「とっておきの音楽祭inうつのみや」は「今の社会で生きづらさを感じているすべての方のために、心のバリアフリーを目指す。そのために誰もが当たりまえに楽しめる音楽祭をする。」を理念に、開催向けて活動しています。栃木初開催のこの音楽祭を、多くの方と一緒に作り上げていきたい!ご支援よろしくお願いします。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは!「とっておきの音楽祭inうつのみや」実行委員長の沼野です。

この度は、このページをご覧になっていただき、ありがとうございます。

「とっておきの音楽祭inうつのみや」について、多くの方に知ってほしい!そして、できるだけたくさんの方と、この「とっておきの音楽祭inうつのみや」をつくっていきたい!そんな思いから、このプロジェクトを立ち上げました。

 もし、考えに賛同していただきましたら、ご支援よろしくお願いいたします。


「とっておきの音楽祭inうつのみや」実行委員会は、宇都宮で「とっておきの音楽祭」を開催したい!と純粋に理念に賛同したメンバー約30人が集まり、2018年の8月に組織いたしました。

メンバーは高校生から60代まで。年齢も職業も立場も様々ですが、それぞれがこの音楽祭にかける熱い想いをもち、各々の得意分野を生かしながら、そしてはじめてのことに試行錯誤しながら、日々活動に取り組んでいます。

さて、皆さんは「とっておきの音楽祭」をご存知でしょうか?

一言で言うと、『障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指すストリート音楽祭』です。

出演者は、障がいのあるなし、音楽のジャンル、レベル関係なく、青空の下音楽で表現をしたいすべての人。

会場となるのは、人々が行きかう商店街やお店の軒下、広場などの街中です。

2001年に仙台で初めて開催され、それ以降、同じ想いを持った仲間たちが、それぞれの地域で実行委員会を立ち上げ、今では全国20か所以上で「とっておきの音楽祭」は開催されています。

次は!栃木県の番!

わたしたちは、2019年9月15日(日)に宇都宮市のオリオン通りで「とっておきの音楽祭inうつのみや」を開催します!

▼このプロジェクトで実現したいこと

障がいがあるとかないとか、音楽を楽しむことには全く関係のないことです。

障がいがある人もない人も、別に隔たりのあるものはなんにもなくて、心を通わせて、同じ空間で楽しむことができます。

だれかとつながれば心が楽しくなり 音が笑い それが街に満ちれば さらに心がつながります

「音楽のチカラ」で人と人をつなぐことができる。

それを多くの人に体感してほしい。この「とっておきの音楽祭inうつのみや」の目指す「心のバリアフリー」とはそこにあります。

そして、「外に出れば世界が変わる」

外に出れば、新しい景色や人、経験したことのない出来事に出会うでしょう。

このとっておきの音楽祭が外に出るきっかけになってほしい。そして、気軽に自由に外に出かけられる、そんな当たりまえのことが当たりまえにできる街になるきっかけになってほしい。そう願っています。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私が「とっておきの音楽祭」と出会ったのは、仙台の大学に通っていた学生の時でした。

知り合いが出演するとのことで、観に出かけたのですが、街全体が音楽で盛り上がり、通行人を巻き込んで出演者の皆さんがキラキラ輝いていた姿がとても印象的でした。

そのとき、この景色を宇都宮で見たい!

そう思い、宇都宮での開催を決意しました!


▼これまでの活動

~実行委員会設立!~

「とっておきの音楽祭」を宇都宮でやろう!と決意した有志3人で2018年8月25日に実行委員会を立ち上げました。そこから協力者を呼びかけ、理念に賛同した多くの方が集まり現在では30名ほどで組織されています。


~プレ音楽祭の開催!~

とっておきの音楽祭inうつのみやを多くの方に知ってもらうために、プレ音楽祭を2019年2月24日に開催!

来場者は200人を越え、プレイベントにも関わらず大きな盛り上がりをみせました!

アンケートには、「とても素晴らしいイベントだと思いました!」「ぜひとも成功させてください。応援しています!」「このような活動が活発になり、音楽と共にいろいろな方とつながりができ、バリアフリーが自然に生活に浸透していけるといいです。」などのコメントを多くいただき、「とっておきの音楽祭」の可能性と必要性を改めて実感いたしました。

期待を寄せてくださっている多くの皆さんの想いに応えたい!と決意を新たにいたしました。

とっておきの音楽祭の活動は全国に広がっています。

宮城県、福島県、山形県、秋田県、大阪府、熊本県、鹿児島県、兵庫県、群馬県、東京都、岩手県でも地元の市民ボランティアの実行委員会が主催しています。

『とっておきの音楽祭inうつのみや』も全国のとっておきの音楽祭に負けないような、楽しい音楽祭を目指すとともに「心のバリアフリー」を実現できる音楽祭になるよう、実行委員一同頑張って参ります。


▼資金の使い道

会場借用費、会場設営費、音響機器等借用費、広告宣伝費、グッズ製作費などに使用させていただきます。

▼リターンについて

ご支援いただいた方には、金額に応じて気持ちを込めたお礼状やリーフレットへのお名前の掲載、オリジナルステッカーやタンバリン、フォトブックなどをご用意しております。純粋な応援のお気持ちもお待ちしております。

▼実施スケジュール

2月プレ音楽祭(済)

3月会場決定

4月ボランティア募集開始、グッズ作成

5月出演者マニュアル等作成

6月出演者募集スタート

7月ステージターンテーブル決定

8月出演者オリエンテーション開催

9月15日 本番


▼最後に

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

たくさんの方々と一緒にストリートミュージックを通じて楽しい1日を過ごしましょう!

  • 活動報告

    例会をしました!

    2019/04/21 22:52

    今日は月一回の例会でした!実行委員全体が集まる機会として、月に1回第3日曜日に、各部の現状報告や、決め事の最終決定をしています。今日は、見学に来ていただいた方がいて、新たな実行委員として仲間入りしてくださいました!まだまだ実行委員を募集していますので、もしご興味がある方がいま連絡ください♩ちな...

  • 活動報告

    名前の由来

    2019/04/16 22:35

    こんばんは!実行委員長の沼野です。今日は、名前の由来を通して、「とっておきの音楽祭inうつのみや」に対する私の想いをお伝えできればと思い、投稿させていただいています。「とっておきの音楽祭inうつのみや」の名前を付けるにあたって、 inの後が「栃木」でも漢字の「宇都宮」でもないのには、私なりの理...

  • 活動報告

    副実行委員長からご挨拶

    2019/04/04 20:03

    今日も活動報告を出させていただきます。投稿していく中で、なかなかお伝えしきれていない、私たちの想いをお伝えできれば幸いです。さて!今日は、副実行委委員長の登場です。副実行委員長も、私とけんけん同様、およそ2年前からこの活動に賛同し参加してくれているスタートメンバーです。副実行委員長より熱いご挨...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください