1990年に廃線となった岡山の下津井電鉄。 電車の一部は、保存車輌として旧下津井駅に静かに佇んでいます。 でも、そこにあるだけじゃ何だかもったいない。だから… みんながいつでも訪れ、懐かしめる場所に移設して、みんなの手でリノベーションしたい!と考えました。

プロジェクト本文

はじめまして!

わたしたち「下電ホテル(岡山県倉敷市)」は、瀬戸大橋の麓に佇むリゾート旅館です。

目の前には美しい島々を浮かべる瀬戸内海が広がり、静かな波音と共にとても穏やかな風が吹いています。

 


すぐそばの下津井港(しもついこう)は古くから港町として栄え、今日も名物の「干し蛸」が太陽を光を浴びながら泳いでいます。

 

 

 

潮風に吹かれるナローゲージ

 そんな下津井港のすぐ後ろ。隠れるように、ひっそりと佇む旧下津井駅があります。昔(1913年~1990年)、ここから茶屋町駅(倉敷市)まで下津井電鉄という電車が走っていました。

 

ナローゲージ(軽便鉄道)と呼ばれるその車両は線路幅762㎜と、新幹線の約半分しかないかわいい車両です。下津井電鉄の廃線以降は日本で3路線しか残っていません。

そんなナローゲージたちの一部車両が、いま旧下津井駅にいます。

          

 

モハとクハ、真っ赤なメリーベル号、そして貨車たち…。
これら車両たちは下津井電鉄株式会社の皆さん、そして「下津井みなと電車保存会」の方々によって、大切に保存されています。

 

 ▼今回のプロジェクト

昔、この地でこんなにかわいい車両たちが走っていたことを、もっとみんなに知ってほしい。見て、触れて、思い出して、そしてかわいがってほしい。

そんな思いを胸に、旧下津井駅の車庫から鷲羽山下電ホテルの駐車場まで(約3.2㎞)、客車(クハ24)と貨車(ホカフ9)を運搬移設するプロジェクトを実施したいと思います。

 

(クハ24とホカフ9)

(移動予定経路)

運搬移設が成功した場合、一般公開を行いながら、車両の内外装を往時の姿に復元し、その後は皆さんに気軽に楽しんで頂けるようカフェやイベントスペースとして活用する予定です。

 

 ▼プロジェクトをやろうと思った理由

下津井電鉄は営業終了時には路線営業では全国で4路線しか残っていなかったナローゲージ。残り3路線は現在でも運行しています。

つまり「日本で最後に営業を終了した軽便鉄道路線」であり、現在でも全国に根強いファンがいらっしゃいます。

私たち「鷲羽山下電ホテル」は昔下津井電鉄株式会社から分社化したホテルですが、下電の名を冠していることから、お客様から下津井電鉄の思い出話を聞かせて頂いたり、車両を見たいとご要望を頂いたりすることが廃線から30年近く経過した今でも多くあります。

そんなお客様に楽しんで頂くためにも、「いつでも見学できるナローゲージ車両」を下電ホテルの駐車場に移設したいと考えました。

そして、その車両の内装外装を往時の姿に復元し、皆さんに気軽に楽しんで頂けるよう、カフェやイベントスペースとして解放したいと企画をつくりました。

しかし、移設に相当の費用がかかる事が判明し、収益性の薄い事業を会社だけのプロジェクトにすることも叶わず、クラウドファンディングの可能性に賭けることにしました。

 

▼これまでの活動

2015年12月 下津井電鉄株式会社さまへ申し入れ、何度かの協議の後、車両譲受の許可を頂きました。

2016年8月 現地調査を重ね運送方法を協議。運送業者(日本通運さま)を選定しました。

2016年11月 これまで車両のメンテナンスを行っていただいていた「下津井みなと電車保存会」代表の方と、今後の協力関係について協議しました。

2017年1月 本ページ公開に合わせプレスリリースを行い、facebookページを公開しました。

▼資金の使い道

車両運搬費用4,387,996円(税抜4062,960円)=目標額

設置場所造成費用(レベルモルタル、枕木、レール敷設)約1,500,000円

その他(駐車場ライン変更費用、仮設費用など)約1,500,000円

 

 

(移設予定場所)

※目標額に未達の場合も実施いたしますが、他からの資金調達の状況によりプロジェクトの進行がスケジュールより遅れる可能性がございますのでご了承ください。

※目標額を超過した場合は、設置場所造成費用、駐車場ライン変更費用、車両周辺整備(デッキ、屋根の設置)、次回プロジェクト(リノベーション)に充当いたしますのでご了承ください。

 

▼リターンについて

今回の募集に合わせ、往時の走行シーンを集めたポストカード、復刻きっぷ、車両模型などのオリジナルグッズを作成します。お一人お一人にカスタマイズしたオリジナルジオラマをお作りするコースも設定いたしました。

また、すべてのコースの出資者様には、今後のプロジェクトの進行に合わせて開催する各イベントへ優先的にご案内させていただきます。移動やレストアの過程を記録したい方、実際にレストアを手掛けてみたい方、オープニングイベントに参加したい方など、今後長期間にわたってプロジェクトに関わっていただくことが可能となります。

リターン重視の方に向けて、下電ホテル宿泊券をセットしたコースも用意いたしましたので応援いただくご主旨に合わせてお選びください。

 

▼最後に

このプロジェクトは会社だけで行うものではありません。今でも軽便鉄道や下津井電鉄のファンでい続けて頂いた方と、知恵を出し合い、一緒に汗を流しながら往時の姿へと復元したいと考えています。

もちろん、お気持ちだけの応援でも有難く頂戴いたします。鉄道ファンの方以外にも是非応援いただきたく存じます。

プロジェクトの実現に向け、どうかよろしくお願いいたします。

 

facebookページ「【下津井電鉄】客車移設プロジェクト」にて活動・事業報告をいたします。

https://www.facebook.com/shimoden.resurrection.project/

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください