Sketchy Nox というブランドオーナーをしております。便利な時代の今。ネットで簡単にショップ開設も、ブランド立ち上げもできる時代です。画面の世界でデザインに込められたストーリー、その良さを感じてもらうのは難しいと感じました。ならば。見て、触れられる場所を設けたいと、思ったのです。

プロジェクト本文

ご覧いただきましてありがとうございます。

アーティスト 無明長夜 と申します。

 

現在は夜だけを撮るフォトグラファー、さらにSketchy Noxのブランドオーナーをしております。

写真を軸にアートとして、様々な分野に挑戦したいとして日々もがいております。

▼このプロジェクトで実現したいこと
▼プロジェクトをやろうと思った理由

Sketchy Nox は 今年の8月に立ち上げた、まだまだ無名のブランドであり、

実態を持たないネットショップのみの販売をしています。

 

Sketchy Noxは「怪しい夜」を意味します。

 

私がフォトグラファーとして撮る夜は、

ただ綺麗な夜を撮るのではなく、どちらかといえばネガティブさを表現しています。

”綺麗”で終わるような一枚ではなく、何かストーリーを持っているような。

そんな一枚を探して、日々の夜にシャッターを切っています。

 

 

写真を撮る中で、写真の展示やイベントで、初めて写真を印刷した時。

データ上で見るだけでは感じられないものがそこにありました。

近年のファッションには何も感じない。そう思っていた最中、この手に取って見る写真に私は

ブランドの背景じゃなくて、デザインに込められたストーリーを大切にしたい。

その思いから、自身が撮った写真を中心に、ファッションに落とし込んだのがSketchy Noxです。

 

↑胸のバーコードフォントには「そこに希望はない」という言葉。

 バックには捨てられて、雨に打たれて、ぐずぐずになったタバコ。HOPE。

 

しかし、結局はショップに並べられるのは商品画像。

このストーリー達にまで目を向けてもらえない。触れてもらえない。

 

手に取って、一枚一枚の生地感、プリントの具合、デザインに込められた意味。

これらを感じて、私のブランドを知ってほしい。好きになってほしい。そんな思いからこのプロジェクトを考えました。

▼資金の使い道

ポップアップショップの要となる、レンタルスペースの場所代

 今回、最もお金のかかる部分となります。2日間、都内近郊での開設を検討しています。

ショップに並べる商品の生産費、ブランドタグや梱包費用

 現在は完全受注生産体制を取っているので、ポップアップショップに向けて各品の生産。

 商品タグや、袋にも妥協したくないので、今回のポップアップ用に作成します。

ショップ内備品の準備費用

 ハンガーやラック、デザインに使用した写真などを同時に展示し、より当ブランドの世界感を表現し、盛り上げるために準備を行います。

▼最後に

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何卒、よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください