詩人 詩太(うーた)の詩集第4弾!普段は必要とされなくてもいい、でも、もしもその“悲しいいつか”が来てしまった時に少しだけでも心の支えになれるように。今までの個展と言葉の力をぎゅっと一冊にまとめたような180ページの新作詩集『傘』を制作します!!

プロジェクト本文

「この詩の作者は、哲学的な詩を書くね。自殺を考えてる人がこの詩を読んだら、自殺を止められるかもしれないね。」

昨年開催した個展会場でお客さんのそんな会話が聞こえてきました。

もしも、本当に一人の命を救える瞬間がいつか来るとするならば、それだけで詩を書き続ける意味があると思っています。

福岡県北九州市にある小さな古民家をリノベーションしたアトリエを拠点にしています。


詩人・アーティストとして活動していますが、現在の活動内容は、詩や書作品の制作・ライブペイント出演・題字制作・個展開催・講演会・詩集出版…など様々です。


※その他、詩太作品集はコチラからご覧いただけます。 

※個展開催時の様子はコチラからご覧いただけます。 

…と、色々なことをさせていただいてますが

 【出会った「ヒト・モノ・コト」を「詩・絵・言葉」に変換して伝える】をテーマに
『人の心と人生(日々)を豊かにする』『子どもを取り巻く環境の一因として子育てに貢献する』ことを目標に掲げ活動しています。


2016年「うたういきものずかん」、2017年「うたうものことずかん」、2018年「うたういきものずかん2」…と、これまでに3作の詩集を制作してきました。

そして、今回、4作目となる詩集「傘」を制作してたくさんの人達に届ける為にクラウドファンディングを立ち上げました。


実現に向けて全力で制作していきますので、ぜひご支援・ご協力をよろしくお願いいたします!


活動のひとつである個展を開催する度にお客さまから感想をいただきます。
その中でも「個展に飾ってある作品を収録した詩集が欲しい」という言葉をたくさんいただきました。



《※収録予定の作品例》


これまでに作った3つの詩集は個展とは別物と考えて作ったものだったので、個展で展示した作品を収録した詩集は今はまだありません。

そこで、個展の作品をぎゅっと一冊にまとめたような詩集を作ろうと考えました。

また、6月 京都個展・7月 東京個展の開催が決まったこともあり、それまでに完成させて京都と東京の個展会場で沢山の方に手に取ってほしいと思い、この時期の制作を決めました。


今作のタイトルは『傘』です。

「この詩の作者は、哲学的な詩を書くね。自殺を考えてる人がこの詩を読んだら、自殺を止められるかもしれないね。」

冒頭にも書いたそのお客さんの一言がきっかけで芽生えた気持ち。

普段は必要とされなくてもいいけれど
もしもその“いつか”が来てしまった時
少しだけでも心の支えになれるような
詩集にしたいなと考えていて…
ふと、それってみたいだなって思いました。



悲しい雨が降り注いだ時には
少しでも雨から守ってあげられるような

眩しすぎる日差しで目が眩んだ時には
少しでも日差しを和らげられるような

人に疲れてしまった時には
少しだけ人混みから隠れられるような

この詩集がそんな『傘』のような存在になれたらいいなと願いを込めてタイトルを決めました。





≪プロジェクト概要≫

自費出版での詩集制作・完全データ入稿
今作は過去作の約2倍のページ数になります。

制作時期:2019年5月~6月
6月中旬 印刷会社(株式会社マツモト)にデータ入稿・印刷・製本
7月上旬 サイン入れ・発送

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※目標金額は最低限必要な金額です。目標金額を超えた場合はすべて、よりたくさんの人達へ本を届ける為に使用します。



ご支援・ご予約くださった皆様には、裏表紙に直筆でサインと一言メッセージを書いた完成本&新作ポストカードと一緒に金額に合わせた素敵なお返しをご用意いたします。

詳しくはリターン一覧をご覧ください。
面白いリターンを思いついたら随時追加していきます(^_^)

「こんなリターンがあったら嬉しい!」
「こんなことしてほしい!」というリクエストがあれば教えてください!



今までに
言葉で傷ついた人を何人も見てきました
環境に苦しんでる人を何人も見てきました

でも、
言葉で救われたという人もいました
環境に救われたという人もいました

だから僕は、言葉の力を信じています。


本当は、誰にも
悲しくて苦しい瞬間が
訪れないことが一番良いことだけど、
もしもその“いつか”が来てしまった時に
言葉の力でほんの少しだけでも
心を支えられるように
励ませられるように

詩集という形で一人でも多くの人に
詩や言葉を届けておきたいです。

たとえ、いつか僕が死んでしまっても、作品は生き続けます。
この本も誰かが読んでいてくれる限りずっとどこかで生き続けます。

何年も何十年も何百年先も、この本が、未来でいつも誰かの支えであり続けられるように心をこめて一生懸命作ります。

ぜひ、実現に向けてご協力よろしくお願い致します!



もしわからない事があったら、
どんなことでもお気軽にお問合せください!


詩 太(うーた)

HP… https://poet-uta.com/


ご支援の流れ

①campfireの「詩太新作詩集」制作プロジェクトページへ

②ページの右側にある「プロジェクトを支援する」というボタンをクリック

③campfireへ新規会員登録をする(登録無料です)
新規会員登録ページでメールアドレスを入力し、メール送信ボタンをクリックしてください。
その後に受信したメール内にあるリンクをクリックしていただくことで会員登録が完了します。
※もしメールが届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき【@camp-fire.jp】からのメール受信を許可してください。

④【プロジェクトを探す】から再度「詩太新作詩集」を検索し、もう一度プロジェクトページへ

⑤リターンを選択し、一覧ページでご希望のリターン内容にチェックが入っていることを確認して、コメントを入力(任意)します。※サインの宛名を希望される方は備考欄に記入してください。

⑥クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込、Paidy払いの中からお支払方法をお選びください。
利用規約とガイドラインに同意して「お支払い画面へ」ボタンをクリックしてください。

⑦パトロンの申し込み完了
プロジェクト完了まで活動報告をメールで送りますので、楽しみに【新作詩集『傘』】のお届けをお待ちください!
※7月中旬までにはお届けする予定です。ご支援ありがとうございました!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください