育休取得者・復帰者の不安を払拭し活躍できる人材に導く「ライト・ライト」の製作

集まった支援総額
¥291,000
パトロン数
30人
募集終了まで残り
終了

現在29%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2016/11/11に募集を開始し、30人の支援により291,000円の資金を集め、2016/12/30 23:59に募集を終了しました

初めての妊娠や育休復帰前の社員、そしてそれを受入れる企業の不安を解決するツールを製作!今までコンサルティングの中で提供してきた面談シートを「ライト・ライト」としてリニューアルして販売します。4月復帰を控える方が多いので、ライト・ライトのお披露目と共に育休復帰前の方を対象にしたイベントを開催します!

▼  はじめにご挨拶

はじめまして、NPO法人ArrowArrow代表理事の堀江と申します。NPO法人ArrowArrowは「子育てや介護等の理由に左右されない選択肢溢れる社会の創造」をビジョンに掲げ活動しています。主に、中小企業向けの産育休取得コンサルティング「産休!Thank you!」や、ライフイベントを迎える前後の女性社員向けの研修「社員!Shine!」、子育て期の女性の再就職支援事業「ママインターン」などを事業として実施しています。今回は、「産休!Thank you!」で提供してきた中で特に好評だった産前産後の面談シート「ライト・ライト」をリニューアルして販売する為にクラウドファンディングに挑戦することにしました。

 

▼  このプロジェクトで実現したいこと

『妊娠や出産がキャリアの危機になるのではなく、機会になる状況をより多く創る』

今回のプロジェクトで制作するのは「ライト・ライト」という産前産後の社員と受入れる企業が使用する面談シートになります。なぜこの「ライト・ライト」が上記の未来に繋がるのか、説明させて頂きたいと思います。

 

産育休から復帰したワーキングマザーが意識していることと、企業がワーキングマザーに求めているものにはギャップがある。

ワーキングマザーは時短勤務を選択したり、フルタイムでも残業をせずに定時で帰るケースが多いかと思います。長時間労働の多い日本の企業で働くワーキングマザーは、残業をする社員を横目に帰らなければいけないからこそ、働いている時間は精一杯働こうとします。しかし、組織に貢献したいワーキングマザーが仕事をする上で意識していること、企業がワーキングマザーに望むことにはギャップがあることが「ワーママ意識調査2015」の中で明らかになりました。

エン・ジャパン「ワーママ意識調査2015」から抜粋

上記の図のように、ワーキングマザーは自分に託された仕事を自分が完遂することで、企業に貢献しようと思っていますが、企業は仕事を抱え込まないで欲しいと望んでいるのです。

こういったワーキングマザーと企業のすれ違いは他にもあります。企業としては無理しないで働いて欲しいと優しさのつもりで言ったことが「私は必要ないんだ」と受け取ってモチベーションを落としてしまったり…。「ライト・ライト」はワーキングマザーになる社員と企業のもったいないすれ違いを面談シートを使って軽減させます。

 

「ライト・ライト」を使うと社員と企業はどう変化するのか

社員…面談シートに合わせて自分のキャリアや働き方について棚卸しすることで不安が軽減されます

面談シートは産育休取得前・育休復帰前・育休復帰後の3つのシートに分かれています。

そのシートを面談までに答えられるよう準備をすることで、それぞれのシーンで何を考えておくことが必要か、何をいつまでに準備すればいいのかを理解することができます。周りに産育休取得者の前例がなくても、この面談シートを記入していくことで不安を払拭し、より建設的な対話を上司や企業とすることが可能になります。それにより、子育てをしながらも、企業から求められる社員として復帰が可能になるのです!

 

企業…「何を聞けばいいのかわからない」「どこまで聞いて良いのかわからない」を面談シートで払拭。2017年1月から施行されるマタハラ防止法案にも役立ちます!

日本企業の女性管理職の割合は1割程度。産育休を取得する社員の上司の多くは男性です。妊娠の経験がない男性だと、女性社員に何を聞けばいいのか、どこまで聞いてもいいのかわからないケースが多いのではないでしょうか。今回の面談シートでは、社員自身がキャリアや復帰に向けての準備を進められるだけでなく、面談する側の上司も、どのタイミングで何を聞けばいいのか明確になります。また、企業側にはどう面談を進めるべきかがひと目でわかるよう、ファシリテーションシートもご用意しました。質問例や、NGワードなどを事前に確認できることで、正確に面談ができるだけでなく、社員のモチベーションも維持して産育休復帰から職場復帰まで応援することができます。また、自分では良かれと思ってアドバイスしたつもりが、社員にとってはマタハラと感じる一言だった…というようなすれ違いを無くすことが可能です!

 

コンサルティング「産休!Thankyou!」導入の様子

▼  プロジェクトをやろうと思った理由

もともと「ライト・ライト」の原形は、当法人が企業に提供している産育休取得コンサルティング「産休!Thankyou!」プログラムの中の一つでした。提供することで上記のような効果が見えてきたこと、「コンサルティング費用までは捻出できないけれど、面談シートからなら始められそう!」「こういうツールが自社にもあったらいいのに!」というご意見を頂き、「ライト・ライト」という面談シートを製作したいと思い至りました。

当初はツールを抜き出すだけで出来ると思っていたのですが、コンサルティングの中で説明できている情報なども多く、このツールだけ抜き出しても、使い方がイメージできないことが分かってきました。今回は面談シートの使い方を説明するファシリテーションシートや、より使用イメージのつくパンフレットやDVDの製作を実施して、「ライト・ライト」単体でもしっかりと効果が出ることを目指したいと思っています。

現在、この「ライト・ライト」はNPO法人二枚目の名刺という外部の方とNPO・NGOを繋ぐプロジェクトのサポートを受けて、「実際に部下に産育休取得者がいる上司」の立場の方や「同じチームのメンバーにワーキングマザーのいる社員」「これから結婚や出産などライフイベントを迎える社員」など、業界や職種の違いだけでなく、様々な立場の方の意見を取り入れて、パワーアップしています。今回は、「ライト・ライト」の完成発表と共に、育児休業復帰を控えた方が復帰に向けて不安を払拭できるようなイベントを実施したいと考えていますので、このプロジェクトが成立することにより多くの方の「参育休取得からの職場復帰」がポジティブになるきっかけを提供できると思っています。

 

「ライト・ライト」に込めた想い

▼  資金の使い道

「ライト・ライト」ファシリテーションガイド・パンフレット・DVDの製作費

今、新たに作っているファシリテーションガイドは、冊子だけでなく、実際の面談のイメージが湧きやすくなるようDVDも製作したいと考えています。通常はコンサルティングの中でお伝えしていた情報を、冊子とDVDに集約することで、より多くの企業や社員が「ライト・ライト」を有効に活用してもらいたいと思います。

 

イベント開催費用(ゲスト登壇者への謝礼や、託児費用も含む)

また、イベントの運営費として使用します。育児休業中で復帰を目指す方や、職場に育児休業から復帰してくる社員を持つ上司や人事の方を中心にイベントを予定しているので、お子様も一緒に参加できるような会場や託児スタッフの準備も、今回の費用に使わせて頂きます。ご支援の程、宜しくお願い致します!

イベントイメージ(画像は当法人の5周年イベントの様子) 

▼  リターンについて

「ライト・ライト」の完成イベントのへ参加権や「ライト・ライト」の個人向け面談シートだけでなく、「ライト・ライト」のフルパッケージ、コンサルティングの実施も含めた「ライト・ライト」の提供などを準備しております。右記、それぞれのリターンをご用意しましたので、よろしくお願いいたします!

 

▼  最後に

「ライト・ライト」というパッケージ名には、

Write[書く]ことで産育休取得者と企業の考えを見える化して欲しい

Light[光・灯す]双方にとって光を灯すものとなりますように

という想いを込めてつけました。「ライト・ライト」の完成で、より多くの社員や企業に光を灯せるよう、みなさまご支援の程、よろしくお願い致します!