Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

【北海道滝上町発信!】松浦武四郎と渚滑川を描いた絵本をたくさんの人に届けたい!

現在の支援総額
748,000円
パトロン数
93人
募集終了まで残り
終了

現在74%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2019-07-07に募集を開始し、93人の支援により748,000円の資金を集め、2019-08-30に募集を終了しました

しょこつがわ連携研究会が制作した、松浦武四郎が渚滑川に訪れた際のエピソードを描いた絵本をこどもたちをはじめ、多くの人に届けたい!そして、舞台となった渚滑川、紋別~滝上地域の魅力を発信するしょこつがわ連携研究会を応援してほしい!そんな思いで立ち上げたプロジェクトです!

はじめに・ご挨拶

当プロジェクトページにお越し頂き、とってもありがとうございます!!

このプロジェクトは、

「北海道オホーツク地域の渚滑川を舞台に、北海道の名付け親でありアイヌ民族と深く関わった探検家松浦武四郎のストーリーを描いた絵本をたくさんの人に読んでほしい!」

「渚滑川流域である紋別~滝上地域の魅力をもっと広く伝えたい!」

そんな思いでスタートしています!


当プロジェクトのメンバー

◆しょこつがわ連携研究会


北海道のオホーツク地域に流れる一級河川、渚滑川流域に暮らす有志により設立した任意団体です。渚滑川とその周辺地域の高付加価値化を目指し、観光資源の発掘や開発、歴史・生活文化の研究などを行っています。これまでに、渚滑川近辺でのモニターツアー、松浦武四郎とアイヌ文化に関するワークショップや展示などさまざまな企画を実施してきました。

令和元年となった今年も、歴史文化の研究事業はもちろん、地域特産品の開発や子ども向けイベントなど、ますます元気に活動していく予定です!


◆Casochi


渚滑川流域の地域である、滝上町を拠点に活動するオシゴトユニットです。デザインや簡単なウェブ制作から、イベントの企画・運営や出店、牛乳の製造販売や曜日限定カフェ営業など、"過疎地域”でできるワクワクすることをしたり手伝ったりしています。この度は、私たちも制作に深く関わらせてもらった「絵本」をより多くの人へ届ける&しょこつがわ連携研究会が今後も活動を継続するために、このクラウドファンディング運営のお手伝いをすることとなりました!


このプロジェクトの目的は、当研究会が制作した1冊の絵本を「多くの人に届ける!」こと

写真提供:はらちゃん https://www.canworks.info/

2019年春、しょこつがわ連携研究会ではこの研究会の名前にもなっている「渚滑川」と、北海道の名付け親である「松浦武四郎」について描いた1冊の絵本を制作しました!

この絵本の中で描かれているのは、


松浦武四郎が渚滑川を辿り、1人のアイヌ民族と出会ったこと。

その出会いが、松浦武四郎の今後の生き方にも強く影響したこと。

松浦武四郎がアイヌの人と文化に深い理解を示し、守ろうとしたこと。


しょこつがわ連携研究会が活動の中で調査・研究してきた
松浦武四郎とアイヌ、そして渚滑川のことを、こどもたちにも届けたいと願って生まれた絵本です!

今回のプロジェクトは、「この絵本をたくさんの人に見てほしい!」という目的で立ち上げました!



ぜひこのページを読んで、お気に入りのリターンで支援をお願い致します!!


では、

「この渚滑川ってドコ?どんな川?」

「しょこつがわ連携研究会がどんなことをしているのか?」

「なぜこの絵本を制作するにあたったか?」

順序を追って、もっと詳しく紹介していきます!


「渚滑(しょこつ)川」はココ!


渚滑川は北見山地の天塩岳から滝上町を通り、オホーツク海は紋別市に向かって流れる、延長84㎞の一級河川です。アイヌ語の「ソー・コッ」(滝の窪み=滝つぼ)から、ショコツと名付けられました。














滝上町市街地のほぼ中央を流れますが、このあたりでは大地を深く切り込んだ渓谷になっています。

清らかな流れと緑に囲まれた豊かな自然は、春夏秋冬、そのときそのときでさまざまな表情を見せてくれます。

ヤマベやイワナ、ニジマスなどの渓流魚も多く棲み、日本で初めてのキャッチアンドリリース区間を設定した地域でもあり、全国各地から釣り人の訪れる川です。

秋になると、オホーツク海からサケやマスが遡上する様子を眺められるのも魅力のひとつです。


なぜ「しょこつがわ連携研究会」が結成され、活動を開始したのか?

日本全国はもちろん、北海道の各市町村において深刻な課題となっている人口減少、少子高齢化。それに伴う産業と経済の衰退。観光客の減少。私たちの住むオホーツク地域全体でも同じ、もしくは特に悪い状況にあると言えます。

絵本の舞台となった滝上町では今年2019年の春、町内唯一の高校も閉校となりました。人口減や高齢化の一番の要因と言える、若者の流出がますます加速することになるでしょう。

このままの状況が続けば、自分たちが生まれ育った、あるいは、愛着がありまた訪れたいと思うひとつの地域が消えてなくなってしまうかもしれません。


地域と地域が連携し、ひとりひとりが考え、アクションを起こしていく!


では、大好きなまち・地域を守り、継続させるためには一体どうすればいいのか?

それは、ここに暮らしている人、遠くに住んでいてもゆかりのある人、この地を好きな人たちそれぞれが、実際にアクションを起こしていくことではないでしょうか。

また、これまでの「〇〇市」や「〇〇町」というような行政単位で頑張るのではなく、「地域間連携」も重要なキーワードです。


紋別市と滝上町で暮らしているこの研究会のメンバーが、「地域間連携」を利用してアクションを起こしていこうとするとき、それぞれのまちをつなぎ、共有できる資源・資産として思いついたのが「渚滑川」でした。

こんなにも美しく、素敵な川がここにあるなら、それをそのまま活かすべき。

紋別市と滝上町をつなぐ渚滑川の魅力を、この地域に暮らす人と、まだこの地域を知らない人に伝えたい

そんな思いでしょこつがわ連携研究会がスタート。

誰かに頼るのではなく、自分たちでできることを、ひとつひとつ実行しているのが「しょこつがわ連携研究会」です!


さまざまな活動をつづけながら、発見した「渚滑川」と「松浦武四郎」の関係性!

 









しょこつがわ連携研究会ではこれまで、「渚滑川」を活用した観光ツアーの開発、渚滑川に関するさまざまな調査や研究に取り組んできました。

その中で一つの大きなテーマとして注目したのが「松浦武四郎」です。


2018年は北海道と命名されて150年の節目年でした。

北海道内の各地で、その名付け親である「松浦武四郎」が取り上げられ、北海道をはじめ全国各地でもこの名前を聞く機会が増えましたね。

松浦武四郎はアイヌの案内によって海から川を辿り、これまで和人の誰も踏み込むことのなかった北海道の内陸を調査していました。

この「渚滑川」にも同じように、松浦武四郎は訪れていたのです。



実は知られていない松浦武四郎の「アイヌの人たちを守る人権活動家」としての顔

松浦武四郎は、北海道内の各地でたくさんのアイヌ民族と出会い、共に過ごしたり話をするうちに、当時アイヌの人たちが置かれていた過酷な状況を目の当たりにします。このひどい状況を放っておけないと考えた武四郎は、それを記録し、何度も改善を訴えてきました。「北海道の名付け親」「探検家」としてよく知られる松浦武四郎ですが、アイヌの人たちと文化に深い理解を示してその生活を守ろうとした「人権活動家」としての一面があるのも彼の大きな魅力です。


渚滑川での一人のアイヌとの出会いが、松浦武四郎の思想に大きく影響していた…!


松浦武四郎の著書「志与古津日誌」によると、この渚滑川をのぼって滝上を踏査したときに、「シコツアイノ」というひとりのアイヌ民族に出会い、共に食事をして語り合ったときのことが書かれています。この出会いもまた、松浦武四郎の思想に大きな影響を与えた1つのエピソードであると考えられるのです。しょこつがわ連携研究会では、このことについても紋別市から滝上町の各地で、展示会やワークショップを通して地域の人たちに向けて伝えてきました。


この逸話を子どもたちにも伝えたい!

探検家として、北海道の名付け親として、アイヌ民族の理解者として、多くの人に親しまれている松浦武四郎が、自分たちの暮らす地域にも訪れていたことをこどもたちにも伝えたい。

それから、当時苦しい生活を強いられていたアイヌの人たちのために尽力した松浦武四郎のような大人になってほしい。

そしてこの絵本が完成しました!!


ストーリーは、アイヌの文化や歴史を愛する研究会会員の髙橋浩徳さんが。


挿し絵はCasochiの代表井上愛美が。


編集には、北海道移住を強く熱望してくれている東京在住長谷川彩さん。


そして松阪市の松浦武四郎記念館元館長、髙瀬英雄先生に監修頂き、


多くのみなさまの協力を得て、この絵本がついに完成したのです!




まず製本したのは50冊、だけどまだまだ読んでほしい人がたくさんいる…!


予算の範囲でできる最大限の部数を印刷し、まずは作家2人の居住地であり絵本の舞台でもある滝上町内の学校や図書館と、それからしょこつがわ連携研究会の本拠地である紋別市内の各施設に寄贈しました。

できた絵本は、私たちがみても素晴らしく満足のいく出来栄えで、これを見てくれた方たちからの反響もとても大きいものでした!


たった50冊の印刷ではもったいない、もっと多くの人に見てもらい、喜んでもらいたい…!

そして、この度挑戦するのが

「当絵本を増刷するための資金を調達して、もっと多くの人に届ける!」というプロジェクトです!


挑戦する目標金額は100万円!


このプロジェクトを通して集まった支援金は、

絵本の増刷500冊分とその送料、

各リターン品の準備金、

支援金の振込に必要な手数料として使います。

そしてそれを上回った分については、しょこつがわ連携研究会の今後の活動資金に充てたいと考えています!

どうぞ皆様、よろしくお願い致します!!

 


リターンのご紹介

①しょこつがわ連携研究会とCasochiを応援コース!:2000円

・サンクスレター

・オリジナルきんちゃく 1個


②絵本とオリジナルきんちゃくコース!:3500円

・サンクスレター

・絵本「武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~」 1冊

・オリジナルきんちゃく 1個


③絵本とオマケ:ブレーメンファームのオリジナルまな板:7000円


・サンクスレター

・絵本「武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~」1冊

・クラウドファンディング限定オリジナルまな板 1枚

・オリジナルきんちゃく 1個



④絵本とオマケ:百笑たきのうえの黒豆茶2袋 7000円


・サンクスレター

・百笑たきのうえの黒豆茶 2袋

・絵本「武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~」1冊

・オリジナルきんちゃく



⑤絵本とオマケ:Casochiの白樺アクセサリー:7000円

・サンクスレター

・Casochiの白樺アクセサリー 1個

・絵本「武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~」 1冊

・オリジナルきんちゃく 1個



⑥絵本とオマケ全部セット:10000円

・サンクスレター

・オリジナルまな板 1枚

・百笑たきのうえの黒豆茶 2袋

・Casochiの白樺アクセサリー 1個

・絵本「武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~」1冊

・オリジナルきんちゃく 1個



⑦絵本まとめて10冊セット:30000円

・武四郎とショコツアイノ~渚滑川でのふしぎな出会い~ 10冊

・オリジナルきんちゃく 10枚


⑧絵本&研究会メンバーと行く「白幽林道の紅葉を見る会」に参加できる権利!!1名分!! :25000円

・絵本「武四郎とショコツアイノ」 1冊

・オリジナルきんちゃく 1個

・サンクスレター

・2019年10月12日~10月13日、しょこつがわ連携研究会が主催・運営する「白幽林道の紅葉を見る会」にご招待致します!


2日間、しょこつがわ連携研究会メンバーと一緒に紋別市~滝上町を満喫しましょう!!

※宿泊費は含まれておりません、当リターンを選択頂いた方へ、近隣の宿泊先情報を提供致します。
※3食(10/12昼食・夕食、10/13昼食)はこちらでご用意致します



絵本&研究会メンバーと行く「白幽林道の紅葉を見る会」に参加できる権利!!ペア2名:45000円

※⑧のペア参加権です!

・絵本「武四郎とショコツアイノ」 1冊

・オリジナルきんちゃく 1個

・サンクスレター

・2019年10月12日~10月13日、しょこつがわ連携研究会が主催・運営する「白幽林道の紅葉を見る会」にご招待致します!
2日間、しょこつがわ連携研究会メンバーと一緒に紋別市~滝上町を満喫しましょう!!

※宿泊費は含まれておりません、当リターンを選択頂いた方へ、近隣の宿泊先情報を提供致します。
※3食(10/12昼食・夕食、10/13昼食)はこちらでご用意致します



最後に

この絵本を多くの人に手にとってもらいたい…!

そしてますますこの地域の発展と発信の手助けをしたい…!

そんな私たちの願いに共感頂ける方、どうぞご支援よろしくお願い致します!!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください