お寺・神社・町家で美術品展示と特別拝観を行い「地域貢献」「文化財の保護」「人材の発掘」「伝統や芸術に触れる機会の創出」「担い手誘致」をテーマに、地域活性化を行っています。9会場・来場20,000人(目標)へ規模を拡大するにあたり、スタッフ確保や広報活動の資金を援助していただける方を募集します。

プロジェクト本文

「京都市上京区」と「まるごと美術館」

 こんにちは、「まるごと美術館」を運営している菅と申します。

 「まるごと美術館」は上京区の寺院や神社、町家などを会場として、伝統工芸品の展示やアート作品の展示を行う連続開催的な取り組みです。

「京都市上京区」〜 さぞ賑わっているエリアなんだろうというイメージとは裏腹に

 私の地元である「京都市上京区」は京都駅からも、河原町エリアからも、たったの30分。区内には京都御苑・北野天満宮・晴明神社・西陣エリアを初めとした数々の有名観光地もあり、近年の外国人観光客の増加も手伝ってさぞ賑わっているエリアなんだろうというイメージを、もたれるかもしれません。

 私は小さな商店街で生まれ、育ちました。物凄く温かい地域で、幼きころは近所の方々に声をかけてもらったり、あめちゃんをもらったりしていました。私は大人になり、自分の夢や目標を達成することに夢中になりました。アパレルショップを初め、八年間経営しています。必死で働くうちに、いつの間にか地元のことには無関心になっていました。

 ある日私が上京区を歩いていると、衝撃的なことに気づきます。昔あったはずの店がなかったり、いるはずのおっちゃんや、おばちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんがいなかったのです。すでに自分を可愛がってくれた方々はもうそこにいない。それに気づいたときは、ただただ寂しい気持ちでした。

 近隣の方々にお話しを伺うと、地域に人が来なくなり、商売がうまくいかなくなったと。昔のような活気もなく若者も少ない。後継者問題も発生している。少し話をしただけで問題だらけでした。確かに私が幼かったころは活気もあり、みんなが笑顔でした。

 私は自分に何かできないかと思い、色々考えました。その結果、とにかく上京区の魅力を発信しながら大人数を地域に呼び込みたいと思いました。さっそく地図を開きどこに人を集めるか、何をして集めるかを毎日、毎日考えました。

 

目に入ったのは"ひしめき合う"神社仏閣

 地図上で目立ったのは神社仏閣!広大な敷地面積のお寺が所狭しと立ち並んでいました。その中には自分も知らず、おそらく多くの人がよく知らないお寺や神社もたくさんありました。しかし、知り合いのお坊さんにそのようなお寺の一つを紹介してもらい訪れてみると、そこにはとても京都らしい景観の境内に立派なお堂が立ち並んでいました。とてつもなく綺麗で、風情溢れる景色に心が癒されたことを今でも覚えています。ただし、四条通や京都駅付近で見かけるようなあの国籍豊かな人混みはありませんでした。ポツポツと拝観者を見つけられる程度。こんなに素晴らしいところなのになんで誰もこないのか?不思議で仕方ありませんでした。

 私はこのお寺でイベントをして、多くの人に来てもらえばいいのではないかと考えました。お寺側にこんなことがやりたい!あんなことがやりたい!と話してみましたが、自分の想いばかりが先行して全然うまくいきませんでした。考えてみれば、どこの馬の骨かわからない奴に大切な場所を貸すはずもありません。あっけなくその時は砕け散りました。私は諦めがつかず通って通って通って。お寺の掃除や草抜き、雑用などを頼まれてもいないのに勝手にやってました。気がつけばなんと、一年半も。

 そんなことをしているうちにわかってきたのですが、このような立派なお寺でも近年は人口減少の影響を受けて檀信徒が減り、長く維持してきた立派な境内・建物を維持しつづけるのが実は難しくなりつつあるそうです。日本には77,000*の寺院がありますが、すでにその約4分の1にあたる20,000*が無人になっているということもこのときに知りました。まだ誰かの手で管理されているお寺も管理者の高齢化や信徒の減少により今後同じように維持していくことはどんどん難しくなります。
* 鵜飼 秀徳(2015). 寺院消滅 日経BP社 p.15.

 私はおこがましくも、この状況も何とかして変えることはできないか?と思いました。長く続いてきた美しい景観と人々の心の拠り所を何とかして残していきたい、と。

伝統文化とつなげる、というアイデア。

 想いが伝わったのか話は急展開します。お寺でイベントを開催させて頂けることになったのです。

 お寺を昼夜に渡り参拝可能にし、夜間はライトアップをすることに決めました。ライトアップはふつうなら機材や工事代で500万〜1,000万かかると言われましたが、そんなお金はないので、自分でどうしたら綺麗にできるかを調べたり、知り合いに聞いたりしてなんとか準備を整えました。

 こうして準備に追われる私にある友人が助言をくれました。「ライトアップなんか京都中あちこちにあるやん。その中でなんでわざわざ上京区まで行かなあかんのか。イベントのコンセプトをもっとはっきりさせたほうがいいんちゃう。ただのライトアップやなくて、上京区ならではのことをやる。そうせんと一般の人には魅力が伝わらんと思う。」と。

 私はまた地域の人に相談をしました。そこでわかったのは、上京区には数多く伝統文化の担い手がまだまだ残っていること、そしてその伝統文化も寺社同様に、衰退傾向にあることでした。

 これでようやくコンセプトがはっきりしました。伝統文化を通じて地域の活性化を図る。寺院や神社の場所をお借りして、伝統工芸品の展示を行う。若者が普段触れることのない分野のものを全面に出して寺社仏閣の素晴らしさや伝統工芸品の魅力を伝えていく。来場して頂いた方には地域に存在する商店街や喫茶店、ごはん屋さんなどを紹介して地域散策をしていただく。大人数を会場に集めて、地域に分散する。これが理想のカタチだと思いました。

 そんなこんなでイベントに対する来場者数は開催する度に増えていき、新聞にも取り上げられ、初めは800人程度だったイベントも今は4000人弱まで増えました。能衣装や、絵画、仏画、様々な作家さんの協力もあり広いお寺を埋め尽くすほどの展示物にお寺は大賑わいになりました。

規模の拡大

 初めは一つのお寺でスタートしたまるごと美術館も、開催ごとに課題が見えてきたり、地域の方のご意見を頂いたりと方向性がだいぶハッキリとしてきました。会場となるお寺や神社や町家の魅力を伝えるのは当たり前で、その他に伝統工芸の魅力、人の魅力、アートの魅力、地域に点在する商店の魅力、このイベントではこの全てが発信できるとわかりました。この事に気づいた日から会場を増やす必要があると感じました。地域を散策してもらうためには色々な場所で開催しないといけないのです。より多くの作家、より多くのアーティストの方々の作品なども展示できます。活躍できる場を増やし、多くの魅力の発信をする。これが 「まるごと美術館」の役割だと思います。

最後に

今回規模を拡大するにあたって協力者が必要になりました。運営メンバーを集め、延べ500人ものボランティアスタッフを集め...、初期費用だけでなんと200万弱かかってしまいます。運営メンバーも本業の傍らで地域活性化の活動をしておりますので資金的な余裕もなく、時間も本業が休みの日を使って活動しておりますので正直ギリギリのところで頑張っております。

 しかし、誰かがやらないと地域の衰退はとめられないし、魅力ある街づくりはできないと思っております。だから僕たちは今無理してでもやるべきだと思い走り続けております。自営業をしている運営メンバーは自分の仕事を半分に削り活動の時間にあてています。お恥ずかしい話ですが収入も減り、生活も一変しました。苦しくても、しんどくても、将来的には魅力的な街づくりが出来ると信じております。

 私たちは本気です。開催期間(3週間)・9か所でトータル2万人の人を集めたい!なんとか成功させたいと思っております!そのためにも準備を整える必要があります。地域の寺院や神社、町家所有者は僕たちの想いに賛同してくださいました。この二度と来ないチャンスを成功させたいのです!そして毎年の恒例行事へとなればさらに規模を拡大できます。どうか皆様のお力をお貸しください!

資金の使い道

ご支援いただいた資金は以下用途で活用させていただきます。
・受付ボランティアスタッフ(延べ500人)への御礼 ... 50万円
・チラシ作成・印刷代 ... 30万円
・Webサイトの作成費用 ... 20万円
・スポットライト、延長コードなどの備品の購入 ... 10万円
・クラウドファンディングによる資金調達費用 ... 25万円

実施スケジュール

2019年7月 ... 会場・展示作家の決定
2019年8月 ... 会場や展示作家との詳細調整、告知チラシやwebサイトの作成
2019年9月 ... 展示作家による制作、告知
2019年10月〜11月 展覧会開催

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、プロジェクトは実行し、リターンをお届けします。
  私たちに他に財源の目処があるわけではありません。是非皆さんの温かいお力添えをお願いいたします。

  • 2019/07/23 16:26

    今日は参加するアーティストのリサーチツアーの様子をご報告します!ツアーに参加したアーティストは、造形、絵画、メディアアート、写真家など9名。会場となる妙蓮寺、水火天満宮のほか、綴織の職人さんの工房見学へ。道中は千家さんの屋敷が並ぶ通りや、寺之内通などを歩き、最後はお世話になっているANEWAL...

  • 2019/07/17 21:12

    一緒につくりませんか・・・・!!!このクラウドファンディングにより仲間が増え、そして感動を生んでおります。金額に制限はないので人によってまちまちなのですが、それぞれにとっての大金を寄付して頂いていることは確かです。お小遣い月3万円の友達が1000円寄付してくれているのですが、この1000円の重...

  • 2019/07/13 11:15

    こんにちは。今日は少しプライベートなお話をします。僕には4歳と2歳の娘がいます。長女は物凄くパパっ子でいつも足元にまとわりついて離れません。甘えん坊でなんでもお父さんに頼ってくる。僕も娘たちの事が大好きなので毎日のように一緒にお風呂に入り、一緒に布団に入り寝かしつけていた。長女が赤ちゃんのころ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください