プロジェクト本文

<2016/09/30追記>
---------------------------------------------------

いよいよクラウドファンディングも残り1週間となりました。
ラストスパートに入ったタイミングですが、10/23(日)にご出演いただくsmall circle of friendsとのコラボリターンを追加いたします!
おふたりのコメントとあわせてご紹介させていただきます。

■3,000円
・お礼のメッセージ
・collection for Arcade
※クラウドファンディング限定アルバムです。10曲収録予定。
※限定公開URLにてお送りします。支援者限定となりますので、拡散は禁止とさせていただきます。
※収録曲のひとつ、Ginger Syrup Sodaを以下より試聴いただけます。

《small circle of friendsさんより》

昨年初めてARCADEに参加したときは、本当に驚きました。街におりた瞬間、普段は何もない駅前だなんて想像できないほどの風景が広がっていて。1店舗1店舗厳選されている、オシャレして出かけたくなる空間なのに、熱すぎないところがすごくかっこよかった。

実は昨年のARCADEでのライブは、『STUDIO75 / Best of LoopLaunch』の幕開けという位置付けになりました。パッケージから全てこだわって作ったアルバムだったので、痺れる空間でスタートできて、本当に光栄でした。
そして、あの日をはじまりとして生まれた、最新アルバム「Silence」。いま、今年のARCADEでのライブをゴールに据えて、ツアーで全国を回っています。

私たちにとって、ARCADEは特別な思い入れのある場所です。
今年はベーシストとドラマーを加えた4人で、small circle of friendsをARCADEの世界に溶け込ませたいと思っています。

それから、ARCADEを心から応援していますということで、私たちもそこに何か参加したいという思いから、ARCADEクラウドファンディング限定リリースのアルバムを1枚作ります!
このリターンがARCADEの運営に少しでも役立つならば、私たちはそういう形で関われたことを本当に嬉しく思います。

small circle of friends
http://www.scof75.com/
https://www.facebook.com/scof75

---------------------------------------------------

▼はじめに

はじめまして。ARCADE実行委員会です。

突然ですが、あなたは「地元には何もない」そんなことを口にした経験はありませんか?

三方を太平洋に囲まれ、海と山に恵まれた和歌山県。電車で和歌山駅から約12分で辿り着く、ここ海南市で生まれた若者たちも、同様の思いから、都会に出ていくことが少なくありません。人口は年々減る一方、現在約52,800名が住む、小さく長閑な街です。

でも、本当に、地元には何もないのか?憧れの大人たちの背中があったからこそ私たちが今の場所を選んだように、次世代にも自分たちの背中で街の魅力を伝えることはできないだろうか?

そんな想いを持った30代40代のメンバーが集い「この街をより良くするために必要なものは何か。」を考えたことから、ARCADEという仮想商店街プロジェクトが生まれました。

▼ARCADEとは

本気で誰かに薦めたくなる店舗だけを厳選した、理想の商店街「ARCADE(アーケード)」。2日間だけ和歌山県・JR海南駅前広場に突如現れる、次世代が住みたくなる街の在り方を提示する屋外マーケットです。2015年10月にスタートしました。


↑2015年10月に開催されたARCADE。ゼロから会場ができるまでの動画。

和歌山に暮らす建築やデザイン、家具、飲食など、様々な分野にたずさわるメンバーで、”THINK OF A TOWN“を合言葉に、住みたくなる街の縮図のような空間をつくりあげます。普段は何もないフラットな広場に、大きな建屋を構え、厳選に厳選を重ねた和歌山を主とする店舗の人たちに出店を依頼して、理想の商店街を生み出します。

第1回目となった昨年は、和歌山県内に拠点を持つ約40店舗が出店、県内外から約8000名もの人々が訪れ、大盛況となりました。


↑和歌山県内の個性的なお店を一堂に集めたことが話題に。出店した同業者間の仲も深まるきっかけとなりました。


↑鉄のフレームとパレット(※輸送などに使う、すのこ状の板)でつくった建屋を、駅前に2日間の期間限定で設置します。


↑昨年のプレイベントの様子。緑あふれる空間で、お客さんと店主の会話もはずみました。

▼自分たちがもらったバトンを次世代へ繋ぎたい

自分の拠点として、私たちはなぜこの土地を選んだのか?仕事をする時に大切にしているこだわりは、どの体験がきっかけとなって生まれているのか?改めて考えてみたとき、私たちはこの街の”カッコイイ大人”に出会えたことが原点にあると気付かされました。

それは、マジョリティの消費者ニーズに流されるのではなく、本心から良いと納得したものに徹底的にこだわり貫いていく、憧れの大人たちの後ろ姿です。


↑飲食店が並ぶ「キッチン」、服飾雑貨や小物店が並ぶ「アベニュー」などブースを分けて展開。去年は本屋さんにも参加してもらいました。

出会った時期や場所はそれぞれ違うけれど、彼らがいてくれたからこそ、いまの私たちがある。じゃあ、はたして今の若者たちは、目標となる大人に出会えているのだろうか?私たちは憧れの大人になれているのだろうか?

この街のカッコいい大人たちにもらったバトンを次世代へ繋ぎたい。そんな想いを込めたARCADEというプロジェクトは、運営するメンバーひとりひとりにとって、大きな挑戦でもあります。

▼ARCADEのプロセスから一緒に楽しみませんか?

私たちがつくりたい”理想の商店街”は、出店者だけでなく、来場者たちも前のめりになって、普段よりちょっとオシャレをして訪れたくなるような、双方で惹かれ合う空間です。そこで、一方通行ではない、人と人の繋がりを大事にするようなコミュニケーションが繰り広げられることを望んでいます。

無理なく会話のはずみやすい動線の設計を心掛けるなど、会場にも工夫を凝らしていますが、もしARCADEのプロセスから、双方惹かれ合う仕組みがつくれたらもっと楽しくなるのではと、今回のクラウドファンディングへ踏み込むことにしました。


↑昨年好評だった夜のARCADE。今年はバータイムをより充実させます!

リターンには、ARCADE当日をより満喫していただけるものや、会場まで来られない方にも喜んでいただけそうなもの、その後も海南の街自体を楽しんでいただけそうなものを設けました。

「和歌山って面白いかも」や「うちの街でもできたらいいな」といった気持ちで、リターンの詳細や経過報告を覗いてみてください。そして、応援というアクションを通じて、一緒にARCADEをつくっていく楽しさを分かち合うことができましたら、本当に幸いです。

※ARCADE実施にかかる費用は、設営費(建屋の材料費や運送費など):約70万/運営費:約30万の合計約100万円となっており、その他発生する諸経費含め、大部分をメンバーの持ち出しで行っています。クラウドファンディングの支援で集まった資金は、設営費の一部として大事に使わせていただきます。

▼ARCADE vol.2開催概要

■日程:2016年10月22日(土)11:00-21:00
         10月23日(日)11:00-18:00
■場所:JR海南駅前広場(〒642-0032 和歌山県海南市名高187-8)
 ※JR紀勢本線「海南駅」すぐ
 ※JR「和歌山駅」から電車で約12分
■ライブゲスト:GOMA(22日)、SMALL CIRCLE OF FRIENDS(23日)
■参加店舗:約46店舗を予定
■入場料:無料

参加予定の店舗を少しだけ紹介させていただきます!
※まだここには書けませんが、ほかにも魅力的なお店に参加いただけるよう調整しています。随時公開しますので、どうぞ楽しみにしてください。

THE ROASTERS》コーヒー焙煎所

和歌山の小さな集落にあるコーヒー焙煎所です。 世界各国の生産地から厳選したコーヒー豆のみを使用し、 それぞれの特性に合わせて個性を引き出す方法を、日々試行錯誤しながら焙煎しています。 全ては「おいしいコーヒー」のために。
THE ROASTERS:http://www.theroasters.jp/location/

FROM FARM》ドライフルーツ/グラノーラ/ナッツなどの農産物加工

"FROM FARM" TO TABLE  
農場から食卓まで。農家の物語を商品と共に。
和歌山で和歌山産の農産物をテーマに、手作りで、加工食品を作っています。 
FROM FARM:http://from-farm.com/

MUYA》アパレルショップ

都会の喧騒から遠く離れた自然豊かな町、地元である和歌山県・白浜町のアトリエで、服作りや写真撮影を日々の活動としています。
MUYA:http://muya.jp/

ドーシェル》ベーカリー

山の中にあるパン屋さん。国産小麦をベースに、素材の味を楽しめるパンを焼いています。和歌山の果物をふんだんにつかった、季節限定のパンも人気。
ドーシェル:http://www.dooshel.com/

▼応援メッセージ

《ディジュリドゥ奏者のGOMAさんより》

今回、生まれ故郷・海南でのイベントに参加させてもらえる事とても嬉しく思います。

帰郷する度に街の高齢化を切実に感じ昔の活気ある商店街を思い出しながら少し寂しい気持ちになります。

このイベントから新しいエネルギーが海南に根付き街が活性化されることを心から願っています。

みんなで海南名物の祭りにしましょう!

 

GOMA

(official website) http://gomaweb.net/
(official Facebook) https://www.facebook.com/GOMAOFFICIAL
(official Twitter) http://twitter.com/goma_didgeridoo

▼リターンについて

■3,000円
・お礼のメッセージ
・オリジナルステッカー(どれかひとつ)

上記の中から、ランダムでどれかひとつをお送りさせていただきます。

 

■6,000円 
<遠方の方にも>
・お礼のメッセージ
・オリジナルステッカー(どれかひとつ)
・オリジナルコットンミニトート
 
コーヒー染めのコットンミニトート。手でひとつひとつ染めました。

・ARCADEおすすめスポットmap

ARCADEメンバーがおすすめしたい和歌山のスポットをマップにまとめてお送りします。県外の方にはもちろん、県内の方にも楽しんでいただける場所をセレクト。訪れればきっと素敵な時間が過ごせる場所を教えます。

 

■10,000円
・お礼のメッセージ
・ARCADEおすすめスポットmap
・オリジナルTシャツ
 
スタッフとクラウドファンディングでしか手にいれることのできない、オリジナルTシャツ。鋭意制作中。
※上記の写真は昨年、白と黒の2バージョンでつくったTシャツです(参考)。リターンでお送りするTシャツとは異なります。
※10/6(木)24時までにサイズ:S/M/Lをお知らせください。

・パーキング券
今年はよりたくさんの方にスムーズにご来場いただけるよう、専用のパーキングをご用意しました。クラウドファンディングでのみの取り扱いとなります。

 

■10,000円
<個人向け>
・お礼のメッセージ
・ARCADEおすすめスポットmap
・THE ROASTERS、ARCADEオリジナルブレンド珈琲200g

店主厳選の豆を使った、クラウドファンディング限定のオリジナルブレンドをお送りします。

・パレットにお名前を入れます

建屋のパレットに、英字でお名前を入れます。支援者に感謝を表す方法として、お祭りで提灯に名前を入れるように、ARCADEではパレットに名前を入れさせていただきます。グラフィックカーは、TRUC ARTの寺内尉士さん。
イベント当日に是非、どこに自分の名前があるか探してみてください。ARCADEの入り口にあるかもしれないし、お店の前にあるかもしれない。「あ!あんなところに!」なんて喜んでいただけるとうれしいです。
※CAMPFIREアカウント名以外の表記をご希望の方は、10/6(木)24時までにお知らせください。公序良俗に反する表記などは、変更をお願いする場合がございます。

TRUC ART》企画・製作デザイン事務所
素材を活かした手描き看板をはじめとする内装外装アート、電飾看板やデジタルサイネージの制作、店舗のトータルプロデュースなど、紙ものから立体物まで幅広く手がける企画・製作デザイン事務所。
TRUC ART:http://trucart.tumblr.com/

 

■20,000円
・お礼のメッセージ
・打ち上げご招待

ARCADEの出店者の方々と実行委員会メンバーたちと、じっくり話してみませんか。会場はゲストハウスRICO(http://www.guesthouserico.com/)の屋上のRICO's GARDEN。おいしいご飯と、気持ちのいい空間をご用意してお待ちしてます。
大切にしたいことや、これからの話。手渡しするように、直接伝えたいものがたくさんあります。みなさんと過ごせるのを楽しみにしています。
※2016年11月頃開催予定。飲食費は別途。

 

■50,000円
・お礼のメッセージ
・ARCADEメンバーと行く大人の遠足

ARACDEメンバーが不定期に開催してきた企画。大人だって本気で遠足すれば結構楽しい。和歌山のおもしろい場所をセレクトしてARCADEメンバーと一緒に行ける大人の遠足を企画します。今まで知らなかった場所や知っていた場所も新たな発見があるはず。
※2016年12月頃開催予定。和歌山までの交通費、遠足内での飲食代は別途ご負担をお願いいたします。

 

■30,000円
<企業向け>
・パレットに企業名もしくはロゴを入れます

企業様向けリターンです。支援者に感謝を表す方法として、お祭りで提灯に名前を入れるように、ARCADEではパレットに名前を入れさせていただきます。グラフィックカーは個人向けと同様、TRUC ARTの寺内尉士さん。
※ご支援前に必ずメッセージにてご連絡ください。ヒアリングさせていただき、双方で合意に達した場合のみ、ご支援いただけます。ご支援後のキャンセルは承りかねますので、ご注意ください。

 

■1,000,000円
・お礼のメッセージ
・出張ARCADE(サイズ:6mx6m)

あなたの街にARCADEをつくりませんか。建屋レンタルのほか、実現に向けて実行委員会メンバーがお手伝いさせていただきます。
※ご支援前に必ずメッセージにてご連絡ください。ヒアリングさせていただき、実現可能となった場合のみ、ご支援いただけます。ご支援後のキャンセルは承りかねますので、ご注意ください。

▼最後に

「私たちが暮らす街は、実はめちゃくちゃおもしろい場所だった」
これは、ARCADEの活動や日々の仕事を通して、ここ数年で私たちが気づいたことです。

どこの地域にも、かっこよく働いている大人たちがいて、それを見ている若者がいる。和歌山に限った話じゃないと思うんです。なかなか気づかないけど、実は身近な場所に仲間はいて、話してみたらどんどん繋がって、新しい挑戦が生まれる。そんな可能性を秘めているのは、和歌山だけじゃない。

今年は、出店者同士の刺激になるよう、あえて県外のお店にも声をかけました。仲間が良きライバルであるべきなのと同じく、ARCADEは実行委員のメンバーを含めた出店者にとっても、お互い刺激になる学びの場所じゃないと駄目だと思っています。

まだまだ、地方はこれからおもしろくなります。絶対に。
私たちの挑戦を応援していただけると、うれしいです。

ARCADE実行委員会

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください