「ばらなしわっしょい」は、インドのバラナシで行う地域密着型の祭典(音楽、芸術祭・プージャー)です。日本のインディーアーティストと地元バラナシの友達によって催されます。 *日程・2018年12月19日、25、31日*開催地・インドバラナシのPandey Ghat(予定)

プロジェクト本文

 

 

 

① 私達について

 

 

 

このページをご覧頂きありがとうございます。

「ばらなしわっしょい」の運営メンバーです。

バラナシで40年の歴史を持つ伝説的な日本人ゲストハウスKUMIKO HOUSEで出会い、祭りを開催する計画に至りました。

 

 
② 「ばらなしわっしょい」とは?

 

 

「わっしょい」とは、日本的な精神(争わず平和を求める)を背負う事。

「ばらなしわっしょい」とは、失われつつある日本の精神性(風習、道徳観、美しい文化、芸術、言葉)を現代的な音楽、踊り、芸術と共にアジア最大の聖地(精神の大国)であるインド、バラナシで日印友好、アジアユナイト、全世界平和への祈りを込めて、2018年12月19、25、31日に開催される祭典です。

元来、日本で行われてきた神仏を祀る祭り文化も発祥はインド です。

その文化の返還、合流との意味合いを込めてこの地で<わっしょい>する事に深い意義があると考えています。

現行の日本のアンダーグラウンドシーン又インディーズで活躍するアーティストを世界に向けて今後、世界市場のトップに躍り出るであろうインドから発信したいとの想いも込めています。

インドと日本の伝統的な文化と現代的な音楽の融合と共に、宗教的な祈りの儀式も予定しており、スピリチュアルな雰囲気の祭りとなります。

 

*イメージ画像*

 

資金が集まり、「ばらなしわっしょい」が開催することができたならば、5000年に渡る悠久の歴史を誇るインド 、バラナシにおいて今までに類をみない催し物になり、それは新たなる歴史となるでしょう。

上記のイメージ画像には実際に日本で行われているお祭りの画像も散りばめられているのですが、画像にあるような伝統的な櫓(やぐら)のステージも用意出来れば更に現場の熱量も上がると考えています。

 

<現代的な音楽イベントと伝統的なお祭りの融合>を目指している事。

国籍や身分、年齢をこえて、全ての人がひとつになるような瞬間をつくりたい。

Festivalではなく、聖なるCeremonyといった気持ちにより無料での開催としたい。

そのステージ、機材、設営の資金が現在十分でない為、この度クラウドファンディングに挑戦し、皆様に協力を願い出るに至りました。

 
 
③ 私達の現在の活動

 

 

現在、私達は現地の仲間と共に<ばらなしわっしょい>開催に向けて現地のコーディネートや日本国内にてアーティストへのブッキングを行なっています。

会場として予定しているのは聖なる悠久の大河ガンジス川の沐浴場のひとつ、Pandey Ghatです。

聖なるガンジス川を背景に観るLIVEには誰もが圧倒されるでしょう。

資金が集まり、又申請のち許可が出ましたならば、31日には川の向こう側(バラナシでは古くより<不浄の地>とされる貧困層又、以前で言うならばアウトカーストの地)での開催もしたいと考えております。

 

 

④ 出演予定アーティスト(随時更新)

 

 

 

現在参加予定のアーティストは以下の通りです。(A→Z順)

 

・AO YOUNG (DACHAMBO)

・アリエル 

・DJ KOKUSHO (Mighty Zulu Kings)

・DJ 人間宇宙 (aumproject代表取締役)

・劇団まほうつかい

・軍(BUGS−N−LIFE)

・Horimono Suzuki Jutaro (TatooArtist)

・じょっちゃんバンド

・要

・國武神

・コウイチロウa.k.a KRAW (GRIMREAPERZ)

・小山田壮平 (andymori.AL.Sparkling Records)

・Ryuta Ishimot (aumproject)

・流石仁人

・U-KEY (From Bangkok)

 

*出演アーティスト詳細はVARANASIWASSHOI公式ホームページ、FacebookイベントページにてUP予定。

FaceBookイベントページ

公式ホームページ(開発中)

 
⑤ クラウドファンディングを行う理由

 

 

この祭典は商業的な催し物では無く、聖地バラナシで平和への祈りを込めて行う為、参加費を無料で開催したいと考えています。

聖地バラナシで日本の「おもてなし」の心意気を込めて、無料開催。

その為に皆様からの支援を必要としています。

 

 

 

⑥ 資金の使い道

 

 

・クラウドファンディングで支援して下さった方へのリターンの制作、出荷。

・会場設立の基礎(舞台、音響機器、搬入・搬出、装飾)資金。

・この祭典の為の、インドと日本の文化を融合させた「神輿」の制作をしたい。

・国内外から更にリアルなアーティスト、ミュージシャンを招待したい。

・日本式の「櫓」スタイルのステージを作りたい。

・バラナシでは不浄の地とされる川の向こう岸でも祭典を開催したい。

 

 

 

⑦ 最後に

 

 

 

誰もが財政的に貢献できる訳ではないことも理解しています。是非お友達やご家族にお伝えし、共有してください。

皆様、ありがとうございます。先を見据えて楽しみにしています!

 

 

 

ガンガーから宇宙へ

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください