男子・女子デフフットサル日本代表は11月のスイスで行われるW杯に出場することが決定しました。 ですが渡航費用や滞在費も選手の自費での負担で賄っている状態です 選手の負担を減らし、沢山の方に応援していただき、男女共に日本フットボール界ではまだ成しえていない【男女W杯アベック優勝 】を目指します

プロジェクト本文

2017年10月に男子フットサル日本代表のフィジカルべースの向上と競技環境を改善しよう!と立ち上げた【DeaffutsalOurvision】

障がい者アスリートではなくアスリートととして、健常者など関係なく戦えるところを目指そうと【日本代表基準=世界最高基準】という指標を作り、スタートしました。

かつて合宿などでは誰でも参加できた流れから、最低限決められたフィジカルレベルをクリアしないと参加できなくなったり、メンバーを絞り競争が起こる環境に変化してきています。
デフフットサル日本代表も確実に強くなる資質のあるレベルに近づいてきています。

デフ界において確立されていないフィジカルベースの基準をつくり、未来のデフの選手達のためにもこのように選手のレベルを上げるための活動を通し未来のデフフットボールに関わる選手達に良い影響を与えれたらと考えています。

そして圧倒的なフィジカルを作り、世界で勝つための身体を作るため、日本フットボール界において男子初めてのメダルを獲得、更には男女アベック世界一をとるために選手が自発的に活動し、デフフットサル日本代表のトレーニングに関わる活動資金や今回スイスで行われるW杯の渡航費や滞在費などを集めるためのプロジェクトになります!

2019年2月にはアジア予選がタイバンコクで開催されました

世界2位でホスト国タイを破ってアジア2位。

女子は圧倒的な強さで優勝しました。

男女共に11月のワールドカップへの出場の切符を獲得しました。
ですが、環境が整わない状態が続いています。

デフフットサル日本代表の遠征費や合宿などの活動費は基本的に選手の自己負担になります。

目標の為に死に物狂いでやる為このような活動を通し発信していこうと決めました

人生をかけた勝負、皆さん応援よろしくお願いします!

アジア予選までも本当に多くの方々に応援・サポートしていただきました。

誠にありがとうございます!


皆様の力がなければ、一つ目の目標であったW杯出場権獲得を達成できなかったと思います。

立ち上げから1年半。
本番まで残り半年。

この度、デフフットサル女子日本代表とも一緒に、このプロジェクトを活動していくことになりました。

男子だけではなく女子選手の競技環境の改善にも皆様のサポートが必要です。
これまでサポートしていただいた皆様。
新しくサポートしていただける皆様。

男女共に、熱い応援をよろしくお願いします!!

何が何でも成し遂げます!!
男女アベック優勝!

応援してくださる皆さんと共に戦い、夢を一緒に叶えましょう!

後悔はさせません!

死に物狂いで取りに行きます!

応援よろしくお願いします!

  • 活動報告

    【コミュニケーションの難しさ】 ☆フットサル編☆

    2019/06/16 17:59

    デフフットサル女子代表GL(GK) 芹澤です。デフフットサルを応援してくださってる方々、いつもありがとうございますm(_ _)mクラウドファンディングへの支援、拡散していただき、本当にありがとうございます!自己紹介から☆名前:せりざわいくよ生年月日:10月生まれ聴覚:両耳100dB超家族構成:...

  • 活動報告

    怪我でも何かあっても諦めず、最後までやり遂げる

    2019/06/16 12:24

    こんにちは!チームの年長組から4番目にいるデフフットサル日本代表14番の吉岡成哲と申します。クラウドファンディングを開始してから15日に経ち、現在の支援総額は2,176,500円を突破しました。日頃から応援や支援していただき誠にありがとうございます。 Deaf Futsal World Cup...

  • 活動報告

    常に人の弱さと向き合える場、学びと成長をもたらしてくれる

    2019/06/15 22:05

    デフフットサル日本代表 9番 塩田知弘(31)です。 クラウドファンディングのご支援、そして拡散運動により日々1万人近くの人が見ていただいています。本当に言葉でのお礼では物足りないほどの想いです、この場をお借りして皆様に心より御礼申し上げます。 まず、多くの方から持たれる疑問、核心について答え...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください