プロジェクト本文

<2014/07/17追記>
---------------------------------------------------
下記の活動報告でご連絡させていただきました通り、
当初予定していたWishing Wallが現在閉鎖となっている事実が発覚しました。
http://camp-fire.jp/updates/view/6355

せっかくNYにご自身の夢が掲げられると思い楽しみにしていた方には大変申し訳なく思っております。

Wishing Wallはなくなったわけではなく、オンラインでは投稿可能であり、現在投稿くださったパトロン様の夢については、文字化けで夢の内容が不明になることを防ぐためにこちらでネイティブチェックの入った英訳をさせていただき、投稿を完了させていただきました。
(リターンでもあった「夢の内容のFacebook、ブログ、HPへの投稿」について、投稿画面のキャプチャーを使い、順次公開させていただきます。)

現在、手配が難しくなっているリターンとしては、

全員:NYのWishing Wallにあなたのお名前と夢を書いて貼ってきます。
3000円以上のご支援をくださった方:5枚のポストカードのうち1枚はあなたの夢を書いたWishing Wallのプリント
5000円以上のご支援をくださった方:Wishing Wallに貼ったあなたの夢の画像をデータで送付

になります。

プロジェクトは現在進行形ですので、2014年7/16以降に、ご支援いただいた方には、「NYのWishing Wallにあなたのお名前と夢を書いて貼ってきます」の代替として、「あなたの夢をネイティブ翻訳してオンライン投稿」とさせていただきます。
※プロジェクト終了の8/1までに夢についてご連絡がない場合には、その方に合うような夢を私が考え、ネイティブ翻訳して投稿させていただきます。

「5枚のポストカードのうち1枚はあなたの夢を書いたWishing Wallのプリント」の代替として、
「NYから現地のポストカードでメッセージを送付」とさせていただきます。

「Wishing Wallに貼ったあなたの夢の画像をデータで送付」の代替として、
「こちらで撮影したNYタイムズスクエアの写真画像をデータで送付」とさせていただきます。

また、現在、他の場所で夢を記載できる場所がないかどうか、既存のWishing Wall自体に掲載ができないかをお問い合わせさせていただいており、こちらの対応についての経過は、活動報告で順次報告させていただきます。

すでにご支援いただいたみなさまには、大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。

お詫びとして7/15までにご支援くださった方全員に、NYから現地のポストカードでお礼状をお送りさせていただきたいと思っております。
ただ、もともと500円のリターンには送付の予定がなかったため、私のほうでパトロン様のご住所について情報が一切わからない状態です。

500円のパトロン様に限り、個別に住所についてお伺いさせていただき、ご連絡の許可を得られた方のみ、お礼状を送付とさせていただきますので、大変申し訳ありませんがご了承くださいませ。
---------------------------------------------------

このプロジェクトは、獣医師で作家のOuma(オーマ)と一緒に、あなた自身が叶えたい夢を、NYの願いの壁、Wishing Wall(ウィッシング・ウォール)に掲げ、夢を叶える最初の一歩として宣言しよう!というプロジェクトです。

はじめまして。Ouma(オーマ)です。

2013年の9月に初めてニューヨーク(NY)に行き、ブロードウェイにあるWishing Wallという願いの壁に「ニューヨークで個展」と書いてきました。その時はなんのアテもなかったですが、今年7月末、縁があってNYで個展をさせていただけることになりました。
夢を宣言すること、それは自分の叶えたい夢の実現のための第一歩であり、それによって、自分の予想を超える助けが得られることがあります。これを読んでくれているあなた自身にも、あなたの夢を堂々と宣言し、その宣言通りに夢を叶えてもらいたいと思っています。

▼どんな作品をつくっているのか?

獣医さんとしてのキャリアがありながら、現在は細胞をモチーフとしたアート作品の制作を行っています。
イキモノが好きなこともあり、人に遊ばれて大切に古びていくような、体験できる作品の制作を心がけています。

▼なぜ獣医さんがアートの制作を行っているのか?

「獣医さんの仕事は治療ではなく、人の心を癒すこと」
誤解されがちですが、獣医さんのお仕事は動物の治療ではありません。
治療は手段であり、『傷ついたご家族の心を癒やすこと』が獣医さんのお仕事の本当の目的になります。

獣医時代に、亡くなった患者さんのご家族に、その子の絵と共にお手紙を送っていました。

1

手紙を受け取ったご家族の中には、「うちの子が帰ってきてくれた」と言って涙を流して喜んでくださる方もいました。
人と動物という違いがありながら、ご家族の絆の深さを痛感させられるシーンが多く、絆を結ぶのに血のつながりは関係ないのだ、ということを学ばせていただきました。
人の心を癒やす、という獣医師としての仕事の本質を全うするために、西洋医学や東洋医学など、既存の医療の枠にこだわらなくてもいいのではないか。
その人の心の奥に響くものがあれば、その人にとって最も効果的な癒やしになるのでは、そう思ったのが、アート制作を始めたきっかけです。

▼アート制作を行う上での目標

「自分の可能性を広げ、自分自身を信じる力になって欲しい」

プラセボ効果という、単なるラムネでも本人が信じれば薬以上に効果が出るという現象があります。
皮膚を切って再度縫い合わせただけのニセの外科手術ですら、本人が「手術された!」と信じきったおかげで効果があったという例も報告されているほどです。
真に本人に適した治療というのは、その人の自己治癒力を引き出したものではないか、私はそう考えています。

2

私はこの作品のように、鑑賞する人が体験できる作品を世界中で作りたいと思っています。
こちらの作品のテーマは「自己受容と自己治癒」であり、細胞をモチーフとした作品の内部に入り、自分自身を内側から知ろう、そんなコンセプトがありました。

この展示では、絵に直接乗って鑑賞していただいたのですが、絵の部屋の中に足を踏み入れた人は、表情が変わるのです。
幸せな体験を五感で感じている時、不安や悩みは消え失せます。
私はそういうものが作りたいのです。

「自分で自分の能力を確信する」
自分を信じて自ら一歩を踏み出せること、それが人にとって最も効果のある癒やしです。

どんなに壮大な夢も、最初の一歩は「自分はこれをやるんだ!」という宣言から入ります。このプロジェクトでは、あなた自身が叶えたい夢を手にするための最初の一歩になるように、世界に向けてあなたの宣言を発信してきます。

具体的には、今回のご支援のお願いでは、私の活動を応援してくださったことが、あなたが叶えたい夢の第一歩となるように、サポートしてくださった方全員のお名前とご本人の夢をニューヨークのWishing Wallに代筆してきます。

3

▲世界中の夢が集まるWishing Wall

ニューヨークのブロードウェイにあるWishing Wall(ウィッシングウォール)は、世界中からニューヨークを訪れた人が、自分の願いをこの壁に貼るという、まさに「願いの壁」です。
この紙はニューイヤーとともにタイムズスクエアを舞い、ニューヨークは人々の夢で満たされるのです。
あなたの夢も多くの人の夢と一緒に空を舞い、確かに叶うように、願いを込めて書いてきます。

4

▲2013年9月に私自身も訪れ、「NYで個展」と、「世界中が幸福に!」と書いてきました。

(Tomoは私の本名です^^)

それから約1年、私はニューヨークで個展をする機会を得られました。
あなたにも同じように、自分の夢をつかんでもらいたいと思っています。

あなたの願いを込めて書かせていただいたWishは撮影し、FacebookやTwitter、ホームページでお名前と共に公開させていただきます。
1人では心が折れそうになる時も、同じように頑張っている仲間を知り、自分自身の力に変えていっていただけたら嬉しいです。

▼過去の活動と創作テーマ

全ての作品の根幹にあるテーマは「自己受容と癒やし」です
人が触れ、体験できるインスタレーションを作っていますが、同時に世界の細胞レベルに分解し、つながりを変えて再構築していくことをコンセプトとしたフォトワークも行っています。
2011年から活動を始めたばかりで、テーマを探求する中で、多くの可能性を模索している最中です。

2013.1 自己受容と自己治癒の美術 初めての個展の様子です。


2013.7 カフェでの壁画制作。
5

2013.12 細胞1つ、1人分の生命の表現。中に入って鑑賞する作品「細胞膜」
6

2013.12頃から始めた世界中の「赤」や「空」を集めたフォトグラフィシリーズ『COLORS』
7

世界中の空を朝昼夜の時間を問わずに切り取り、混ぜあわせた作品「SKY」
時空間を超えた世界の空が一度に味わえる作品で、モンゴルやアフリカ、ニューヨーク、ロサンゼルス、オーストラリア、フィリピン、韓国、日本、などの空が混ざり合っています。

8
世界中の「赤」や「緑」を集めて分類し、再構築した作品。
自分が「赤」と考える色は本当に「赤」なのか、『境界』がテーマです。

その他の作品
9

【ホームページ&Facebookページ】
http://oumavet.com/
https://www.facebook.com/tama11medama

▼主な展示経歴・受賞歴

【最近の主な展示経歴】
2014.5 「微」展 Gallery Coen, Kanagawa (Solo)
2014.4  The Senses, Linus Gallery, LA (Group)
2013.12  Onward - Navigating the Japanese Future 2013展, LA (Group)
2013.12  ARTLABO X 2013ファイナル展示、アートコンプレックスセンターTokyo (Group)
2013.1   自己受容と自己治癒の美術、ウナックサロン,Tokyo (Solo)
他、多数

【受賞歴】
2014.3  PM AWARDS CONTEST 2014 風景、エコロジー、旅行部門 ベストフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞
2013.12 グランシップアートコンペ2014 奨励賞受賞

▼個展の開催場所としてニューヨークを選んだ理由

2011年夏に、旅行ガイドブック地球の歩き方のお仕事で東アフリカタンザニアに単独取材をさせていただきました。
それ以来、私は作品の制作と発表を日本や先進国だけでなく、途上国も含め自己受容と癒やしを必要とする多くの国で行いたいと考えています。それにはまず、世界中の多くの方に私の活動と作品を知ってもらうことが必要です。
そうした考えの上で、世界中のアートと人が集まるニューヨークが、最初の一歩として挑戦するのにふさわしい場所だと感じました。
また、ニューヨークは私自身も昨年9月に訪れて以来、住みたいくらい大好きで刺激的な街です。

今回の渡米では、私自身の夢として、「世界一の獣医作家になって、世界で最も多くの国と地域で展示した作家になる」と書いてきたいと思います。
モナリザを見に、世界中の人がパリに集まるように、美しい作品はそれだけで観光資源ともなります。
私はまだまだ発展途上ですが、世界中で、人と土地の流れを作るのに貢献できるような作品が作りたいです。

▼集まった資金の使い道

実際の資金の内訳見積もり(概算)は下記の通りです。

・出展料 12万円
・渡航費 12万円
・宿泊滞在費(滞在2週間~1ヶ月予定) 18万円
・作品運搬費 5万円
・画材(和紙、墨汁、額、その他備品) 8万円
・現地での売り込み資料作成(印刷、デザイン料) 10万円

合計 約650,000円

上記のとおり、約65万円が必要となります。
今回は主に、現地への渡航費としてご支援をいただければと思い、プロジェクト掲載させていただきました。

▼支援のお願いとリターンの詳細

ご支援いただける皆様へのお返しといたしまして、あなた自身が叶えたい夢を応援するWishing Wallへの書き込み、オリジナルの原画・キャラクター制作などをご用意させていただきました。

▼500円
・HPにサポーターとしてお名前とその方の夢を公開(HPがなくなるまで)
・NYのWishing Wallにあなたのお名前(ニックネーム)と夢を書いて貼ってきます(Facebook、Twitter、HPでお名前と夢の画像を公開)
・感謝を込めたお礼のメッセージをCAMPFIREメッセージでお送りします

10

▼1,000円
500円のリターンにプラスして
・感謝を込めたお礼のメッセージ(手書き)を郵送いたします

11

▼3,000円
1000円のリターンにプラスして
・ポストカード5枚セット(そのうち1枚はあなたの夢を書いたWishing Wallのプリント)

12
※ポストカードの画像はサンプルになります。何が届くかはお楽しみ^^
1枚はWishing Wallの画像をポストカードサイズにプリントしてお送りいたします。

▼5,000円
3000円のリターンにプラスして
・Wishing Wallに貼ったあなたの夢の画像をデータで送付します
・みじんこトート1袋(CAMPFIRE限定キャンペーンセール)

13
『みじんこ』とはOumaとデザイナーの友人の2人によるアート・プランニングユニットの名前です。 ちょっとしたお買い物のエコバックとしても便利な『みじんこ』ロゴをあしらったトートバックになります。

参考:新感覚アート・プランニングユニット『みじんこ』
http://mijin-co.me/

▼10,000円
5000円のリターンにプラスして
・はがきサイズの額装手書き原画1枚(動物の家族がいる方は、写真を送ってくだされば、その子の絵を描いてメッセージ付きでお送りします)

14

▼30,000円
10,000円のリターンにプラスして
・あなたのイメージにあったキャラクターイラストを制作
GIF、PNG、JPGファイルおよびポストカードにプリントしたものをお届けします
(商用利用以外のあらゆる用途にお使いいただいて構いません)

  15
こちらのキャラクターはサンプルです。
あなたのイメージのキャラクターを新たに描き下ろします。

▼50,000円
30,000円のリターンにプラスして
・あなたのイメージにあったキャラクターを使い、オリジナル名刺を作ってお送りします(100枚入り)
(名刺に入れてほしい内容について、ヒアリングいたします)
・3Dプリンタで作られたiPhoneケース(純白、オフホワイト、蓄光のいずれかを指定できます)(CAMPFIRE限定キャンペーンセール)

16
名刺のデザインはサンプルです。
実際は、あなたのイメージキャラクターを使って100枚デザイン&プリントしてお送りいたします。
また、名刺に入れて欲しい内容については、事前にメールにてヒアリングさせていただきます。

17
今話題の3Dプリンタで作られたiPhoneケースです。
このチェーンの模様は3Dプリンタでないと制作できない形状になっています。その3Dケースに絵柄をプリントしたものをお送りします。
サンプルは緑のケースになっていますが、実際は純白かやや黄色みがかったオフホワイト、光をためる蓄光のいずれかをご選択いただきます。

▼100,000円 3名限定
50,000円のリターンにプラスして
・みじんこTシャツ1枚(XL、L、M、S、XS)(CAMPFIRE限定キャンペーンセール)
・あなたのイメージに合わせたA3サイズ手書き原画を額装してお送りします
(事前にメールかスカイプでヒアリングさせていただき、約1ヶ月かけて仕上げます)

18
Oumaの所属するアート・プランニングユニット『みじんこ』のオリジナルTシャツです。(XL、L、M、S、XSより1枚お選びいただけます)

19

▼ここまで読んでくださったあなたへのメッセージ

長い文章にも関わらず、ここまで読み進めてくださり、ありがとうございます。私がここまで来るまでに、多くの方がサポートしてくださいましたが、またこうして新しいつながりができることを嬉しく思っています。今回のご縁でつながった方々の夢が、これをきっかけに花開くことを心より願っています。

Ouma 拝

20

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください