2020年にプログラミング教育が小学校で必修化します!その前に、子どもたちにプログラミングってどんなもの?と体験させる場所をつくりたいと思っています。対象は小学2年生以上中学生までを予定しています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

 株式会社アクシスという東京都中野区にあるシステム開発会社です。
私たちは、クライアント様と共に目的に向かい、お互いが利益を上げる「Team Win」を目指して、ITインフラ構築からユーザーサポート事務局代行までワンストップ・ソリューション・サービスで提供しております。

 当社では通常は、BtoBの開発を主に行っています。子育てをしながらの社員も多いです。社員と会社とで仕事と子育ての両立を目指し、親も子どももストレスのないよう配慮を進めています。そしてその中で、将来の子どもたちにどのように貢献できるのか?と会社としても模索しています。
そしてこの度、子どもたちの教育に貢献できないかと考え、このようなプロジェクトを立ち上げました。


このプロジェクトで実現したいこと

 子どもたちが「プログラムって楽しい!」「もっと知りたい!」と思ってくれるようになってほしいです。まずはScratchを使っていきますが「もっと知りたい!」お子さまには、本格的なツールを使ってプログラミングの世界を知ってもらいたいです。
これにより、「プログラミング的思考」 の発達に役立ててもらえたらと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

 2020年にプログラミング教育が小学校で必修化します!その前に、子どもたちにプログラミングってどんなもの?と体験させる場所をつくりたいと思いました。
このような企画は私たちにとって初めての試みなので、どのくらいの人数が集まるのか?賛同を得られるのか?と不安があり、第1回目はクラウドファンディングを利用しようと思いました。


これまでの活動

 当社には、Pepeer、Robi、Mip、Zoomer などのロボットの社員たちがいます。この”社員”たちと触れ合うイベントを行いました。”触れ合う”だけでしたが、子どもたちは普段は触れ合えないロボットたちに興味深々でした。「どうやって動いているのだろう?」と疑問を持つことが大切です!

MipとRobiジュニアとRobi。

Pepperもお話してくれます♪飴を配るMip

Robiはお話のほか、踊りも踊ってくれます。
Zoomerもかわいがってもらいました♪
EV3
★プログラミング入門の当日もお出迎え予定です♪


資金の使い道

第1回目の施設使用料や教材費とさせていただきたいと思います。


リターンについて

サンキューメールやオリジナルテキストの提供、プログラミング入門の参加を予定しています。


実施スケジュール

2019年5月:クラウドファンディング履行
2019年6-7月:教材準備及びサンキューメール&ご案内メール
2019年8月3日(土):「第1回子どもたちに!スクラッチ(Scratch)で始める簡単プログラミング入門」開催予定


最後に

2020年のプログラミング教育必修化の前に、お子さまにプログラミングってどんなもの?と体験してもらいましょう!


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください