NPOこどもDIY部主催のこどもによる・こどものための「こどものまちをつくろう」。徹底的に”あそび”にこだわり、いつの間にか創意工夫を凝らして仕事をしてしまうリアル社会体験プログラム。2019年は公園を利用し、ルール作りから都市計画、実際につくることを目標にこどものまちをパワーアップします。

プロジェクト本文

こんにちわ。NPOこどもDIY部代表の さかたともえ と申します。

新宿・西落合という場所で小中学生がものづくりや仕事体験ができる「こどもスタートアップラボ」という場所を運営しています。Wedge Infinity やプレジデントファミリーで自由にものづくりができる場所として掲載していただきました。

その傍ら年に1度、ラボから1kmほど北にある豊島区南長崎にて「こどものまちをつくろう」というイベントを開催しています。地域の有志メンバーによる運営組織を中心に、ボランティアスタッフの協力を得て実施しています。

01 こどものまちとは?

こどものまちは、こどもが主体となって運営するこどもだけのまちです。

見守ったり、技術指導をする大人はいますが、こどものやることに口を出さずに見守ることを約束したスタッフのみです。それ以外の大人は、原則会場内に立ち入ることはできません。スタッフはこどもたちへの信頼を大切にします。

こどものまちでは、好きなだけ働き、給料で遊んだり好きなものを買ったりします。仕事の種類は10種類と少ないですが、大工や革雑貨、映像ニュースやプログラミングゲーム作りといったモノづくりの仕事と、議会や警察といったまちを動かす仕事があります。

プログラムと場所をこどもDIY部が用意し、こどもたちが自由にまちの中で遊ぶ。逆にいうと「自主性」「発想力」「行動力」がないと遊べないイベントです。


↓2018年こどものまちショートムービー


↑ 2019年こどものまちをつくろう運営メンバー

↑木工、革、一般工作でまちで販売する商品を作ります。

↑売上アップのために宣伝をする子。テープで区画された土地を買って起業する子も。


02 こどものまちの魅力とは

こどものまちの魅力はズバリ大人社会の縮図をサバイブできること。
働いて給料をもらうだけではなく、失業もするし、まちが経済的に困窮することもあるし、喧嘩や犯罪もあります。

15年以上日本でこどものまちに関わっている「あそびのまち社」みえけんぞうさんは言います。

「責任をとるという行為を、取りなさい、と言われるのではなく自分から挑戦をして、このことは自分がやったことなんだから結果を自分で受け入れようっていうこと。それを遊びが保証されている中で自らの心、自らの身体、自らの行為で学んでいけるんだっていうところに、こどものまちの面白さがある」

下の動画では2018年のこどものまちの様子と、立場の違う5人の大人が見た”こどものまち”をそれぞれの視点から語っています。

03 こどものまちではこんな面白いことが起きている

さて、キッザニア開業より4年前の2002年、千葉県で はじまったこどものまちは、形を変えながら全国で200か所も開催されています。私たちの事業でも、参加者の1日あたりの人数は平均で2017年が114人、2018年が285人と2.5倍に膨れ上がりました。そんなこどものまちでは実に面白いドラマが起こります。
例えば、工房で作ったものを仕入て利益を乗せデパートで売るはずの半数以上が、利益をとる理由を理解できなかったので、話を聞いてみたときに返ってきたセリフがこちら。

子ども向け経済学絵本「レモンをお金に変える方法」を読んでも、このリアクションは出てきません。こどものまちがリアルに生きているからこそ、こどもたちの本音が出てくるのです。利益を取らないことを選択した場合は仕入れのお金が無くなるので、こどもたちは知恵を絞ります。考え行動することに慣れてくると自分のアイデアでスタートアップする子も現れます。

そんなおもしろエピソードをマンガで2話でご紹介します。


このようにこどもの意思で働くことは、時として大人の期待に反しているのかもしれません。しかしここはこどものまち。人に迷惑をかけなければ許されます。
チャンスはたくさんあるので成功体験を味わうこともできること。
これから人生100年社会を生きていくこども達に身につけてほしい力と言われている力を発揮する場所であることができるのです。

04 2019年は新たなチャレンジをします

さて前置きが長くなりましたが、今回私たちは新しいチャレンジをしたいと、クラウドファンディングでの支援を望んでいます。そのチャレンジとは・・・

従来あったこどものまちに加え、2019年は10日間かけて更地から ”まち” をつくります。

そのワケは4つあります。

1.ほとんどの大人がまちづくり未経験者。

大人もこどももフラットに、答えのないゴールを共に目指す仲間になれる場を作りたい。私たちは常にそこを目指しています。

2.革命しか起こりようがない。

2017年経産省の未来の教育提言に「50センチ革命」という言葉が出てきます。しかし便利な生活に慣れていると革命なんて面倒。そこで「小さな革命を起こすって面白い」と思えるルールのない場所があれば、革命しか起こりようがないのです。

3.こども達の欲望を満たす。

こどものまちで働いたお金の使い途がない、という声が挙がっています。何に使いたいの?と聞くと「家」「土地」「有名人」等の答えが見られました。じゃあ土地と家を買えるようにしようか、ということで”新たなまち”を作ることとなりました。


4.失業者対策

2018年は参加者が2.5倍となったことで、こどものまちには失業者があふれてしまいました。ハローワークの子たちも新しい仕事を作ってくれましたが、圧倒的に足りませんでした。新たなまちを作ることで失業者を減らします。(高度経済成長期ですね(笑))

05 どこに ”新たなまち” をつくるか

会場は 絵具メーカー ターナー色彩株式会社 のギャラリー3フロアと隣接する豊島区の公園の一部を”新たなまちづくりの場”として10日間占用使用させていただくことになりました。これは豊島区最長の占有期間です。

↑ 隣接公園で2016年に実施した建築系ワークショップの様子。

06 どうやってまちをつくるか

こどもの力で”まち”をつくる。そのモデルはドイツ・ミュンヘンにあります。

2年に一度3週間開催され、1日2500~3000人、7歳~15歳のこどもが訪れるこどものまち「ミニ・ミュンヘン」。60種類ほどの仕事があり、その中に「建築設計事務所」「建設現場 BAUHOF」があります。ここで行われている手法を真似るところからスタートし、こどもたちの様子を見ながら進化させていきます。

↑ミニ・ミュンヘンの建設現場BAUHOF。2018年訪問時はまだ更地。

07 資金の使い道

新しく公園というフィールドが加わったことで増える費用と、人気の仕事の雇用数を増やすための機材購入費をクラウドファンディングで募ります。トータル75万円を希望していますが、まずは①②を優先し35万円を目標金額にしました。
早々に目標を達成してセカンドステージに進むつもりでいます。

①建設資材 100,000円
②公園の見守りスタッフ謝金  180,000円
③映像ニュース社で使うマイク・タブレット・PC 300,000円
④リターン原価  60,000円
⑤キャンプファイヤー手数料(17%)110,000円

合計 750,000円

08 リターンの紹介

11種類のリターンを用意しました。中でもメインリターンは、”カリモクがつくった歯車”。

国産家具ブランドで品質にこだわるカリモクが特別につくってくれた天然木突き板の歯車です。支援者のお名前を刻印し、会場内で組み立てれば歯車が噛み合って回り出す光景を作ります。

歯車の数が多ければ多いほど、たくさんの支援者のおかげでのこイベントが開催できていることを目で確認できるという仕掛けです。

↑会期が終わったらスタンド+アロマオイルと一緒にお届けします。(画像はサンプルですので実際とは異なる場合があります)


①こどもDIY部からお礼メールをお送りいたします。 1,000円

②2019こどものまち報告書をお送りいたします。 3,000円

③こども商品企画 ハンカチ2枚セットをお送りいたします。 3,000円

④こども商品企画 ハンカチ2枚セット+2019こどものまち報告書をお送りいたします。 5,000円

⑤こどものまちラジオで、あなたの悩みにこどもが答えてくれる権利 5,000円

⑥2019こどものまち報告会にご招待+こどものまち報告書 5,000円

⑦こども商品企画 トートバッグ+2019こどものまち報告書をお送りいたします。7,000円

⑧カリモクがつくったSmall 55mm +アロマオイル+2019こどものまち報告書をお送りします。9,000円

カリモクがつくった歯車Midium 90mm+アロマオイル+2019こどものまち報告書をお送りします。11,000円

カリモクがつくった歯車Big 120mm+アロマオイル+2019こどものまち報告書をお送りします。13,000円

⑪社会教育体験をこどもDIY部が一緒に企画します  200,000円

09 最後に私たちからのお願いです。

ミニ・ミュンヘンの建築事務所スタッフに、「建築の設計はこどもたちには難しすぎませんか?」と尋ねたところ、「ダメなら他の仕事をすればいい」と答えていました。
日本でこども向けものづくりイベントをやると参加者全員が同じ成果をだせるように大人がフォローするのが常識ととらえがちですが、それだとやる気のある子の体験の場を奪うことになっていないでしょうか?

このプロジェクトはちょっと難しいことをこどもたちのモチベーションを頼りにすすめるけど、やる自由もやらない自由もあります。

そんな遊びを求めるこどもたちの数は充分、まちづくりのタネもあります。
あと必要なのはこの、ちょっと他にない場所を自分ごととして守りたい・育てたいと思って勇気を出す大人の存在です。 2020年はとしまえん開催をめざし、挑戦を続ける私たちの試みを応援してくれませんか?

開催概要

「こどものまちをつくろう」

 日時:2019年 3月23日(土) 25日(月) 26日(火) 28日(木) 29日(金) 30日(土)

              4月1日(月) 2日(火) 4日(木) 6日(土) 各日11:00-17:00

 場所:ターナーギャラリー1階 3階 4階
 (豊島区南長崎6-1-3)

 西武池袋線 東長崎より徒歩約8分
 都営大江戸線 落合南長崎より徒歩約10分

 隣接する南長崎はらっぱ公園内に臨時の駐輪場を設けます。

 参加費:一日1000円

 対象:2019年3月時点の小学1年生~中学3年生まで おとなは入れません


詳細はこどものまちをつくろうHPへ。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください