【本日で終了!ストレッチゴール150万も達成!次なるストレッチゴール230万円を目指します!】 HEREはこの秋『タイアップは君だ』発売にあたり、この曲のPV制作プロジェクトを立ち上げます!ロックPV至上最高のPVを創り上げる為、皆様のロック先行投資、宜しくお願いします!

プロジェクト本文

【ストレッチゴール150万円達成!!次なるゴール230万円を目指します!!】

皆様の熱いご支援のおかげで150万円を達成いたしました!HERE一同より心より感謝を申し上げます!

この達成を受けまして、次なる目標は230万円を設定させて頂きました!このゴールを達成いたしましたら来年初旬に都内ライブハウスにて『HERE無料ワンマンライブ』を開催いたします!我々もこの企画達成に向けて会場リサーチ等の下準備を始めました。このライブ是非とも実現させて皆様にロックのパワーをお届け出来る事を願っておりますので、皆様の熱いご支援、ご注目を引き続きよろしくお願いいたします!

(9月28日更新文章)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【公開6日目にして目標金額サクセス達成!!現在ストレッチゴール150万円を目指してます!!】

HEREニューシングル『タイアップは君だ』PV制作ロック先行投資プロジェクトを立ち上げてから6日目の9月18日に見事、目標金額の100万円に達しました!!
誰も予想だにスピードサクセスで、HEREメンバー&監督一同、歓喜しています。改めてご支援頂いた皆様に心より感謝を申し上げます!!

そしてまだ公開期間が残ってますので、さらにストレッチゴールとして次なる目標を150万円にします!!
もし150万円に達した場合、HEREは今年中にスタジオレコーディングを敢行し、来年2017年に採算度外視の500円ワンコインシングルを発売します!!
これをキッカケに2017年のHEREの活動がより激しくなるよう引き続きご支援、何卒宜しくお願い致します!!(9月20日更新文章)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当プロジェクトをご覧の皆様、

僕たちは日本ロックシーンにおいて最もハイテンションなロックバンド「HERE」です!!

2016年は3rdアルバム『ハッスル』の発売で始まり、渋谷TSUTAYA O-WESTワンマンライブ、私立恵比寿中学のツアーファイナル公演でのサプライズコラボ、テレビ東京バラエティ番組出演、ギター武田将幸の9mm Parabellum Bulletのサポート等、 非常に活発な活動となりました。

だがしかしHEREはまだまだ攻めます!!

初の東名阪ワンマンライブに加え、2016年11月2日に3曲入りニューシングル『タイアップは君だ』を発売することが決定しました。

この曲はなかなかタイアップが取れないHEREが、勝手にタイアップソングを作ってしまいました。

そしてタッグを組むのは「君」です。

慌ただしい毎日、理不尽な世の中を生き抜き、いつも戦っている「君」への応援ソングです。

このシングル発売に伴い、リード曲『タイアップは君だ』のPV制作に向けて、「HERE『タイアップは君だ』PV制作ロック先行投資プロジェクト」を立ち上げます。

PV監督には、「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」「感情超常現象」「CHAOTIC SYMPATHY」「はっきよい」「この世界よりこんにちは」、HEREの全PVを手掛けた丸山太郎監督を迎え、今までの作品から更にHEREの世界観を爆発させた作品を作りたいと思っております。

このプロジェクトの過程を皆様と共有し、HERE至上最高のPV作品にしたいと思っております。

 

 

【HEREボーカル尾形回帰よりこのプロジェクトについて】

僕らHEREはこれまでDIYでの活動を基本理念としてきました。

バンドのメンバーがそれぞれの役割を持ち、自分たちでマネージメントする。

レコード会社の景気に左右されず、バンドが自立し、メンバー自身がやるべきことを考え、そして本当に作りたいものだけを作る。

これでHEREが売れたら、バンドの新たな活動方法を日本のロックシーンに提示できるし、音楽業界は絶対に面白くなると確信しています。

そんな野望を持ちつつ、地道な活動もあってかHEREは少しづつやりたいことが出来るようになってきました。

ただやはり、常に予算との戦いでありました。

今回、発売するシングルの楽曲も、HERE史上最高の出来だと確信しています。

これは発売する度に言ってるので信じてもらえるか不安ですが笑。

いや、今までも最高を更新してきたはずです。

それは皆さんも解っていると思います。

そこでPVも予算に妥協せずに作りたいという思いが強くなりました。

やりたいことは沢山あります。

どこまで実現出来るかわからないですが例えば、ダンサーを引き連れ、マイケルジャクソンさながらのダンスPV、特効での爆発、ワイヤーアクション、監督からはCGを使うのはどうかという提案もあります。

そんな時にクラウドファンディングを思いつきました。

いつも応援してくれている皆さんに素直に頼ろうと思いました。

 皆さんの期待は絶対に裏切りません。

HEREにロック先行投資して下さい。

宜しくお願いします!!

 

【丸山太郎監督より】

PVディレクターの丸山です。

今までのHEREのPVの全作品を作ってきました。

過去の作品については、予算がないながら、DIY精神とメンバーの捨て身な姿勢により、力をあわせ、最高のものを作ってきたつもりです。

今回、クラウドファンディングということですが、正直、それがよいことかどうか、わかりませんでした。

今までは、「お金がない」という状況を逆手にとり、その逆境を力にして、価値観が転倒するようなおもしろさを追求していたからです。

しかしながら、これは私にとって、「機会」です。

「機会」を与えられること、人生にとって、とても貴重なことだと考えました。

私が考えるべきは、「機会」をどのように使うかだと思っています。

予算が増えたからといって、「私やメンバーが、今まで以上にハッスルしても」今までと変わりがないものになってしまうと思います。

また、高いスタジオや高価な機材を借りたからといって、はたして今まで以上に良いものになるでしょうか?

であれば、今までの作品の枠を超えるためには、私のできないことができる、その能力を持った人をむかいいれて、作品を作るべきだと思いました。

楽曲のタイトルにもあるように、結びつき「tie up」です。

例えば、コンピュータグラフィックスのクリエイターです。

他にもいろいろな才能を持った人を見つけたいです。

そうした才能と出会うこと、その才能に対価を払えること、そして、作品を未知の領域に導いていくこと、これが、今回の「機会」でやるべき方向だと思っています。

今回の企画で目標金額に達しなくても、PVは制作されます。

集まった金額に関わらず、今まで通り、最高のものを目指します。

ただ、資金が集まることを前提で、ある程度、壮大な内容を考えて撮影はおこなわれますので、予算の関係で、CGの合成等が、できなかった場所は、そのまま残ってしまいます。

それはそれでおもしろい気もします。

私が一番思うのは、あまり無理をしてほしくないのです。

楽しいと思える範囲の中で、結びついていただきたいです。

私からは以上です。よろしくお願いいたします。

 

【過去のHEREの丸山監督によるPV作品】

『死ぬくらい大好き愛してるバカみたい』

 

『感情超常現象』

 

『CHAOTIC SYMPATHY』

 

『はっきよい』

 

『この世界よりこんにちは』

 

【資金の使われ方】

CGクリエイターギャランティー

スタジオ使用代

監督ギャランティー

撮影機材、交通費等

交通費等

【サクセス以降の資金の使われ方】

衣装代

媒体プロモーション費

2017年発売予定作品のレコーディング費として使います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください