ご自分の作品の発表の場として、各個人のQRコードでSNSやホームページに繋がり作品の販売促進や顧客の開拓、または他の作家さん達との交流も得られます。ネット上とは違う実物を展示して、年間利用料3万円、作品の展示の入れ替えも可です。作家の皆様、白石の街を盛り上げていきましょう!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして、こんにちは。私たちは仙台市在中の行政書士、木村眞智子・鈴木悠平です。普段の仕事は許認可の書類作成や提出をはじめ、相続・遺言等の仕事を請け負っています。

(写真は白石まちづくり株式会社様よりお借りしています。)


▼このプロジェクトで実現したいこと

白石には伝統的にトラフコウゾを原料とした和紙作りがあります。しかし現在は職人さんたちが高齢のため、有志の実行委員が細々と活動を続けて伝統を絶やさないようにしています。

・和紙を使った作品

・明治中期に建てられた豪商の町屋建築、すまる屋敷(和紙が展示されてます)

白石の観光資源は、街の中に古い寺・城の歴史などがありますが、メイン通りの商店街はシャッター街となり寂れております。商店街にある民家も古民家作りで趣があり、昨今のインバウンドとしての価値も多分にある街です。そのような現状を踏まえて、人が来やすい街として人と人との結びつきや温かさを前面に押しだして街をPRするためには、手作り作品の持つ温もりや作った人の想いが感じられる、そういう手作り作品を展示することでシャッター街に彩りを添え、来た人々に幸せな思いを伝えられると思いました。この趣旨にご賛同いただける作家の皆様ぜひともご協力ください。

・白石城・情緒溢れる白石の街並

▼プロジェクトをやろうと思った理由

白石商店街の空き店舗のオーナー様より、障がい者施設として、店舗を利用して、物品販売や、軽食提供ができる事業を始めたいとの相談から、利用者(障がい者)への工賃の原資となる事業収入、売り上げを勘案したところ、集客性のある地域づくりが必要であると考えるに至りました。

・普段の商店街の様子
 集客を伸ばすためには、観光客や地元の皆様に支持される地域づくりが必要不可欠であり、地元の商店街がともに発展しなければならないという思いからこの企画を考え付きました。

・春祭りの風景


▼これまでの活動

障がい者の施設運営の中で小物作りの作成・販売をしたり、地域のボランティア団体の依頼によりアクセサリー作りなどの作成講習会を開催しました。

・講習会での作品の一例です

▼資金の使い道

店舗総合保険(年間約8,000円)

棚などの設備費用(約30,000円)

交流会開催費用(約200,000円)

人件費・管理費(約200,000円)

事務局費・家賃(約1,000,000円)

▼リターンについて

・私たちの作品を並べてみました(ご参考にしていただければ)

各作家さんの展示作品の横に、それぞれの個人のLINEやSNSやホームページなどに繋がるQRコードを用意してもらうことによって、道行く人がスマホをかざして見ることができ、各作家さんの活動や作品紹介、作品の販売促進に繋げることができます。ぜひ皆様の作品の発表の場としてご活用ください。

※QRコードの作成はこちらのトップページから無料でできます。(必ず自分のところへアクセスするように作成してください)

https://qr.quel.jp/

①トップページの真ん中辺りにある『さっそく作る』をクリック。

②ここから目的別に選んで、URL等記載してください。サイズは『さらに大きい』を選んでください。

③作成が完了したら印刷し、当日お持ちください。(名刺サイズ程をイメージしてもらえればいいかと思います。)

※LINEからのQRコードのご希望のかたは、アプリを起動し、自分のQRコードをご用意してください。

①ラインアプリを起動。

②友だち追加のページで『QRコード』を押す。

③QRコードリーダーの画面になったら、右下の『マイQRコード』を押す。

④そうすると自分のLINEに飛ぶQRコードが表示されますので、これを印刷しお持ちください。または目標金額達成後のご連絡の際にメールでお送りください。


【作品について】

 作品の出来・不出来は問いませんが、食品や生もの、異臭を放つもの、公序良俗に反するもの(例えば、爆発物等の危険物やわいせつ物、その他犯罪を助長・連想させるものなど)の審査はいたします。これら以外は基本的にはOKです。

 飾らせていただく作品については、店舗総合保険が適用されます。

【サイズ】

 高さ27センチ、横39センチ、奥行き27センチがひと枠としてご利用できます。(サイズに収まればご自由に使っていただいて構いません。1点でもいいですし、複数でも可)

【利用料】

 年間を通して30000円です。作品の入れ替えは3回ほど考えております。

【交流会について】

 場所は、白石市中町商店街にある、サロン・ラポール所在地の旧オリエンタルさんが交流会会場になります。

(宮城県白石市中町31、白石駅より市役所方面へ徒歩10分、)

 利用者の皆様に作品を展示する日にちをあらかじめお伝えします。その時にフリースペースの場所をご用意しますので、他の作家さんたちとの意見交換や交流の場としてご利用ください。

※参加費・入場料はかかりませんが、白石駅までの交通費は各自ご負担ください。

▼実施スケジュール

   作品展示会(人数の関係上、後日日程を調整します。)

 11:00 JR東北本線、白石駅広場に集合(付き添いの方もOK)

    ※私たちが集合場所でお待ちしております。

     全員そろったら交流会会場へ移動。(徒歩10分ほどで着きます。)

 11:30 あいさつ

     作品を置く場所の抽選

    (名刺交換や交流の時間、たなの見本を置き飾る練習など)

       ※抽選方法は、不公平の無いよう当日くじ引きで棚の場所を決めます。

13:00  飾りつけ終了 記念写真撮影

     あいさつ

     各自解散。以降はフリースペースとしてご利用できます。


▼最後に

皆様の心のこもった作品をぜひ展示させてください!よろしくお願いします。

※ 本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください