2019/05/10 11:08

こんにちは。

サウナビルダーの野田クラクションベベーです。


GW(10日間)は222人の方がThe Saunaを使用してくれました! 毎日サウナを温めさせていただき、本当にありがとうございました!!オープンしてからの累計ですが、700人近くの人が利用してくれています…! ありがたき幸せ…!


前回は「サウナ小屋を単体で運営することの難しさ」をブログで紹介させていただきました。

https://camp-fire.jp/projects/97034/activities/78530


オープンして3ヶ月になりますが、諸々サウナの運用も固まり、いいかたちで回せるようになってきたのですが、ゲストハウスLAMP野尻湖のスタッフのみんながいて、無茶なお願いにも対応してくれるからだと思っています。


今回は、「サウナ小屋を建ててからが本番」というテーマで喋っていきたいと思います。

大前提として、サウナ単体では運営が厳しいです。正確に言うとサウナ単体では難しく、宿泊やレストラン、マッサージなど…副次的なサービスが必要になります。


サウナ以外をやるということは、仲間が必要ですよね。

レストランのプロ、宿のプロ、マッサージのプロなど…プロなどがそれぞれの分野で本気で戦うことで、施設全体が良くなっていくわけです。

ゲストハウスLAMP野尻湖は、そんな人たちがたくさんいます。そこに、自分が仲間に入らせてもらったという感じです。


現状、ゲストハウスLAMPでは以下のようなことが楽しめます。

①ご宿泊(個室、ドミトリー)

②レストラン(昼、ハンバーガー、夜、地元の野菜を使った料理)

③アウトドアスクール(山菜採り、SUP、カヤック、キノコ狩り、スノーシュー、クロスカントリーなど…)

④フィンランド式サウナ


それぞれにプロフェッショナル意識を持っていて、仕事に望んでいます。

ゲストハウスLAMP野尻湖の支配人のマメさんが言っているのは「自分が納得しているモノ(こと)以外はやるな」ということ。とことんこだわって、何事にも取り組むようにスタッフに徹底させています。


なので、僕が「漢方サウナ」をやるために、朝早くからキッチンで漢方を煮出していても、サウナストーブのなかに石焼ビビンバの鍋を入れても何も言われません。それが、サウナを利用してくれる人にとっていいことだし、自分が本気でいいと思ってやっているので。

みんながそういう意識を持ってやっているので、施設自体のターゲットはいい意味でも悪い意味でも定まっておらず、老若男女問わず遊びに来てくれています。


そんな、ゲストハウスLAMPは、宿班 3人、レストラン 6人、アウトドアスクール 6人、サウナ 1人で合計16人(季節雇用の人も含めるともう少し増える)で成り立っています。


ようは…サウナ単体では無理だし、他のことをやろうとすると仲間が必要で、そこら辺まで深く考えてからスタートしたほうがいい! ということ。この体制を0から作るのは本当に難しいことです。なので、既存の施設(ゲストハウス、ホテル…等々)にサウナをくっつける形はすごくいいと思っています。


もしかしたら、コインランドリー×カフェの施設にサウナを追加してもいいと思いますし、ガソリンスタンド×サウナみたいなのも面白いな〜っと。洗車としている間にサウナ入る(笑)。色々な掛け算をして、新たなるサウナの形を作ってもいいかもしれないですね。普通に0から温浴施設を作るのは、相当なパワーがいります。


サウナ小屋を作って一番感じることは「極論、作るのは誰でもできるけど、運営は愛(本気の気持ち)がないと厳しい」ということ。

自分の目的は「サウナって我慢比べするだけの場所だよね…」と思っている人などをサウナ好きに変えることです。

つまりは、作って後は楽しんでくださいね〜! とはいかないんですよね。


より、サウナにコミットして、お客さんをサウナーにして送り出すためには、優秀な他のスタッフがいるわけです。改めて、ゲストハウスLAMP野尻湖という環境に感謝をしたいです。


ぜひ、サウナをやってみたい! 家にサウナを作りたい!など…サウナに関するお問い合わせをお待ちしております!


それでは、5月のサウナイベント等の予定を発表しますね!


5月16日(木)朝サウナ×朝コーヒー×朝食会! 最高の朝を迎えよう!

https://lamp-guesthouse.com/article/1224/


写真提供:ハラガク (https://twitter.com/kugaraha


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?