ドコでもあるモノから ドコにも無いモノを——三重県鈴鹿市で、少数精鋭の車作り集団がほんの遊び心で作り始めた電動キックボード。ふと気が付いたらどんどん本気になっていて、徹底的にこだわったフルカーボンボディと、滑らかでメリハリのある走りが特徴的な「 Sunameri 」ができあがりました!

プロジェクト本文

【Sunameriに乗ってみませんか?】(3月3日15:00更新)
大好評いただいているSunameriプロジェクト。
実際に乗っていただいて、Sunameriの面白さを感じて欲しい!という想いから試乗会を企画しています。

3月10日(日) 鈴鹿(近鉄線白子駅付近・白子ー千代崎の海岸沿い)
3月16日(土) 鈴鹿(近鉄線白子駅付近・白子ー千代崎の海岸沿い)
3月21日(木) 名古屋 (金城ふ頭)
4月7日(日) 神戸(六甲アイランド)

申し込みはこちらから → 試乗会のご案内

私たちはこの度、公道走行可能な電動キックボード「Sunameri」を開発しました。
フルカーボンで実現した軽くて丈夫なボディと、こだわり抜いた走りの面白さ、これはまさに電動キックボード界スーパースポーツと言っても過言ではありません。
最初は遊びから始まったものづくり、ただただカッコよくて面白いものをまさに「作りたいから作った」だけなのですが、本当にいいものができたのでこの楽しさを少しだけ皆様にも共有させてください。

フヂイエンヂニアリング株式会社について

はじめまして!フヂエンことフヂイエンヂニアリング株式会社です。

2006年から三重県鈴鹿市を拠点としてスタートしたフヂエンは、「車を通じて生活を楽しむ」を旗印に、物作りが大好きな社員が集まる工房です。

日々レース車両のエンジンを組み立てたり、自動車をゼロから製作したりしながら先進技術を磨き、応用範囲を拡大してきました。

その技術を活かして、「 ドコにでもあるモノから ドコにも無いモノ 」を作っています。

写真のようなオリジナル車両のデザイン、製作も手掛けてきました。

フヂエンが目指しているのは「 カッコいい車をゼロから作る ということ。

私たちが考えるカッコいい車とは

・メカも外装も全ての調和がとれた、思わず見惚れるような車

・走っている時に自分と車がシンクロしている感覚を味わえるような車   

これらを具現化するには、多くの人の力と高度な技術、最適な環境が必要で、途方もない道のりを歩み続けなくてはいけません。

乗り物を発想するそれを形にする実際にものを作る→社会に届ける

この過程を1つずつ達成し魅力的な車を作り上げていくために、様々なバックグラウンドを持った個性的なメンバーが集まり、日々切磋琢磨しています。

一見バラバラに見えるフヂエンメンバーですが、共通していることがあります。

「お店の物は少し高いし、良い物がないな」「ここを改良したらもっといいのに」と思ったら、「 それなら作ってみよう! 」と、とにかく何でも自分たちで自作すること。


プロジェクトの経緯


3年程前から車作りの合間に、ほんの遊び心で、スーパーカブを電動にしてみたり、ハイパワー電動バイクを作ってみたりしていました。

悪い癖でどんどんこだわり始め、気が付いたら本気も本気に。


2018年の年賀状「フヂエンが2018年に作るかもしれない乗り物」


そして遂に昨年、カッコいいパーソナルモビリティ「 Sunameri 」が出来上がりました!!



まさに、「作りたいから作った」だけ

当初販売の予定は全くなかったのですが、乗り回すうちに「 めちゃくちゃ便利だし、めちゃくちゃ面白い 」ということが分かり、ついつい皆さんに共有したくなりました。

ということでCAMPFIREにて販売させていただきます。

だけど、こだわりまくった故に作るのがとても大変です。

なので今回は数量限定販売とさせていただきます!

そして、クラウドファンディング大特価です。

というのも、外装のカッコ良さのみならず、走り心地の良さ、面白さを追求する為にテストを重ねた「 Sunameri 」ですが、日常の動きの中ではまだまだ想定外のことが起こり得ます。

Sunameriをさらにパワーアップさせるためにも、今回ご購入いただいた皆さまにはガンガン乗っていただき、フィードバックをしていただきたいと思っています。電話やメッセージ等でヒアリングをさせていただく予定です。

そして何よりこんなフヂエンを、優しく温かく応援してくださる方、一緒にわくわくしてくださる方と出会うため、このプロジェクトを立ち上げました。

どうぞよろしくお願いします。


Sunameriの魅力

〈 魅力① フルカーボンファイバーボディ 〉

ロードバイクや航空機等に広く使われている、カーボンファイバーをボディ全体に贅沢に使用しています。レース仕込みのカーボン成型技術を持つ、フヂエンだからこそのこだわりです。船底型のバッテリーボックスは、カーボンファイバーモノコック構造となっており、外装全体のしなりで体重を分散させながら凸凹した路面でもスムーズに走行出来ます。

カーボンファイバーとは、

・鉄と比較すると比重で1/4
・比強度は10倍
・比弾性率は7倍

という軽くて丈夫でよくしなる、まさに「 スーパー素材 」のことです。
カーボンファイバーを使うことで総重量20kgと、強力なバッテリーとモーターを搭載しながらも非常に軽い乗り物を作ることが可能となりました。


〈 魅力② どこにでも連れていけるコンパクトさ 〉

レバーをワンタッチすることでハンドルを折り畳むことができ、そのまま前輪を転がして階段の上り下り等どこまでも行けます。車や電車への積載時の省スペース化も実現しました。

※試作途中の写真の為、実際にお届けするものとは若干違います。ご了承ください。

ロックピン解除で折り畳み可能に

 

〈 魅力③ 日本の道交法の保安基準を満たすことで、可能となった公道走行 〉

設計から製作まで日本で行っているからこそ、丁寧に日本の基準に沿いながら作りました。普通免許を持っていれば、ミニカー登録をしてナンバーを申請、公道の走行が可能です。アクセル、ウインカー、ホーン、スピードメーター、ディスク式ブレーキなどの操作機能もハンドル周りにレイアウトし、扱いも容易です。


魅力④ レースで鍛えられてきた、走りへのこだわり 〉

最高速度50kmという速さを担保しつつも、きちんと曲がり、止まるという基本要素に磨きをかけました。ハンドルを切るのではなく体重を掛けることで曲がる、他の乗り物にはない面白い動きを体験できます。前向き乗りから横向きへ練習して乗りこなしていってださい。まるで路上でサーフィンをしているような、スノーボードに乗っているような、不思議な感覚が味わえます。身体全体で操りながら道路を駆け抜ける楽しさを味わってください。


魅力⑤ Sunameri専用開発サスペンション 〉

前輪後輪両方に専用設計( 特許出願済 )の4㎜厚カーボンファイバープレートサスペンションを使用しています。部品点数を減らし軽量化、バネ下が軽く、かつ低重心の本体設計を施しました。安定感のある走りを実感していただけます。


魅力⑥ Sunameriという名前とデザインへの想い 〉

スナメリは小型のイルカです。小さいながら、しなやかで艶やかな質感と俊敏で滑らかな動き、愛らしい見た目から連想してこのデザインと名前になりました。
フヂエンがものづくりをする三重県の伊勢湾はとても美しい海で、多くのスナメリが生息しています。
穏やかで美しい海をのびのびと泳ぐスナメリをイメージして、無駄のない美しいシルエットを作りあげました。

Sunameriを生活のパートナーに


Sunameri はとてもコンパクトなので、あなたの行くところ、どこにでもお伴します。

新しい移動の手段は、あなたの生活を少しだけ豊かにしてくれることでしょう。

天気の良い日は、車ではなく、電車でもなく、Sunameri に乗って風を感じながら、季節を味わいながら、時には空を見上げながら、仕事に行くのが楽しいかもしれない。

休日の遠出にも車に積み込んだり、電車に乗せて、連れて行ってください。

外出先の素晴らしい景色を、Sunameri があなたと一緒に楽しんでくれます。

ちょっとコンビニに買い出しに行くのに、車のエンジンをかけて車庫から出すのは何となく面倒くさい。

そんな時 Sunameri なら、すぐに乗り込んで、サッとスマートに移動ができます。

生活のあらゆる場面で、Sunameri をパートナーに。


Sunameriの仕様

※ 現在もベストな使い勝手とカッコ良さを実現させるため改良作業を行っておりますので、若干情報の変更がある場合がございます。ご了承ください。

※ Sunameri は一般的な電動キックボードとは全く違う動きをします。数分の練習を要しますが、慣れれば小柄な女性等でも自然と乗りこなせます。


車両ナンバー申請方法・自賠責加入方法

↓ 説明ページでご案内しています。ご覧ください。

車両ナンバー申請方法・自賠責加入


保証について

取り扱い説明ビデオ(ご購入いただいた後にご案内致します)に準じた使用状況で、期間内に品質不良や欠陥が見つかった場合は保証をお受けいただけます。

尚送料は自己負担とさせていただきます。

・バッテリー    12ヶ月間
・その他パーツ   6ヶ月

配送時の梱包材を取り置いていただいて、それを使用してお送りください。
梱包材を紛失された場合は、料金をいただいて、新しい資材をお送りさせていただきます。


リターンについて

◎ Sunameri 本体

限定10台で Sunameri をお届けします。

初めて世に出す10台です。

今後全く同じものを発売する予定はございません(装備や形はどんどん変わっていく予定です)ので、この機会に是非手に入れてみてください!

今も絶賛改良作業中なので、このページの掲載写真の状態とお届けのものが異なる場合がございますが、ご了承ください。

安全に関しては万全を期しておりますが、日常乗っていただく中で様々な場面が想定されます。

実際に乗っていただいて、乗り心地や使い方等についてのフィードバックをいただきます。

このモニタリングの期間は 6ヶ月間 を予定しております。

この期間は、実際乗っていただいた感想や意見・アイディア等をFBクローズドグループにあげていただいたり、フヂエンスタッフからお電話やメールでご連絡をさせていただいて、いろいろとお話をお伺いできればと思っております。

メーカー希望小売価格は 42万円 ですが、今回はクラウドファンディング大特価でかなりお安くしています。また早割で早ければ早いほど、お安くなるように設定しております。


◎フヂエン工房見学 & カーボン製品作り体験・鈴鹿サーキットにてレース見学

三重県 鈴鹿市にあるフヂエンの工房の見学会 & カーボン製品作り体験会にご招待します。

カーボン製品に関して、できあがったものは後日ご自宅へ郵送させていただきます。

5月11日(土)を予定しております。同日に鈴鹿サーキットでは鈴鹿クラブマンレースが開催されますので、こちらも一緒にご案内させていただきます。

近鉄線 平田町駅 集合・解散です。

大変恐れ入りますが、鈴鹿市までの交通費や宿泊費はご自身でのご負担とさせていただきます。


◎特製カーボンキーホルダーのお届け

フヂエンの強みである、カーボン成型技術を使って、Mini Sunameri キーホルダーを作りました。手で形状を変形させる事で、靴ベラとしてお使いいただけます。名前を入れてお届けします。

どこに行くにも、Sunameri を連れて行ってあげてください!

※ デザインは今後変更の可能性がございます。


◎ FB非公開グループへのご招待

フヂエン工房の日々の様子や、Sunameri 改良作業の様子など、ディープな情報を、FB非公開グループ内でシェアさせていただきます。直接コミュニケーションが取ることができるので、あなたの声やアイディアが、Sunameri プロジェクトに反映されるかもしれません。

また標準装備からさらにパワーアップさせるための、オプション販売も予定しております。このグループにご参加の皆様から優先的にご案内させていただくことになります。

このグループでの情報共有は 2020年 1月末日 まで、定期的に更新を行って参りますが、その後は状況次第とさせていただきます。


フヂエンのスタッフと作業風景
ボディの成形、組立て梱包、サイトの更新を全てスタッフが担当します。


最後までご覧くださり ありがとうございました。よろしくお願いします。


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 活動報告

    【Sunameri突撃レポート】スケートボーダーに乗ってもらった!

    2019/03/18 20:23

    こんにちは。フヂエンSunameriプロジェクトの突撃隊長、カネゴンです。私たちはこれまでSunameriについて、スノーボードをしているような、サーフィンをしているような乗り心地ですよ~とお伝えしてきました。Sunameriは公道を走れるように設計しているため、もちろん移動手段として確立して...

  • 活動報告

    「Sunameriと過ごす休日」第一回試乗会をゆるっと実施しました!

    2019/03/11 23:02

    こんにちは。フヂエンの勢い担当、カネゴンです。とにかくたくさんの人に乗ってもらいたい!そう決意をして、試乗会をゆるっと開催しています。この日は絶好の小春Sunameri日和。第一回のゆるっと試乗会(三重県鈴鹿市)です。テーマは「Sunameriと過ごす休日」Sunameriには単なる移動手段に...

  • 活動報告

    デザイン検討会からの設計作業を進めています!

    2019/03/06 08:33

    こんにちは、Sunameri開発者の藤井です。先日、「え、いまさら変えるの?デザイン検討会」を開催して(私と健斗のふたりだけですが)、おおよその方向性と越えるべき課題等を共有して、新しいハンドルポストの製作に着手しました。今回、支援者の皆さまにお渡しするSunameriはフヂエンにとっても記念...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください