ーー北海道空のジャガイモを使った、絶品フライドポテトを提供したいーー 北海道のジャガイモは生産日本一でありながら、既存のフライドポテトというと、ほとんどが既製品が使われている状況にあります。北海道のおいしいジャガイモを活かして本当においしいフライドポテトを日本中さらには世界に広めていきたい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 北海道美唄市に住んでいます、齋藤誠輔です。この度は自分の夢であるフライドポテト専門店をオープンさせるべく、クラウドファンディングを利用させていただくことになりました。
 私のお店に賛同していただける方、よろしくお願いいたします。

                                        

【自身の経歴】
2015年3月 北海道教育大学教職大学院 修了
2015年4月 北海道札幌市平岸高等学校 保健体育教諭
2016年4月 北海道札幌市美園小学校  第2学年担任
2017年5月 ニュージーランドへ渡る
2018年2月 First Pacific Capital NZ Ltd.に入社
     ・日本食レストランの立ち上げとマネージャーを経験する

                                        

【お店の名前について】

ASOMBROSO(アソンブロッソ)とはスペイン語です。
意味は「Amaging、素晴らしい」です。
ニュージーランドに住んでいた時、2人のコロンビア人、フィジー人とインド人とルームシェアをしていた時に、僕が日本に帰ったらフライドポテト専門店を開く旨をみんなと話していた時に一人のコロンビア人が、「Such a amazing thing」と僕に言ってくれました。そして僕は「Amagingはスペイン語でなんていうの?」と訊いたところ、
「Asombroso」と答えたので、一瞬でこの音の響きを気に入り、お店の名前にすることにしました。
 食べ終わった後に「素晴らしいね~ASOMBROSO~」とお客様に言っていただけるよう努力したいと思います。

※Aの横の5本の棒はフライドポテトを表しています

                                        

▼このプロジェクトで実現したいこと

 北海道のジャガイモは生産量日本一です。しかし、私たちが普段口にするフライドポテトのほとんどは、外国産の既製品が多いように感じます。そこで、北海道産ジャガイモの旨さを活かし本当に旨いフライドポテトを消費者の方に提供したいです。
 特に私の地元の美唄市あるいは空知地区の農家さんと協力をして、北海道のみならず全国に、さらには海外に北海道のジャガイモの良さを普及していければと考えております。

 はじめはキッチンカー(移動販売)での営業となります。今後、実店舗を構え、フランチャイズ展開も視野に入れて活動をしていこうと思います。本格的なオープンは来年度からになります。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

・ニュージーランドでの出会い 
 私は国立大学の大学院を修了し、2年間札幌で教員として勤めました。しかし、人生一度きり、自分で「道を切り開き、そこに自分のレール」を敷きたかった。
 そんな気持ちから教員を辞め、単身ニュージーランドに渡り、英語とレストラン経営を学びました。また、ニュージーランド縦断一人旅での人との出会いや、国外の様々なものを見聞きし、肌で感じることを通して、感化を受けました。
 旅の道中、今までに食べたことのない絶品フライドポテトに感激し、

よしこれを日本でやろう!!それが理由です。

~一人旅の様子~
・ヒッチハイクで出会った男性と夢について熱く語りました。

 








▼これまでの活動

・販売品目の考案
フライドポテト
 地元農家から直接仕入れたジャガイモを丁寧に下処理をし、こだわりの油でハーブと一緒に揚げることで、香りよく、中はホクホク、外はカリッと仕上げることができました。

タイムのグレービーと豆腐チーズ        ゴルゴンゾーラチーズ
     


  フムスとチリソース(VEGAN)         手作りマヨネーズ

    ミートソース


チアシードスムージー
砂糖・動物製品を一切使わない(VEGAN)

黒ゴマ

   

MIXベリー

 

グリーン


                                        
VEGANビーガンとは
 「絶対菜食主義」のことで、いわゆるベジタリアンよりさらに厳格な方を指します。ビーガンの方は卵や乳製品に至るまで一切の動物製品を口にしません。と聞くと抵抗を抱く方もいらっしゃるかと思いますが、全くそういったことはなく。かえってとても健康的な食習慣と言えます。
 日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米ではここ数年で爆発的にその人口が増えてきており、間違いなく日本にもビーガンのブームが来ると考えています。
  アメリカ・・・・・約2000万人がビーガン
  ドイツ・・・・・・人口の約10%がベジタリアンまたはビーガン
  イギリス・・・・・約54万人が菜食を実践
  オーストラリア・・人口の約11%がベジタリアンまたはビーガン
                                        

・キッチンカー作製
 これからキッチンカーの作製に入ります。もちろん見た目にもこだわり、他には無いようなおしゃれなキッチンカーを造りたいと思います。


・食品衛生責任者の取得


・出店先の確保

 1.岩見沢SA
   出店に向け、所定の書類を作成中です。これを提出した後に審査が入ります。
  審査が通れば4月末から10月末までの営業が可能。

 2.三笠道の駅
   上記が不可能だった場合、ここでの出店が可能。年中を通して。

 3.ヒラフ(スキー場近隣にて)
   ここの地域は冬になると外国人観光客でいっぱいになる。そこのスキー場の一角
  にキッチンカーの集う場所があり、冬季間はここでの販売が可能。

 4.北海道空知地区におけるイベント
    その他年間を通して、この地区で開催されるイベントに出店予定。
   例:三笠鉄道村、美唄かぶら祭り、岩見沢北村かっぺ祭、月形夏祭り、
     栗山町JA農業祭、岩見沢百餅祭り、新戸津川雪まつり、由仁町さくら祭


・地元農家さんとの関係づくり
 ・地元のイベントや講演会への参加
 ・空知振興局職員や商工会議所職員の方との交流
 ・美唄市「坂本農園」の坂本ゆきこさんとの交流


▼資金の使い道

主にキッチンカーの改造費と運転資金に充てたいと考えております。

▼リターンについて

1000円:ASOMBROSO提供券(お好きな商品1点)

3500円:ASOMBORSO提供券(お好きな商品4点)

8000円:ASOMBROSOオリジナルキャップをお送りいたします。

11000円:オリジナルキャップと提供券(お好きなもの4点)

▼最後に

小生、まだまだ未熟者ではございますが、よろしくお願いいたします。
お店のSNSだけでもフォローしていただければ幸いです。

お店のSNS
Instagram: https://www.instagram.com/asombroso.catering
Facebook: https://www.facebook.com/ASOMBROSO.catering.service

  • スクリーンショット  65
    活動報告

    キッチンカーの原案が出来上がりました!

    2018/12/08 19:47

    ご支援くださり、ありがとうございます。キッチンカーの原案が出来上がりました。とにかくシンプルに!!!この原案に木(ウッド)を盛り込みたいと考えています。車の改造は北海道札幌市のHokushin Cateringさんにお願いしています。僕の細かい要望にも親身にきいてくれます。そして北海道のどこの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください