結婚式の準備をはじめた私たち夫婦が感じた、違和感や疑問。当たり前とされている、ご祝儀・引き出物・持ち込み料… ​​本当にこれって必要?誰のためのルールなんだろう?​​​​私たちは、「カスタマイズ婚」という新たな選択肢を、​​誰もが選べるような時代にするため、ムーブメントを起こします!

プロジェクト本文

はじめまして。西村しゅうへい・なおみ夫婦です。
2018年3月にプロポーズをし、婚約。そして、4年記念日である2018年11月1日に入籍したばかりの新婚夫婦です。

私たちは、平成が終わり、新しい時代の1日目となる5月1日に、結婚式を開催しようとしています。


“カスタマイズ婚”のカタチつくり、誰もが選べる結婚式の選択肢にすること。 

私たち夫婦の場合は・・・
(あとで、詳細をご説明させていただきますが)
自分たちらしさを最大に発揮して、たくさんの人に喜んでもらえる結婚式が、
実は、❝式場で提示されていたコストの約半分❞で実施できそうなのです!

さらに!私たち夫婦にとってだけ、良くなるのではなく、

ゲストにとっても、あらゆる参加の方法を作って、みんなが気をつかわずにハッピーになれる、そんな「新しい結婚式」を作ってみたいと考えました。

今回のプロジェクトは、以下のように、2つのステップで進行します。

◉STEP①:カスタマイズ婚の実践!〜新郎新婦とゲストに、新しい選択肢を〜

私たちの考える“カスタマイズ婚”は、以下の2つがポイントになります。

いままでの結婚式で当たり前とされている「ルール」や「常識」を取り除くことで、結婚式をもっとヘルシーで、もっとハッピーにできると考えています。

式場の決まりやルールといった、“型”にハマることなく、それぞれが自由に“選択”できる時代にしていきたいと考えています。
これが、今回私たちがムーブメントを起こしたいと考える、「カスタマイズ婚」のカタチです。

式場での結婚式だと、テンプレートが用意されていて、「友達に司会を頼みたい!」「ドレスは提携のショップではなく、自分で用意したい!」などの要望があったとしても、「持ち込み料」のルールにぶつかり、諦めざるを得ない状況が多々あります。

もっと、自分たちらしさを最大に発揮できる結婚式が、カスタマイズ婚です!

-ゲストの新しい参加方法(1):
「あらゆる都合を超えて“お祝い”できる!」

皆さんは、友人の結婚式に招待されたのに、どうしても参加できずに、申し訳ない気持ちいっぱいに、辞退した経験はありませんか・・・?
私たちは、「お呼ばれしたけど、参加できない」ときに感じる、“なんだか後ろめたい気持ち”をなくしたいと思っています。

結婚式に行くだけが、お祝いじゃない。
当日、その場に居れなくても、お祝いできる。
それが「気賓」という、新しい参加方法です。

※例えば、私たちの場合は、「新郎新婦目線カメラ」で生配信をするので、遠隔にいる友人でも、旅行中の人でも、覗き見(=オンライン参加)ができるようにしたいと思っています!

-ゲストの新しい参加方法(2):
「新郎新婦と一緒に結婚式をつくる!」

今回の「カスタマイズ婚」は、新郎新婦の二人だけでは、創りあげことができません。
「新郎新婦が、仲間と一緒に創りあげる結婚式」なのです。

現在、自分の仲間たちと、実行委員会をつくって、結婚式の準備を進めています。
式場のプランナーとつくのではなく、仲間とつくる結婚式です。

このように、私たちは、ゲストの参加方法も、
ゲスト一人ひとりが、自由に選べるようにしていきたいと考えています!


◉STEP②:誰もがカスタマイズ婚の選択肢を選べるように。私たちが、”ムーブメント”を起こします!

今回、STEP①の私たちの結婚式の成功だけで終わってしまうと、今回のプロジェクトは「失敗」だと思っています。
この「カスタマイズ婚」を、誰もが選べる選択肢とするために、あえて、クラウドファンディングで挑戦をしているからです。

そこで、私たちのカスタマイズ婚が出来上がる経過をすべて記録し、一冊のBOOKをつくります。

この本には、上記のようなHow toのみならず、実際に、私たちが依頼した
・司会者 ・会場 ・イベント制作会社 ・音響チーム ・プランナー ・アーティストさん
等も、ご紹介するページを作りたいと考えています!※あくまで、マニュアルのイメージです。
(当日の思い出写真なども含め、24ページのBOOKを制作予定!)

これを、結婚式に想いをもつ仲間たちと、これから「カスタマイズ婚」を選択したいカップルたちが繋がれる、プラットフォーム”になるようなBOOKにできればと思っています!

また、BOOKを制作するだけでなく、
「カスタマイズ婚」を希望するカップルがいた際には、私たちの経験を元に、アドバイスやお手伝いもさせて頂きたいなと考えています。

ムーブメントの火を灯し、広げていきたいと思います!

 

◉きっかけは、式場の見学会での、ある一言。

2018年3月、二人でいった石垣島旅行。ここで、新郎よりサプライズでプロポーズ。
無事、婚約することになりました!

その数週間後。「結婚式どうしよっか?」という話になりました。(…いや、正直そんなに貯金ないよな…とりあえず、式場の見学だけなら…!)
ということで、まず、横浜のとある結婚式場のウェディングフェアに参加しました。

そこで出された見積もりを見ると、「…540万円!!!」

実際に提案された見積もり書。家に帰って、すぐにエクセルに打ち込み、計算しました。笑

そんな矢先、プランナーさんから、更に衝撃のひとことが…。

「大丈夫ですよ。参加されるゲストの皆様から、ご祝儀で300万円以上は集まります。実質、お二人のご負担はその差額のみとお考えください!」

友人の結婚式へ参加することも多くなってきて、毎回の「ご祝儀」の支出に悩んでいた私たちにとって、この一言は衝撃的でした。
ゲストとして毎回払っていたご祝儀は、すべて結婚式の費用として消えていたという事実。しかも、そのご祝儀の内訳を計算してみると・・・

実質的には、飲食費と引き出物で、ほぼご祝儀代でした。

実は、近年「ナシ婚」という言葉が現れているほど、式を挙げること自体をやらない(もしくは諦めてしまう)カップルも、日本にはたくさんいるらしいです。

この私たちの感じた疑問って、実は、みんな口にはしていないけれど、
多くの人たちも同じ思いなのではないか・・・?そう思いました。

どうせ結婚式をやるなら、好きな人たちと、好きなものを、好きな風にやりたい!
自分たちならではのカタチに、カスタマイズをすることで、
型にハマることなく「自分たちの欲しいものだけを集めた結婚式」が挙げたい!

こうして、「カスタマイズ婚」という選択肢にたどりつきました。

しかし、現状では、そうした結婚式の作り方やカタチは、どこを探しても確立されておらず、何をどうやればいいのかすらわかりません。 

だからこそ、今回、私たちが、まずは自分たちの結婚式で「カスタマイズ婚」のカタチをつくりあげ、その選択肢が、誰にでも選べるものになるようにすべく、ムーブメントを起こすことにしました!

冒頭でお伝えしましたが、今回の私たちの“ワガママ”や”好き”を詰め合わせたこの結婚式は、
実は、式場で提示されていたコストの約半分で実施できそうです!

この構想を、周囲の人たちに口にしていると、共感し、賛同してくれたプランナー、アートディレクター、イベント会社の方々が集まってくださり、チームができました。

この「共賓」となったチームの仲間たちと共に、クラウドファンディングを通して、
世の中に、新しい結婚式の選択肢「カスタマイズ婚」をつくりあげるための挑戦を実行することになったのです!

◉キンコン西野さんへ提案。

2018年11月22日(いい夫婦の日)に、突如Twitterを中心に、話題となった #結婚式に自由を のキャンペーン。

そんな折、たまたまご縁があってお声がけいただき、【キングコング西野さん✕CRAZY山川咲さん】との公開生配信の収録に、ゲストとして参加させて頂く機会を頂きました。

ここで、#結婚式に自由を をテーマに、皆さんと楽しく議論させて頂きました!(やはり、既存の結婚式に対して、疑問を持っているのは自分たちだけじゃなかった!)

ここで、「クラウドファンディングで結婚式をやります!」と宣言したことから、
本格的に今回の活動を開始させ、共感してくれた仲間たちとの出会いも重なり、
いまこうしてプロジェクトを進行できています。
(Photo by. Ayato Ozawa)

「クラファンで結婚式、めっちゃいいじゃん!これ、みんなが出来るようになればいいよね!」
とフィードバックを頂き、“これからの新しい結婚式”についての議論が盛り上がりました。
(Photo by. Ayato Ozawa)

これをきっかけに、プロジェクトの輪が一気に広がり、多くの方々との出会いやご縁を頂き、いまの活動に至ります。

今回のプロジェクトコンセプトである「人民の人民による人民のための結婚式」。
名付け親は、サインコサイン代表の加来さん。(助手のグラレコメンバーさんたちも一緒に)
宝物として、部屋に飾っています!

NewsPicksのクリエイティブディレクターでHOPE編集長の呉さん。
全社パーティー前の休日のお時間をもらって、ご相談させて頂きました。
結婚式を“HOPE”なものにアップデートできるよう、BOOK制作までがんばります!

今回のプロジェクトの目標は、総額で【335万円】となります

※もし、ご支援総額が 400万円 を突破した場合、「カスタマイズ婚」の広報活動を加速させるため、これから結婚を控える新郎新婦に向けて、BOOKのPDFを、全文無償公開しようと考えております!


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。
また、ご支援をご検討いただいている皆様、ありがとうございます!!

今回は、以下の大きく3つのご支援に対するリターンをご準備しております。



正直、このアイデアが受け入れられるのか、不安な気持ちも大きいです…。
皆様からのご支援が、すごく励みになります!!


※BOOK完成時期については、あくまで予定のため、変更の可能性がございます。ご了承ください。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください