Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

この冬、受験を迎える子どもたちに希望の春を!子どもの貧困を解決する冬の教育募金

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
現在の支援総額
1,714,000円
パトロン数
47人
募集終了まで残り
終了

現在68%/ 目標金額2,500,000円

このプロジェクトは、2016-12-01に募集を開始し、47人の支援により1,714,000円の資金を集め、2017-01-09に募集を終了しました

受験生にとって大切な【冬】の季節がやってきました。私たちは経済困窮世帯の子どもたちに対して放課後の教育機会を提供していますが、資金不足により毎年1000名以上の子どもに支援を届けられていません。一人でも多くの子どもが希望の春を迎えられるよう、どうぞご支援を宜しくお願いします。

「冬は朝5時に起きて、必死に机に向かいました。」高校受験を控えた女の子

「私は母子家庭で暮らしています。小さいころ、父の借金が原因で両親は離婚しました。それから、母は女手ひとつで私と2人の兄を育ててくれました。

母はなんとか暮らしぶりを変えようと、あるとき看護師になることを目指して看護学校で勉強を始めました。家事を終えた後、夜遅くまで一生懸命に勉強していた母の姿をよく覚えています。しかし、そんな矢先、これまでの無理がたたってか、母はうつ病にかかり、寝たきりになってしまいました。それからは、疎遠になっていた祖母の助けと生活保護で日々暮らしています。

中学3年生になり、高校受験が近づいたとき、周囲の友達たちは塾に行き始めました。家庭の経済的な事情で塾には行けないし、滑り止めの私立高校は受けられない、そんな環境の中で焦りが募りました。そんなとき、インターネットでチャンス・フォー・チルドレンの活動を知り、支援に応募し、無事「教育クーポン」を利用できるようになりました。

家事の手伝いをしなければならず、交通費ももったいないので、いただいた「教育クーポン」では、自宅でできる受験対策の通信講座を受けることにしました。夏に体調を崩して入院してしまったので、退院してから寒い冬にかけては朝5時に起きて約1時間半、夜は3時間半、必死に机に向かいました。そのおかげで、無事に希望していた高校に合格することができました。

高校生になった今も、授業の進度に遅れないよう、朝5時に起きて通信講座で予習をしてから高校に向かうようにしています。将来は、母が目指していた医療現場で働くことを目標に、毎日勉強にはげんでいます。」

 
 
▼日本では、6人に1人の子どもが貧困状態にあります。

こんにちは、チャンス・フォー・チルドレンの今井と申します。私たちはリーマンショック後の2009年から、経済困窮世帯の子どもたちに対して教育支援を続けてきました。

厚生労働省が2014年にまとめた報告書によると、日本の子ども(17歳以下)の相対的貧困率は16.3%(2012年)でした。これは、日本の子どもの約6人に1人が貧困状態にあることを示しています 。

貧困家庭で育つ子どもたちは、 学習塾や習い事など学校外で十分な教育機会を得ることができません。それが学力や体験の格差を招く一因となり、将来の就労も難しくなって、なかなか貧困状態から抜け出せないという悪循環に陥ります。親世代の貧困が子どもの将来にまで影響を及ぼしてしまうのです。

特に、文部科学省「平成26年度子供の学習費調査」によると、高校受験を控えた中学3年生には年平均40万円以上の学校外活動費がかかっていることが明らかになっており、子どもたちの将来の進路選択には、学校外教育の機会が重要な役割を担っています。今回のプロジェクトは、特に冬に受験を控えた中学3年生、高校3年生を応援するために開始しました。

  

 

私たちチャンス・フォー・ チルドレンは、「教育格差」を解消することこそが、貧困の連鎖を断ち切るカギと考え、家庭の事情や災害によって経済的な困難を抱えている家庭の子どもたちに、学習塾や習い事で利用できる「教育クーポン」(CFCクーポン) を提供しています。リーマンショック後の2009年から活動を始め、これまで延べ1400名以上の子どもたちの学ぶ機会を支えてきました。

【活動の特徴】

・特長1: 現金給付と違い、クーポンの使途は教育サービスに限定できます。
クーポンを支給することで教育以外の目的に使用されることはなく、確実に教育機会を提供することができます。また、有効期限を設けることで、貯蓄することができず、教育費用としてのみ消費されます。
※クーポン支給額:年額15~30万円 (文部科学省「子どもの学習費調査」等を参考に設定)

・特長2: 子どもは幅広い教育サービスの中から自分の受けたいサービスを選択できます。
1.教科学習(塾、予備校、家庭教師、通信教育など)
2.スポーツ(スイミング、スポーツ教室など)
3.文化活動(ピアノ教室、音楽教室、絵画教室など)
4.体験活動(キャンプ、野外活動、社会体験など)
5.習い事(習字、そろばん、パソコン教室、外国語教室など)

・特長3: 大学生ボランティアが子どもたちを継続的に見守ります。
大学生ボランティアが月に一度、面談を通して学習や進路の相談にのる「ブラザー・ シスター制度」を導入しています。クーポンの利用に関するアドバイスを行うことで、 クーポンの有効利用を促進します。

 

 
▼経済的自立を果たした卒業生が社会に巣立っていっています。

クーポンの原資は、個人や企業の皆さまからの寄付となっています。このため、クーポンを利用している子どもたちからは、「全く見ず知らずの方が自分に寄付をし、応援してくれている。そう思うと明るい気持ちになり、受験勉強で辛いとき精神的に支えられました」といった声も届いています。

そして、7年間の活動を通して、進学後に希望の就職を果たし、経済的自立を果たした卒業生もでてきています。彼らは、決して「可哀想な子どもたち」ではありません。学ぶチャンスさえあれば、社会を支える人材に成長する可能性を秘めた「仲間」なのです。

(画像)昨年受験に合格した高校3年生から支援者の方への感謝のお手紙

 

▼資金不足で1000人以上が落選。一人でも多くの子どもたちにチャンスを届けたい!

私たちのところには、毎年学ぶ意欲の高い子どもたちから支援の応募が殺到します。しかし、寄付金が十分に集まっておらず、多くの子どもたちが落選せざるを得ません。2016年度は、定員215人に対し、1,534名もの子どもから応募が寄せられ、1,000名以上の子どもたちが落選してしまいました。落選してしまった子どもたちが希望を捨ててしまわないように、一刻も早く支援を届けることが私たちとしても急務だと考えています。

特にこの春に受験を控える中学3年生・高校3年生にとって、冬は受験勉強の追い込みにとても重要な時期になります。今回のプロジェクトでは、ひとりでも多くの子どもたちに支援を届けるため、250万円を目標に寄付を募ります。子どもたちが希望の春を迎えられるように、どうぞご支援・ご協力をよろしくお願いします。

【いただいたご支援の使い道】

 


▼寄付型クラウドファンディングの税制優遇について

チャンス・フォー・チルドレンは「公益社団法人」として認定されています。個人が公益社団法人に対し、事業に関連する寄付をした場合には、 所得税(国税)の計算において、寄付金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けることができます。

※「寄付金控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当法人が発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証はプロジェクト期間終了後、当法人口座へのご寄付の入金を確認してから発送させていただきます。
※領収証はGoodMorningではなく当法人が発行・郵送いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください