Sauna」はサウナーの人よりは、サウナが好きだけど好んで入らない人をサウナーにすることを目指しています。暑いだけではなく、心地よく入れる場所がサウナであり、サウナの面白さです。おかげさまで、サウナが好きじゃない人が2時間丸々入ってくれることも増えてきて、それだけで「あ〜サウナやっててよかった」と思えるようになりました。

でもやっぱり、サウナーの人と入るサウナは楽しい。湿度とか温度の話で盛り上がったり、あのサウナがいいだったり…もうそういうこと喋ってるだけで幸せですよね。

多くの人にサウナを広めたい思いが90%くらいで、10%くらいはマニアックなサウナトークをしたいと思う今日このごろです。


4月のイベント

ということで、最後は4月のイベントをちょこっとご紹介します!


・4月20日 Sauna Camp Day (まだちょこっと空きがあります。無料でサウナ入れるので、m気が向いたらどうぞ!)

→応募https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfsXR4k1sNytshU5DTJFDb6tARQ-3RGkQOLpOaIGJ8S8IurQA/viewform


・4月24日、25日 薪割りイベント(残り2席! 宿泊、サウナ、ビール無料!)

→応募


・4月13日〜26日 希望者の方、ウィスキング無料(タイトルの通り、無料でウィスキングします)


ぜひ、皆様のお越しを楽しみにしています〜!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?